2020年05月14日

バーディーのプラグキャップ交換@3964km

ネット発注してあったNGKのプラグキャップが届いた。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-172052.JPGSparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-172230.JPGSparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-172306.JPG
730円+送料200円。
開封チェック。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-172338.JPGSparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-172412.JPGSparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-172436.JPG
赤にしたのは、純正ではないよ感を出そうという煩悩の仕業である。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-172805.JPG
よく見えない所なんだけどねw。

では交換しよう。

積算走行距離3964km。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-174025.JPG

点火プラグからキャップを抜いて、コードを持ちながらキャップをネジをゆるめる方向に回せば、コードからキャップが外れる。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-173006.JPG
…はずなのだが、これがなかなか抜けない。
ネジが空回りする。
そこで、引っ張りながらしつこく回していたら、あらま、ジョイント部がバラけて飛び散りながら抜けた。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-173311.JPG
こんな事は初めて。
ココってバラバラになったりするんだねぇ。
非常に高い電圧のパルス状電流が流れるから、構造が多少ゆるんで接触不良になっても飛び越えてそこそこ流れちゃうだろうけど、この状態はぜんぜん望ましくない。
今までプラグキャップなんて劣化しようがないだろうと思っていたのだけれど、あらためようと思う。
反省( ノД`)シクシク…。

キャップとつながるコード端を念のため少しカットして、新しい芯線と絶縁被覆の中心に新プラグをネジ込む。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-173336.JPGSparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-173521.JPG
そして取り付け。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-173837.JPG
キックして始動。
SparkPlugNGK930yen@3964km 20200514-174018.JPG
明日、近場を試走しよう。