2020年02月28日

2サイクルバーディーのガソリンタンク交換@3825km

金曜オフ日。
晴天だけど、このところ暖かい日が続いていたせいか、ちょっと寒さを感じる。
でも、外に出てバーディーのガソリンタンク交換をしよう。
オッサンだって昔は風の子だったのだから。

その前に昼食。
豚ひき肉とチョリソともやしを入れて作った博多豚骨系インスタントラーメン。
FuelTankExchange@3825km 20200228-124912.JPG
よし、腹ごしらえできた!

13時半、作業開始。
FuelTankExchange@3825km 20200228-132304.JPG

積算走行距離3825km
FuelTankExchange@3825km 20200228-132251.JPG

タンクを外すには、けっこう色んなものを外さないといけない。
リアキャリア,リアカウル,シート,バッテリーボックス…。
FuelTankExchange@3825km 20200228-135414.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-135419.JPG
そして、タンク内のガソリンを灯油シュコシュコポンプでペットボトルに出してから、タンク底部の燃料コックにつながるホース2本を抜く。
FuelTankExchange@3825km 20200228-135537.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-141011.JPG

よし、無事に外せた^^。
FuelTankExchange@3825km 20200228-143248.JPG

外したタンクから、フュエルレベルセンサーユニットを外す。
FuelTankExchange@3825km 20200228-143437.JPG
なるほど、こりゃ売り言葉通り新品だ。

次に、どうなってるか不安な燃料コックを外す。
FuelTankExchange@3825km 20200228-144248.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-144508.JPG
お、予想していたほどひどくないぞ。
FuelTankExchange@3825km 20200228-144522.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-144527.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-144532.JPG
パーツクリーナーを惜しげなく使って各部をしっかりクリーニングし、ゴムパッキンも外してから、シリコンスプレーを使って拭いた。
FuelTankExchange@3825km 20200228-145744.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-145757.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-145811.JPG
そして、新タンクに移植取り付け。
FuelTankExchange@3825km 20200228-150549.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-150555.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-150607.JPG
燃料センサーも。
FuelTankExchange@3825km 20200228-150623.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-150627.JPG

新タンク取り付け前に、いつもは見えないところにたまった汚れを適当に拭き取ってやった。
FuelTankExchange@3825km 20200228-143044.JPG
見えなくてもウンコ付きのパンツは穿きたくないのだ。

では、新タンクを車体に取り付けよう。

燃料系の2本のパイプをコックに取り付けるのには、ちょいと手こずった。
FuelTankExchange@3825km 20200228-151818.JPG
でも、あとは来た道を帰るだけ^^。
FuelTankExchange@3825km 20200228-161454.JPG
そしてペットボトルのガソリンを、コーヒーフィルターで濾しながらタンクへ注入。
FuelTankExchange@3825km 20200228-161821.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-161832.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-161937.JPG

エンジンをかけてみる。
FuelTankExchange@3825km 20200228-163541.JPG
よし、ちゃんとかかった^^。
FuelTankExchange@3825km 20200228-163550.JPG
最後に、古いガソリンタンクに貼られていた型式シールを慎重に剥がして、新タンクに貼る。
FuelTankExchange@3825km 20200228-165029.JPG
よし、うまくいった。
FuelTankExchange@3825km 20200228-170239.JPG

ちなみに、外したタンク内部のサビはこんな具合。
FuelTankExchange@3825km 20200228-164845.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-164825.JPG
なかなかのものだけど、また時間があったらサビ落とししてみよう。

ガソリンタンクを満タンにすべく、ガソリンスタンドへ。
FuelTankExchange@3825km 20200228-171906.JPG
ハイオク満タン。
FuelTankExchange@3825km 20200228-171856.JPG
ひと頃よりは少し下がったけど、まだ高いなぁ。
FuelTankExchange@3825km 20200228-171911.JPG
ガソリンは、レギュラーなら1リットルで1USドルが適正価格だと思う。

それから少し近場試走。
FuelTankExchange@3825km 20200228-172822.JPGFuelTankExchange@3825km 20200228-172751.JPG
エンジンはすごく静かで速い回り方になったけど、残念ながら、やはりエンスト発生。
よし、次はキャブレターのオーバーホールだ!
なるべく早めにやろう。

2サイクルバーディー用中古タンクのサビ落とし

さぁ、安い薬剤を使って中古タンク内のサビ落とし作業をしよう。
KIMG6512.JPG

まずは、フュエルレベルセンサーを外す。
FuelTankRustRemoval  20200227-152601.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-152848.JPG
タンク上面の穴が2つになったので、片方からLEDライトを突っ込んで、もう一度内部の撮影。
FuelTankRustRemoval  20200227-153159.JPG
こうやって見ると、細かいゴミもけっこうあるんだな。
FuelTankRustRemoval  20200227-153058.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-153035.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-153137.JPG
ともかく掃除は必須。

「水に強いパワーテープ」とやらで、底部の穴と、レベルセンサーの穴をふさぐ。
FuelTankRustRemoval  20200227-153726.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-153738.JPG
FuelTankRustRemoval  20200227-154005.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-154228.JPG

中性洗剤と湯で、タンク内外を洗うとともに脱脂する。
FuelTankRustRemoval  20200227-154936.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-155541.JPG
よし、細かいゴミは消えた。
FuelTankRustRemoval  20200227-160853.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-161004.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-160925.JPG

袋半分のクエン酸を湯に溶いて、タンクに投入。
FuelTankRustRemoval  20200227-182412.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-182733.JPGFuelTankRustRemoval  20200227-183023.JPG
給油口ぎりぎりまで湯を足して、4時間放置。
FuelTankRustRemoval  20200227-183640.JPGFuelTankRustRemoval 20200227-204517.JPG

風呂場でクエン酸液排出。
FuelTankRustRemoval 20200227-230450.JPGFuelTankRustRemoval 20200227-230517.JPG
湯で洗浄。
FuelTankRustRemoval 20200227-231655.JPG
まだサビはうっすらあるけれど、これくらいなら実用上問題ないだろう。
FuelTankRustRemoval 20200227-230658.JPGFuelTankRustRemoval 20200227-230641.JPG
必要なら再度クエン酸でのサビ除去とも思っていたのだけれど、深追いしすぎると逆にサビを呼びやすくもなるので、ここで止めよう。

こんどは、ボトル1/4ほど残ってたクレのラストリムーバーと湯を入れて、サビ落とし兼リン酸被膜形成のために放置。
FuelTankRustRemoval 20200227-235947.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-010155.JPG
1時間後、こんどは冷水で洗浄。
今までの経験上、ここでうかつに湯を使うとたちまち再サビが始まるからだ。
FuelTankRustRemoval 20200228-011500.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-011609.JPG
うん、まあ上手くいったんじゃないかな。

中和のために、アルカリ性剤であるマジックリンと冷水で、タンク内を2回シェーク洗浄&すすぎ。
そして、さらにマジックリン溶液で満たして30分放置。
FuelTankRustRemoval 20200228-011707.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-011729.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-014309.JPG

冷水で何度も洗浄してから、内部の水気をボロ布やペーパータオルで拭き取る。
そして、防錆のために浸透潤滑剤をタンク内に大量に吹き付けた。
FuelTankRustRemoval 20200228-023010.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-023045.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-023124.JPG
どうしてもうっすらと再サビは出てくるけれど、ま、これなら大丈夫だろう。

さぁ、マー君の交換用タンクの準備は整った。
FuelTankRustRemoval 20200228-024740.JPGFuelTankRustRemoval 20200228-023523.JPG
あと交換作業で怖いのは、サビペーストまみれになっているであろう燃料コック周りだな;;;。