2020年05月02日

電動インパクトレンチを活用したいから

緊急事態宣言は今月いっぱいまで延長されるし、それが解除されたとしても音楽の現場がかつてのようになるにはワクチンか特効薬か決定的な治療法が確立されなきゃ無理だから早くとも数年後だろうし、それよりも何よりもまだバイトすら決まっていないので、それ迄に少しでも多くのバイクがらみの懸案を解決しておきたい。
とりあえず、カブとバーディー関係のちょっとやっかいな作業は終えてしまいたい。
でも、そのためには、いずれも回しにくいプラスネジってやつが絡んでいて、インパクトドライバーでも買えればいいのだが、今はカネが無い。
どうしたものか…。

と、うだうだ考えながらネット徘徊していたら、インパクトレンチに取り付けて六角棒形状のドライバービットを使えるようにできるアダプターというかアタッチメントがあるのを知った。
電動インパクトレンチなら、数年前に買ったものがある。
手持ちの機器を活用できるのは素敵なことだ。
さらに調べてみると、高価なものももちろんあるけれど、安いのもある。

悩んでいてもしょうがない。
買っちゃえ。

送料込み1182円の「ソケットアンビルチャック」というものを発注。
takahashihonsha_ssac-4_1.jpgtakahashihonsha_ssac-4.jpg
届くのは連休が明けてからだろう。

2サイクルバーディーの調整@3946km

今日は暑かった。
半袖Tシャツと短パン(ウチの中ではトランクス)で過ごした。

でも、夕刻は少し涼しくなったので、マー君いじり。
CheckAdj@3946km 20200502-164334.JPG

積算走行距離3946km。
CheckAdj@3946km 20200502-164407.JPG

暖機の後、またキャブ調整。
CheckAdj@3946km 20200502-164345.JPG
今回はエアスクリューを一度抜いて、先端をよく観察し、爪の先で磨いてから、再取り付け。
そして既定の「1と1/8回転戻し」に設定。
携帯タコメーターをつないで、アイドリング回転数は、今までよりやや高い1800+αrpmにした。

次にクラッチ調整。
CheckAdj@3946km 20200502-164359.JPG
ほんの少しだけ右に回して、今までよりわずかに遊びを増やした。

試走はまた明日。
posted by REI at 17:49| Comment(0) | バーディー50−整備粒粒辛苦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おやつ

15時、青カブ君にちょっとだけ乗る。
SampoDango 20200502-144821.JPG
近場をグルっとして、いつものだんご屋さん。
SampoDango 20200502-150850.JPG
みたらしだんごと焼きだんご、各1本60円を6本ずつ買った。
SampoDango 20200502-153022.JPG
作りたてに近かったようで、いつも以上に柔らかくて甘くておいしい。
SampoDango 20200502-152951.JPGSampoDango 20200502-153001.JPG
たい焼きとか、南部せんべいとか、大福とか、串だんごとか、小さいころ好きだったもののしばらく疎遠になっていたお菓子の美味しさが、オッサンが深まるにつれはっきりと戻ってくる。
しかも、より強くなって。
ごちゃごちゃ色々入ったものより、これだ。
これで充分。
これぞ甘味。