2006年12月05日

クソ猫どもに対する個別的自衛権行使の現況

我が家で日々待機駐車中の青カブ君。
今年の中頃から、こんな具合。
FI2618579_1E.jpg
実際は、この上からバイクカバーが被せられている。

100円ショップの猫避けマット「どんとキャット」、フル装備。
ゴムネットまで動員して左右両サイドにも吊るしたのだが、コレがかなり効いた。
さすがにこれほどのトゲトゲ状態になってからは、クソ猫どもは何処にも乗っかれないらしい。
白いレッグシールドへのマーキング攻撃は激減した。

ざまぁ見ろってんだ。
ホントは、オマエらなんか、化学兵器でも使って壊滅・殲滅させたいところだが、ぐっとこらえて‘専守防衛’。

ただ難点は、強風が吹いたりするとカバーの中でこれらが落下してしまう事。
それに気付かないでいると、クソ猫どもはやっぱり忍び込んできて、シールドに黄色いシミを残していくのだ。
あぁ、いわれ無き攻撃を続けるボケ猫どもめ。
かくて、飼い猫野良猫連合軍とオッサンとの戦いは続く。

めんどっちいよぅおぅ(@`ε´@)。
この記事へのコメント
まったく猫にも困ったものですね。<BR>私も相変わらず、バカなイヌの飼い主の被害を受けているので、ドントキャットはかかせません。<BR>
Posted by 雄三 at 2006年12月07日 14:07
レッグシールドを新品の社外品に交換して、しばらくは被害が無かったので安心していたら、この秋のある日、再び黄色い筋状のシミが…。<BR>ホント、ガックリ来て、それ以来ドントキャット装備枚数が数倍に増強されました。<BR><BR>雄三さんの所は、馬鹿な飼い主の犬ですか。<BR>いっそ飼い主ごと廃棄処分しちゃいたいですねぇw。
Posted by REI at 2006年12月07日 18:06
わかる!!!

わたしは、週一しかバイクにのらず、他はカバーをかけて置きっぱなしなんですが、どうも野良猫がシートで爪トギしているらしく、ボロボロになりました・・・・。

最初は近所の子供のいたずらかとおもいましたが、どうも猫の仕業のようです。

とても参考になりました。
Posted by 赤道小町 at 2010年08月16日 08:44
わかるでしょ?^^
理不尽な猫害にあっている人なら、誰もが共感してくれると思います。
ツメでシート引っかいたり、マーキングだかションベンだか飛び散らせたり…。
目の前で、バイクカバーをかぶったカブにシャーとマーキングする隣りのクソ猫を見た時は、必ず殺してやると思いました(笑)。

私自身、実家では犬飼ってましたし、猫もカワイイから好きだったんですよ。
でも、今日び、バカで無責任な飼い主が多すぎる。
犬でも、散歩させているのを見ていると、平気でよその駐車場入ってタイヤにシャーってやらせたりしてますからねぇ。
ああいう人の脳内って、どういう構造なんだろう?
サル以下か!?

ダイソーのトゲトゲのついたシート、物理的なバリアとして有効です。
またケミカル系としては、ヘンなにおいで近隣の人間も不快になる猫忌避剤よりも、柑橘系の薫りのヘアトニックやリキッドを撒くと短期間ですが効果あります。
あと、通り道に一味唐辛子を撒くとか、安いポマードをベタベタ塗っておくのも良いようです。

あとは、クソ猫の寿命が尽きるのを、被害に耐えつつ待つしかないようです。
Posted by REI at 2010年08月16日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック