2010年10月22日

K50 ブレーキペダル交換@11623km

仕事から早く帰れたので、急いでK50まほろば号の曲がったブレーキペダルの交換作業をした。

積算走行距離11623km。
BrakePedal11623km2010_1022_150117.jpg

「サービスマニュアル」の記述に従って進めよう。
BrakePedal11623km2010_1022_150157.jpg

まず、「マフラーを取り外す」。
エキゾーストパイプ部は、クラウンナットをフックレンチで回し外せば、外れる。
BrakePedal11623km2010_1022_150344.jpg
マフラー部は、スイングアームピボットシャフトに共締めされた14mmナットと、下部の12mmナットと回し取れば、外れる。
BrakePedal11623km2010_1022_151033.jpg

マフラーが無いと、また新鮮な眺めだな^^。
BrakePedal11623km2010_1022_151137.jpg

次は、「ブレーキロッドのアジャスト・ナットを外す」。
BrakePedal11623km2010_1022_151220.jpg

それから、「ブレーキスイッチ・スプリングを外す」と「割ピンを外す」。
BrakePedal11623km2010_1022_152234.jpg

そして、「ワッシャー、ブレーキペダル、スプリングを取り外す」。
BrakePedal11623km2010_1022_152936.jpg
このスプリング外しが、思いの外手間取った。

外したペダルには、リアブレーキロッドが割りピンとワッシャーでくっ付いているので、プライヤー等で慎重に分離する。

さて、曲がったペダル(右)と新たに付ける中古ペダルとを比較してみよう。
BrakePedal11623km2010_1022_153522.jpg
パッと見たところ、そんなに大きく歪んではいないのだけれど、この程度の曲がりでもペダルの踏む位置がセンチ単位で変わってしまう。
BrakePedal11623km2010_1022_153552.jpg
微妙なもんだよね。

ひと通りパーツが外れた所で、普段お手入れできない部分を観察したり塗ったり磨いたり。
BrakePedal11623km2010_1022_154701.jpg
ブレーキペダルの根元やセンタースタンドのピボット部分の汚れを取って、スプレーのモリブデングリースを吹き付け。
それから、スイングアームシャフトも抜いて、5-56とスチールウールで磨いてから、こちらは手塗りのモリブデングリースをたっぷりと塗布して、挿し直した。

外したマフラーも、裏側までひと磨き。
BrakePedal11623km2010_1022_164106.jpg
それにしても、全然ベタベタしないのは大したもんだわ、カストロールのTTSレーシングっつうオイルは。

その後は、各摺動部にしっかりグリースアップしつつ、逆の手順で組み付け。
その際、やはりスプリング類の組みつけに少々てこずった。
ペダルスプリングとブレーキスイッチスプリング。
ま、今回の作業で、なんとなくコツは分かったので、今度曲げた時はもう少し楽に直せそうだw。

そんなこんなで、無事終了。

さて、明日は、まほろば号にひとつ‘余計な事’をしてみる予定。
うまくいったらちょいと‘シャレ’の効いたK50になるぞ、へへ。
この記事へのコメント
>余計な事
なんだか楽しみです!
Posted by mucchi at 2010年10月23日 18:34
コスプレみたいなもんです(笑)
Posted by REI at 2010年10月23日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。