2020年07月13日

2サイクルバーディー BPR6HSからBPR7HIXに交換@4254km

発注してあったイリジウムプラグが届いた。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200712-222242.JPG
送料込み1057円。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200712-223218.JPG
ネットをまめに探しているとこういうバーゲン品が見つかるから、貧乏中年にはありがたい^^。
このプラグはBPR7HIX。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200712-223013.JPG
2サイクルバーディーBA14Aの純正プラグはBPR6HSだから、熱価を1番手上げたことになる。
先日の秩父ツーリングでスピードを上げての巡行中にふっとエンストが再発したので、ひょっとしたら夏場は1番手冷え型にした方がいいのかと感じ、買ってみたのだ。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200712-222710.JPG
中心電極が細いから熱害には強くないという説もネットのどこかで目にした記憶があるので、ここは、そのセンで対策してみる。

梅雨の晴れ間にちゃちゃっと作業。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-140933.JPG

積算走行距離4254km
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-140915.JPG

先日試しに取り付けた純正プラグBPR6HSを外す。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-135118.JPGSparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-135200.JPG
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-135452.JPGSparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-135516.JPG

そして、BPR7HIXに交換する。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200712-223013.JPGSparkPlug BPR7HIX@4254km 20200712-222710.JPG
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-135804.JPGSparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-140054.JPG

エンジンをかけてみる。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-140451.JPG
うわぁ、あきらかに違う。
ノーマルプラグの時とは、エンジンの音も回り方も違うし、何より白煙の量がぜんぜん少ない。
SparkPlug BPR7HIX@4254km 20200713-140534.JPG
ノーマルプラグ装着時の「なんか白煙が増えたなぁ…」という感じに、いま逆の意味で確信を持てた。
ポツリポツリと雨が落ちてきたので今日は試走できないけれど、これくらいハッキリ違うなら、僕は2ストバイクでもやっぱりイリジウム信者であり続けよう。

熱価の変更に伴う変化については、ある程度長い距離をある程度のハイスピードで走り続けてみないと何とも言えないので、今は何にも言わないw。