2020年07月12日

赤タフどんのバイクウォッチを黒く塗った

昨年4月にCG125のハンドルに取り付けて、10月の電池交換を経て、その後もイイ感じで働き続けているバイクウォッチ。
安物でもさすがクオーツ、ほぼ正確な時を刻み続けていてくれる。
ただ、枠のクロムメッキは非常に薄く弱いもので、わりと早い時期にポコポコ凹凸が出てきたのでビカールで磨いたら、数回で下地の銅メッキが露出してしまい、それも次第にくすんできた。
BikeWatchPaint 20200712-162531.JPG
このままでももちろん使えるのだが、ヒマなのでちょっと塗装してやろうと思った。
マスキングして、脱脂して、手持ちの廉価ラッカーを吹く。
BikeWatchPaint 20200712-162836.JPGBikeWatchPaint 20200712-163156.JPGBikeWatchPaint 20200712-163604.JPG
30分ほど乾かして、半乾きのうちに慎重にマスキングを剥がす。
BikeWatchPaint 20200712-165705.JPGBikeWatchPaint 20200712-170347.JPGBikeWatchPaint 20200712-171850.JPG
そして、赤タフどんに戻す。
BikeWatchPaint 20200712-172115.JPG
うん、ムラはあるけど目立たないからいいや。
良い暇つぶしになった^^。

マー君 梅雨の晴れ間の近所試走

昨日クラッチ調整をしたマー君バーディー。
SuspensionRrAdj@37430km 20200711-115414.JPGSampoKinjo 20200712-111515.JPGSampoKinjo 20200712-111531.JPG
今朝は晴れたので、シフト具合をチェックすべく近所を試走。
SampoKinjo 20200712-110519.JPGSampoKinjo 20200712-110549.JPG
冷間はイイのだけれど、温まってくるとシフトにやっぱり少し引っかかり感が出るなぁ…。
SampoKinjo 20200712-110854.JPGSampoKinjo 20200712-110831.JPG
でも、最悪の状態だった頃とは比べものにならないくらい良くはなっているので、このまましばらくは走ろう。
SampoKinjo 20200712-111451.JPGSampoKinjo 20200712-111507.JPG