2010年04月17日

フロントサスのメンテの為に

K50まほろば号も積算走行距離10000kmを越えた事だし、近い将来CG125赤タフどんでも必要だろうから、フロントサスペンションのオーバーホールの為に工具を3点ほど通販発注した。

発注先は、いつもの「ストレート」。

まず、「フォークオイルレベルゲージ」1480円。
ForkOilLevelGauge-1.jpg
フォーク上端からオイル液面までの距離を正確にするために、余分なオイルを吸い出す工具ですな。

それから、「フロントフォークオイルシールプッシャー」3400円。
FrontForkOilSealPusher-1.jpg
構造の割りに高価な物なので迷ったけど、これから先もずっとバイク趣味を続ける事を考えて、思い切って買った。
要するに、インナーチューブとアウターチューブの間のオイルシールを均等に挿入する為の物だ。
FrontForkOilSealPusher-2.jpg
適当な径の塩ビチューブでも買ってくれば、それで充分に作業できるだろうけれど、そこはホレ、物欲よw。

あと、合計5000円オーバーになれば送料がタダになるので何か無いかと探して、コレだ。
MeasureCup500ml.jpg
「メジャーカップ 500ml」380円。
例えばK50のフォークオイルは142ccなんだけど、それに合った容量の計量カップって、持っていないのに気付いた。
まさか台所から計量カップ借りてきて使うわけにはいかないもんねw。

しめて、5260円。
ま、2台のフロントサス整備に使えば2630円/台だから、工賃と思えば安いじゃんw。

そして、とりあえずK50のフロントサス関係の純正部品の見積りを、“Webike”に依頼した。

ともかく、本格的バイクシーズンまでに、作業してやろうと思う。
posted by REI at 01:08| Comment(3) | TrackBack(0) | K50−サスペンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メンテ作業も愉しいですよね (^^)

σ(^^)は、古シール外しに難儀しました。
あと、アウター下のボルト外しも
上手くいかないケースも想定済みかと思いますが (^^;;

アップロードを楽しみにしています!

Posted by QA50 at 2010年04月18日 22:01
CGのマニュアル、もう少し貸しといてください、、、。

それはさておき。
アウタースプリングで且つカバーが掛かっちゃうタイプのフロントフォークは組み立てようとすると

インナーチューブが落ちちゃって、トップブリッジに留められないらしい。

なんか長ボルトが要るらしいとか聞きました。マニュアルに載ってるかも知れませんのでご確認ください。
Posted by chanch at 2010年04月18日 23:46
うわぁ、両名人、カキコありがとうございます^^。

古シール外しに難儀か…_ _ _ _〆(-。-)メモメモ
覚悟して、当たってみます^^。

えっと、アウター下のボルトって、このフロントサスには無いみたいです。
アウターチューブの中に、スライドメタルとインナーチューブがただ挿し込んであるだけ。

インナーチューブとトップブリッジ(ステアリングステムヘッド)の接続も、マニュアルで見る限り、特に難しくは無さそうな…。

どうなんだろ?
…ドキドキ。

ま、ともかく、できればGWまでにやれればと思ってます。

あ、chanchさん、マニュアルは全然急ぎませんから、ジックリゆっくり読んで下さい^^。
Posted by REI at 2010年04月19日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック