2010年05月10日

カブ70 スパークプラグ交換@23165km

17時少し前、仕事より帰宅。
よし、まだ明るいぞ。
ちょっとだけいじろう^^。

青カブ君のスパークプラグ交換だ。

積算走行距離23165km。
SpkPlugKoukan23165km2010_0510_170907.jpg
前回の交換は、2008年の8月13日18130km時なので、1年9ヶ月約5000kmぶりになる。
青カブ君の点火プラグって、やっぱり、ちょうど5000kmくらいでヘタりを感じるようになるんだよなぁ…。

久しぶりにプラグメンテホールのカバーを開けて、スパークプラグを外す。
SpkPlugKoukan23165km2010_0510_171154.jpgSpkPlugKoukan23165km2010_0510_171524.jpg

さて、今回新たに装着するのは、“DAYTONA/MAXFIRE”。
SpkPlugKoukan23165km2010_0510_171641.jpg
この高級品を使うのは2度目。
以前使った時、アイドリングの安定感や低速トルクのたくましさ感の向上など、値段なりの感覚的プラスアルファーがたしかにあったので、いつかまた使おうと思っていたのだ。
ただ、普通は2000円以上するから、どうしても数100円をケチって普通のイリジウムプラグを使ってきた。
でも、今回のコレは、先日ヤフオクで送料込み1600円で落札した物なのだ。
この値段なら、お得でしょv(^-^)。

そして、今回のプラグは、‘CR7HIX’相当の‘61486’。
青カブ君の純正相当は‘CR6HIX’=‘61485’なのだが、番手を1番上げたのだ。
山道を走っていてどうも熱による点火ダレみたいなのを感じるようになった為と、私の走り方そのものが青カブ君に乗り始めた当初に比べるとはるかに‘高回転型’になってきたので、その対策のためにね。
その意味でも、ホント、この熱価の“MAXFIRE”が出品されていてラッキーだった。
個人出品だったけれど、なんでもべスパに使おうと思っていたら使えなくなって出したとの事。
うむ、べスパ君の分もシッカリ走るのだぞ、青カブ君^^。

さて、新旧プラグの比較。
SpkPlugKoukan23165km2010_0510_171721.jpgSpkPlugKoukan23165km2010_0510_171753.jpgSpkPlugKoukan23165km2010_0510_171818.jpg
新品がキレイなのは当然として、古い方の中心電極の先端はやはりそこそこ劣化していますわ。
イリジウムプラグの中心電極って、ムクのイリジウム棒では無くて、電極先端に細い小さなイリジウムチップが溶接されているんだよね。
で、そのチップが使っているうちに減ってくる。
また、外側の接地電極は普通の金属だから、使っているうちに角が丸まってくる。
おまけに今回のは、なんか少し歪んでいるような…。

かくて、新しいプラグを装着。
SpkPlugKoukan23165km2010_0510_172239.jpg

エンジンをかけてみる。
ふむ、アイドリングの音からして違う。
というか、アイドリング回転数が上がってるわ。
こないだ、不安定だったのでちょっと高くしたから、そのせいだな。
また時間見つけて、エアスクリューとアイドルアジャストスクリューのチェックしてやろっと。

今日は暗くなったので、もうオシマイ^^。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック