2009年04月29日

波乱のタイヤ&ブレーキシュー交換

積算走行距離20571km。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_134844.jpg
青カブ君のタイヤとブレーキシューの交換をした。

今日まで使ってきたタイヤは、‘VietnamYOKOHAMA/SPEEDLINE 400’。
フロントは、2007年11月16日16745km時に装着して、ここまで3826km使用。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_134910.jpgTireBrakeShoeKoukan2009_0429_134931.jpg
リアは、それ以前の2007年4月8日13952km時に交換して、ここまで6619km使用。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_135025.jpgTireBrakeShoeKoukan2009_0429_135036.jpg
ともにまだ山はあるけれど、サイドウォールに亀裂も出てきているので、前後同時に交換してしまおう。
これから夏にかけて、たくさんカブ遠足に行くだろうし、今日交換しないで梅雨に入ってしまうとよけい厄介だからね。

かくして14時、作業開始。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_140508.jpg
‘DUNLOP/D107’→‘Michelin/M35’→‘VietnamYOKOHAMA/SPEEDLINE 400’と来て、今回が4セット目になる青カブ君のタイヤ交換。
もう慣れた作業だから、ちゃちゃっと進めよっと^^。

などと、この時点では思っていた。
しかしこれが、思いもかけない難作業に…。

さて、リアのブレーキハウジングの中には、予想通り大量のブレーキダストが溜まっていた。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_140644.jpg
しかも、摺動部はグリース切れ。
なるほどこれじゃあ、キーキー言ったり、ガタガタ震えたりするわなぁ。
では、このブレーキのクリーニングとシュー交換から先にやってしまおう。
今まで使ってきたブレーキシューは‘Vesrah/VB-101’。
リアは、2005年7月30日8952km時から使ってきたから、11619km走ったわけだ。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_150559.jpgTireBrakeShoeKoukan2009_0429_150621.jpg
新たに付ける台湾製の社外品と比較してみると、こんな感じ。
まだ使えるだろうけど、粉落ちも激しいし鳴き易いので、このあたりでお役御免だ。
ブレーキパネルをパーツクリーナをたっぷり使って徹底清掃し、カム部分は分解清掃してグリースアップ。
そして、新シューの装着となるのだが、シュー固定用のスプリングは、シュー付属の物ではなく今まで使ってきたホンダ純正品を継続使用する事にした。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_153356.jpg
単純に‘信頼性’が高い方にしたのだ。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_154058.jpg
よし、リアブレーキは無事作業完了^^。

そして、タイヤ交換。
その前に、リム内側の錆のチェック。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_141555.jpgTireBrakeShoeKoukan2009_0429_141620.jpg
リアホイールは、相変わらず3ヶ所に錆の巣があった。
でも、そんなに醜い状態ではない。
CRC5-56と真鍮ブラシでゴシゴシ。
はい、OK b(^-^)。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_154719.jpg
リムバンドをかけて、さぁタイヤとチューブをちゃちゃっと…。

さて、大変なのはここからでした。
今回の‘SPEEDLINE 500’は、今まで使ったタイヤの中で最も装着し難いタイヤでした。
‘Michelin’の時も少してこずりましたが、今回に比べればうんとラク。
ともかく、タイヤ全体がすごくシッカリしていて、とりわけビードのワイヤーの頑強な事。

おかげで……(T_T)。
かっこ悪い事この上ないのですが、正直に告白します。
このリアタイヤ装着作業で、私、用意してあった新品チューブに2本とも穴を開けてしまいました。
特に1本目は、穴を開けたと言うよりも、ビードはめ込みの最後の「バツっ!」の時にタイヤレバーの先で裂きました。
ウナギさばいてんじゃないぞぉっ!
くやしいよぉヾ(T。T)。
いや、ともかく、大変な難物だ‘SPL 500’って。

で、どうしたかというと、今まで使ってきたチューブをざっとクリーニングして、3度目の装着作業へトライ。
そして、なんとか成功。
…だと思う、明日の朝、パンクしていなければねw。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_183857.jpg
ふう…。
この時点で、なんとまぁ、18時半だよ(>_<;)。
まさかこんなに時間がかかるとは…。
まだフロントがあるけど、どうしよう…。

う〜ん…(-_-)?

やっぱり、今日中にやってしまおうっ、気合いだぁっ!

一杯のコーヒーブレークの後、18時50分、フロントタイヤの作業開始。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_185739.jpg
こちらのブレーキハウジング内は、リアほどひどい状態じゃない。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_185906.jpg
例によって、パーツクリーナーをたっぷり使って清掃。
そして、再び新旧のブレーキシュー比較。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_190310.jpg
フロントの‘Vesrah’は、2005年6月30日8495km時から12078kmも使ってきたのに、リアシューほど減っていない。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_190320.jpg
この差は、カブというバイクのせいなのか、乗り手である私のせいなのか…?
わかりませ〜んw。
そんな事より、さっさと作業を進めよう。

フロントのリム内側の錆は、広い所は2ヶ所。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_194203.jpgTireBrakeShoeKoukan2009_0429_194234.jpg
もうすっかり暗くなってしまったので、ウチの中からLED懐中電灯を持ってきて、玄関前に腰掛けて真鍮ブラシ作業。
こんな夜に、こんな事やってるオッサンなんて、近所の人からすると「変なヤツ」だよなぁ…。
あ〜ぁ(´_`;)。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_195358.jpgTireBrakeShoeKoukan2009_0429_195413.jpg
よし、意地で錆撃退完了。

さて、タイヤ装着。
フロントも、今までのチューブを継続使用する事になるから、タイヤ外しも丁寧に行なう。
そして、慎重にも慎重を重ねて、‘SPL 500’装着作業。
幅がリアよりも細い分、さらに難易度が増した作業。
気温も下がってきたせいか、いやぁ、硬い硬い…。
だが、よし、上手くいったぞ^^。
これならOKだ。
空気を入れる…。
ん(-_-)?
あ〜、ダメだぁ、またどっかに穴開けたらしい(涙)。

かくして、健全なるチューブは絶滅した。

軽く途方にくれるオッサン一匹…。

だが、あっ(゜O゜)!
そう言えば、以前、自転車用に「ダイソー」で買ったパンク修理パッチがあったはずだぞ!!
急遽、家捜し。
そして発掘!!!
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_204830.jpg
これでどうにかしよう。
小学校以来、超久しぶりのパンク修理作業。
バケツに水を汲み、空気を少し入れたチューブを浸して、空気の漏れている部分を探す。
おぉ、ココだ。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_205022.jpg
もう1本、今まで使ってきたチューブに開けてしまった穴もチェック。
そして、サンドペーパーで穴周辺を荒らして、接着剤を薄く塗って、2,3分後パッチを貼り付ける。
更に、玄関のタイルの上で、ゴムハンマーを使って軽く叩く。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_211645.jpg
よし、これで、もう2回、装着にトライできるぞ^^。

でも、1度でOKだった。
これまた、明日の朝、パンクしていなければ作業完了だ。
TireBrakeShoeKoukan2009_0429_221756.jpg
かくして、青カブ君、大難航の作業の末、めでたく前後ともニューブレーキシューとニュータイヤとなりました。
作業終了時刻は、22時17分。
なんと、8時間に及ぶヘボ作業であった。

あ〜、なさけね〜!
この記事へのコメント
ご無沙汰しておりました!
タイヤ交換、お疲れ様でした。
今日起きたら筋肉痛(笑)になってませんか?
ずいぶん硬いタイヤだったんですね〜
ご存知でしたら申し訳ないのですが
タイヤを入れる時はハンマーの柄の部分で
ギュ〜っと押して入れるとチューブ切らないで済みますよ!
もちろん、ビードワックスなり、ママレモンなりを塗って置けば更に楽です。
私はアルミリムにしちゃってるので、タイヤレバー使いたくないのでそうやってます。

体重のある方なら更に簡単にいくと思います(笑)
Posted by シャコタン☆カブ at 2009年04月30日 05:37
シャコタン☆カブさん、こんにちはぁ^^。
お久しぶりです。

ほんと、難儀しました、今回のタイヤ交換。
SPL400がわりとラクだったので、同じつもりでいたら、
M35もビックリのビードのワイヤーの強さ。
今朝チェックしたら、空気抜けてないようなので、一応無事終了ではあります^^。

ハンマーの柄で押し込むかぁ…。
その方法、知りません(-_-;)。
どういう風にやるんでしょう??

さて、ちょっくら試走してきま〜すヾ(^-^)
Posted by REI at 2009年04月30日 10:04
ハンマーの柄!!
快刀乱麻!これはスマートだ。

次の交換の時に使ってみます。今までサーカスの熊みたいにタイヤに乗っかってギューギューやってました。

Posted by mucchi at 2009年04月30日 11:54
あらぁ(゜O゜)!!
タイヤに乗っかってギューギューとな?
どゆことどゆこと??
う〜ん、みんなどういう風にタイヤ交換してるのだぁ???

わかんないよぉ(-_-;)。
Posted by REI at 2009年04月30日 18:02
追記いたします。
ハンマーは頭の大きなゴムハンマーが
お腹やお手手に優しいのでお勧めです!!
どういう風にやるか!?
文章だと難しいのですが・・・
半分までって手で押せば入って行きますよね?
で、残りの半分になったら、リムにビードが入ろうとしている部分がありますよね?あそこをハンマーの柄で押すんです。
体重をかけて。
あ、ホイールは木っ端で浮かしておいてくださいね!
ドラムやハブ部分に傷が付きますから。
端の方から押し込んで行けば上手くいくはずです。

私が今までで一番難儀したのは、ミシュランのパイロットスポーティでした。
チューブの口金を引きずり出すのに、指が折れそうでした(爆)
Posted by シャコタン☆カブ at 2009年04月30日 21:15
うわぉ!
分かりやすい説明、ありがとうございます^^。
なるほどぉ、それで組めるのですかぁ。
次回のタイヤ交換では、それ、試してみます^^。
青カブ君ではなくて、赤タフどんの方になるかもしれませんが。

チューブの口金、私もいつもイライラするやら指痛いやらで苦労してますが、その店だけは今回はわりとラクでした。
あの忍耐の要る作業って、私みたいな汗かき暑がりにとっては、気温が適正か否かも大きい気がします。
夏の盛りにアレやると、汗でぬるぬる滑って、イライラ倍増w。
タイヤ交換には、うってつけですね、今は^^。
Posted by REI at 2009年04月30日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック