2010年09月23日

H4とHS1

今日は祝日、秋分の日。
昨日の暑さが嘘のように、寒い秋雨が降り続く。
バイク散歩はおろか、整備も出来ない。
ちょうどいいので、ネットショッピングで時間を費やす。
ここのところ電球関係でのトラブルが増えているから、この際、3台の小型バイクたちのヘッドライトバルブの予備を買い揃えて置こう。

考えてみれば、予備のヘッドライトバルブも持たずに、よく夜の山道を独りで走ってきたものだ。
万が一、途中で断線したら、ほんと真っ暗だよ。
いちおう‘お散歩セット’のカバンの中には小さな懐中電灯は入っている。
でも、自転車のライトよりはるかに暗いそれで闇の山を行くのは、想像するだけで鳥肌ものだわ;;;。

K50まほろば号には、12V30/30Wのハロゲン球。
12V30WMopedHalogen.jpg
C70青カブ君には、6V25/25Wの白熱球。
6V25Wx2.jpg
いずれもよくある‘ひとつ爪’の口金の球で、ネットですぐに安くて安心感のある物が見つかった。
‘高輝度’ではなくごく普通のタイプだが、予備としてはこれで充分。

ただ、問題はCG125赤タフどん。
コレには前オーナーが付けたシビエのヘッドライトが装着されているが、それに合う12V35/35WのH4規格の球って、適当な物がなかなか無いのだ。
3〜4千円出せばあるのは知っているが、予備にそんなに出せるほど経済的な余裕が無いのよよよよ(T_T)。
で、ネットをぶらぶらしていたのだが、その過程で今頃になって次のような事を知った。

H4バルブとHS1バルブとは、微妙な互換関係にあるらしい。
口金台座の3本爪は、角度は同一で、寸法も2本の爪は一緒なのだが、1番幅のある爪のサイズだけが異なるのだ。
H4-HS1.jpg
H4は8mm、HS1は10mm。
但し、バルブメーカーによっては、この2mmの差を工夫でどうにかしちゃってH4/HS1互換という規格のバルブも販売している。
ま、H4規格の口金台座ならHS1規格のヘッドライトユニットには問題無く付くだろうから、要するにH4っちゅう事なんだろうけどさ^^。

さて、ここで、オッサンの激しく衰えた記憶回路が突然作動した。
壊れかけた機械にはよくある事だw。

もう2年半前になるが、赤タフどんのシビエヘッドライトに合うH4バルブをヤフオクで探した時、なんかホコリまみれで傷だらけの‘新品バルブ’をつかまされた事があった。
そして、そのバルブを赤タフどんのヘッドライトに付けようとしたら、幅広い爪の幅が広過ぎてすぐには取り付けられなかった
アレって、H4バルブじゃなくて、HS1バルブだったんだねぇ。
だったら、ちゃんとHS1と言って売れよって話だし、汚れまくった新品だったのは変わらないから、我が怒りは消えないけどさw。

ただ、あらためてHS1の12V35/35Wバルブを調べてみると、低価格の物もけっこう出てるんだよね。
H4の35/35Wよりも、選択肢が多い。
ならば、逆に、幅広爪を自分でどうにかする事を前提に、HS1バルブを選ぶのもイイかもしれない。
それなら、予備にふさわしいスタンダードな球を買えるじゃん。
よし、そうしよう。
12V35WHS1.jpg
ハロゲンだし、日本製だし、めでたい^^。

ま、そんな感じの、雨の祝日の暇つぶしであった。

ひつまぶしが食いたい。
この記事へのコメント
内部の電極も互換ですか?

だったら良いなあ。私は純正ライトから取り替えたときに結構悩みましたんで。下手するとロービームの時に上下同時点灯するんですよね(w

本来は60/65wであの口金形状でH4という規格みたいなので。そりゃなかなか無いですよね、、、
Posted by chanch at 2010年09月24日 07:10
ネットで調べた限りでは、おそらく口金の爪一本だけの違いで、内部配線は同じみたいなんですが…。
実物が来たら、チェックしてみます^^。

ビクスクでは、ヘッドライトがHS1の35/35Wっていうのが多いみたいですね。
ユニットの方がHS1規格なら、H4バルブは寸法上はすんなり付くからイイですよねぇ。
ウチらは逆だから。
Posted by REI at 2010年09月24日 16:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。