2009年12月07日

CG125のバッテリー補充電

本格的な冬の寒さを前に、赤タフどんCG125のバッテリーの補充電をした。
…なんて、実のところは、先日カブのバッテリー交換の際に久々にバッテリー充電器を引っ張り出してきたんで、せっかくだからもうちょっと活躍してもらおうと思っただけなんだけどさw。

積算走行距離、16225km。
BatteryJyuden16225km2009_1206_161255.jpg

左サイドカバーの中に、バッテリーはある。
BatteryJyuden16225km2009_1206_160646.jpg

以前にも書いたけど、バッテリーを取り外す時には、まずマイナス配線を外し、次にプラスを外す事。
BatteryJyuden16225km2009_1206_160836.jpg
バッテリー取り付け時は、逆にプラス→マイナスの順でつなごう。

そして、バッテリー充電器と接続。
BatteryJyuden16225km2009_1206_161552.jpg

…と、ここまでは、昨日の夕方の作業。
その後、無駄を承知で24時間充電。

今夕、仕事から帰宅して、バッテリーと充電器を外す。
バッテリーはほんのり暖かい。
BatteryJyuden16225km2009_1207_170925.jpg
そして、多くのセル内で、電解液面がアッパーレベルからやや低下。
バイク本体から取り外した時にはこうじゃなかったから、ちょいと蒸発したみたい。
浄水器を通した水道水を補充する。

そして、再び赤タフどん本体に取り付け。
まだ試乗も何にもしてない。
ま、特に何かが良くなったとも思わないけれど、悪くもなっているまい^^。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック