2010年10月14日

K50 スパークプラグ交換@11396km

ギアオイル交換後の試走から帰宅して、すぐ、スパークプラグを点検する事にした。
先月13日に新品交換したばかりでまだ200kmしか走っていないけれど、その焼け具合がどんなものか見てみよう。

積算走行距離11396km。
SparkPlug11396km2010_1014_162129.jpg

まずは、現状のプラグ回りチェック。
SparkPlug11396km2010_1014_162223.jpg
全開の交換作業の時に気になった、プラグ根元のオイル滲みみたいなものは、今回は見られない。
うん、オッケーb(^-^)。

エンジンもマフラーもまだ熱いので、手袋をして、ソケットレンチでプラグ外し作業。
SparkPlug11396km2010_1014_162501.jpg
あちっ!
やっぱりどこかヤケド作るなぁ、このヘボオヤヂ(--,)。

あ、やっぱりちょっと白すぎるぞ。
SparkPlug11396km2010_1014_162704.jpg
カーボンはキレイに吹き飛んでいるけど、この焼け方だと、プラグ寿命はかなり短いだろうな。
SparkPlug11396km2010_1014_162735.jpg

でも、心配ご無用!

こんな事もあろうかと、先月の末、1段階冷え型の「NGK/イリジウムIX BPR7HIX」をヤフオクでゲットしてあったのさ(o^-')b。
SparkPlug11396km2010_1014_163023.jpg
送料・送金手数料込みで約1300円。
よかった、無駄にならなかったぞ^^。

ネジ部分に微量のモリブデングリースを塗って、慎重に装着。
SparkPlug11396km2010_1014_163554.jpg
「BPR7HIX」のロゴが、なんか誇らしいw。

思えば2003年の10月にバイクに復帰してから、早や7年。
相変わらずトロい走りのオッサンではあるが、あの当初のおっかなびっくりオロオロ走りに比べれば、かなり巡航速度は速くなった。
C70青カブ君やK50まほろば号では、全開巡航する事も増えた。
ビジネスバイクは、街中での頻繁なゴー&ストップを前提に‘基本状態’が設定されているから、もう、ウチのビジバイたちの点火プラグは番手を1番上げて‘冷え型’にした方が良さそうだ。
カブ70では既にそうしていて、実際、山道でも熱ダレし難くなった。
更に排気量が小さく苛酷な環境にさらされるK50では、なおの事、これでイイはずだ。

この秋の間に、もう1回、まほろば号で富士山行ってみようかな。
今度はあの坂登れたりして^^。
posted by REI at 21:17| Comment(0) | K50−点火プラグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。