2005年06月30日

フロントタイヤ&ブレーキシュー交換 -1/2-

今日は、午前中から鬼嫁と「COSTCO多摩境店」へクルマで買いだし。
多数の食料品と、作業椅子と、前回同様‘シェブロン10W-40’を1ケース買った。
カー用品のコーナーには以前行った時は無かった色々な粘度の‘モービル1’が山積みされていて、一瞬「イカン、儲けにならないシェブロンは無くなったのか!」と焦った。
でも、奥の棚に、10W-40も20W-50もATFも、以前と同じ価格で値段でちゃんと売っていた。
ほっ…w。

16時半頃、帰宅。
さて、まだ明るいぞ。
よし、フロントだけでも、カブのタイヤ、やっちゃおうっ\(^O^)」。

積算走行距離8493q。
前回の交換から、1年4ヶ月、約6600q走行。
以前にも記した様に、フロントタイヤの右サイドの磨耗が早い。
FI1549721_0E.jpg
一番減っている所は、もはや‘一分山’なので、濡れた路面ではさすがに緊張のライディングを強いられる。

さ、外すぞ。
ブレーキワイヤーとスピードメーターケーブルを、ハブから外す。
割りピンをウォータープライヤーで引き抜く。
クラウンナットをゆるめ外して、アクスルシャフトを引き抜く。
FI1549721_1E.jpg
うん、ここまではもう慣れたv(^-^)。
♪タイヤ交換も2度目ならぁ〜♪少しは上手にぃ〜 ってかぁ。

さて、今回の初体験は、これ。
ブレーキシューの交換だ。
10年前まで乗っていたバイク達は、どのメーカーのブレーキパッドを使うかは調べたけれど、交換作業自体はショップ任せだった。
なんか面倒臭くて…(苦笑)。
でも、オッサンになった今は、やるぜ、自分で(^-^)。
フロントのシューに関しては、今まで使ってきた物で特に不満は無い。
カブのブレーキって元々効きはこんなものだろうしw、別にキーキーと異音を立てるわけでもないので、そのまま使ってもよかった。
ただ、リアブレーキが、少し走り込むと鳴き始めるのだ。
たぶん熱フェード。
で、リアを替えるなら、同時にフロントも交換した方がイイだろう。
FI1549721_2E.jpg
おそらくこのシューは、20年物。
大して減ってはいなくてモッタイナイけれど、もう減価償却は十二分に果たしているはずだw。
それに、アスベストも入っているしね。

ひねる様にして、シューを外す。
FI1549721_3E.jpg
右下の汚れた物が、今までのシュー。
左が、ベスラ(Vesrah)のVB-101に、ホンダ純正のブレーキシュースプリングを付けた物。
ベスラのシューの摩擦面は、少し緑っぽい柔らかな色をしている。
今まで見た事の無い感じの物。
パッケージでも“100% Asbestos Free.”とか“ORGANIC”とうたっているが、これって素材の色なのかな…珪藻類?
なんにしても、環境や生き物に優しいのは、精神衛生上、好ましい。

さて、ブレーキパネルの汚れをクリーニング。
ブレーキクリーナーを吹きつけて汚れを流し落としながら、使い古しの歯ブラシでゴシゴシ。
大体キレイになったところで、擦動部に耐熱グリースを塗布。
そして、パチンと新しいシューを取り付けた。
FI1549721_4E.jpg
あ、そうだ…一応シューの摩擦面は、取りつけ前にサンドペーパーでザッとこすっておいた。
こうすると馴染みが良くなるらしい。
よし、シュー交換は完了だ。
この記事へのコメント
あ!しまった!
ブレーキシュはなにもしないまま組み付けちゃったよ(−−;)
ペーパーがけとしてたほうがよかったよな〜
Posted by ふね at 2005年07月01日 07:59
だいじょうぶですよ(^-^)。
たぶん、ペーパーがけしようとしまいと、そんなに変わらないです。
むしろ、ブレーキハウジングの方のクリーニングをもっとシッカリやっておけばよかったかなと、反省してます。
Posted by REI at 2005年07月02日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック