2007年12月30日

赤タフどん用に社外キックペダルを買ってみた

赤タフどんこと国産CG125には、写真のようなキックペダルが装着されている。
FI2618803_1E.jpg
マフラーとの接触を避ける為に外側へ湾曲されたアームの先に、90°回転可動のぺダルが付いた物。
スーパーカブの物と同様の質実剛健なキックペダルだ。

このペダル、エンジンの始動に関しては、全く問題無い。
ただ惜しい事に、走行中、右フットペダルに乗せた右足カカトがそのアームに当たるのだ。
ま、それで‘操作性が悪化’と言うほどの事も無いのだが、気になるのも確か。

CB125JX用のペダルに替えると具合が良いようなので、新品だと幾らくらいするのか見積もりを取ってみたら、なんと8000円以上。
そんなカネは無いので、ヤフオクをぶらついてみたけれど、現在のところ該当無し。

ざんねん…。

中国の五羊ホンダ製のCG125には、セルモーター付きなのに、こんなに立派なキックペダルも付いている。
FI2618803_2E.jpg
イイ感じの形状だよなぁ…。
コレ、取り寄せちゃおうかなぁ…。

と思っていたら、ヤフオクに社外品でそっくりの形のペダルが出ていた。
送料入れても2200円足らず。
ちょっと試しに取り寄せてみるか。

で、今朝、メール便で到着。
こりゃ‘他人の空似’では無いですな。
‘コピー部品’だわ。
FI2618803_3E.jpg
全体的な出来栄えは、それほどひどく無い。
メッキ自体は、けっこう厚めに処理されているようだし、可動部分の動作も、重からず軽からず。
ただ、細部の処理は、もろ手工業的。
FI2618803_4E.jpg
鋳型から出して、ヤスリで一生懸命削った痕が多数。
ま、でも、そう目立つ所でもないし、これでカカトの違和感から開放されるなら、しばらく使ってみようかな。
但し、ちゃんと取り付けられればね。
取り付けようと思ったら、スプラインとか角度とか、合わなかったりしてw。

キックする時には、こんな風にアーム全体が右に倒れる。
FI2618803_5E.jpg
あ、このゴム部分の作りも、ひどく雑いなぁ。
安いパーツだから、ここだけ純正に替えるか…。
この記事へのコメント
REIさん、おはようございます!<BR>やっぱり気になりますか。<BR>キックアーム。<BR>私も、カブのキックアームが気になります。<BR>無遠慮に張り出していて、カカトに当たって。<BR>色々やってみましたが、昭和40年代の頃の<BR>古いカブのキックアームが全体的に長さも短く<BR>張り出し量も少なくて収まりが良いようです。<BR>
Posted by シャコタン・カブ at 2007年12月31日 09:01
このペダル、残念な事にこのままでは付きませんでした…。<BR>ガックリです。<BR><BR>やっぱりこの手の格安社外品は、気をつけないといけません(苦笑)。
Posted by REI at 2007年12月31日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック