2020年02月20日

マー君のミラーも結局コレになった

先日取り付けて、ルックス的には気に入っていた無銘ミラーだが、実際に走ってみると大きな欠点が露わになった。
Mirror@3789km 20200220-170829.JPG
このミラーのオーバーハングだと、もっとハンドル幅のある大型車ならいいのだろうけど、バーディーではななめ後ろしか映らない。
いちおう法定速度30km/hの50cc原付で、後方がよく見えないのは怖い;;;。
残念だけど別のに替えよう。

といっても、また新しいのを買うのももったいないので、8mm⇒10mmのアダプターを使って、以前買ったM8正ネジミラーを付けることにする。

送込み500円で購入。
Mirror@3789km 20200220-171058.JPG

この手のアダプターは好きじゃないけど、このくらいのリフトアップならガマンできそうだ。
Mirror@3789km 20200220-171530.JPG

そして、あらためてあの中古ナポレオンミラーを付けてみる。
Mirror@3789km 20200220-173936.JPG
うん、いい感じのオーバーハングだ。
Mirror@3789km 20200220-174007.JPG
そんなにアダプターも目立たないし、良しとしよう。
Mirror@3789km 20200220-173949.JPG

バーディーであれ、カブであれ、結局オーナーの好み次第で同じような感じになっちゃうんだよなw。
Mirror@3789km 20200220-174033.JPGCarburetorAdjust@3789km 20200220-175154.JPG

2サイクル バーディー50 リアブレーキアーム角度調整@3789km

変な引っかかりが気になるマー君のリアブレーキ。

そのブレーキアームを観察していて、ハッとした。
アームの取り付け角度がちょっと変じゃないか、これ。
Nousha15400yen@3761km 20200211-115433.JPG

サービスマニュアルを確認。
BrakeArmRrAdjust@3789km 20200220-165555.JPG
ほ〜ら、やっぱりね^^。

ブレーキカムの刻線と、アームのスリットとの位置関係は、こうじゃなきゃいけない。
BrakeArmRrAdjust@3789km 20200220-165344.JPG
たぶんこれで、あの引っかかりは起きなくなったと思う。

じつは、以前、カブやK50でも似たようなことやったんだ、オレ;;;。

2サイクル バーディー50 キャブレター調整@3789km

積算走行距離3789km
CarburetorAdjust@3789km 20200220-140423.JPG

2サイクル バーディーのキャブレターを、初めてじっくり見る。
ミクニの VM16SH というものらしいのだが、パーツカタログに記載されている図とちょっと違う。
CarburetorAdjust@3789km 20200220-153424.JPG
パーツカタログのものにはエアスクリューが無いのだが、現物にはある。
不思議に思ってサービスマニュアルを読んでみるのだが、ふつうはどこかに記されているはずの「エアスクリューの戻し回転数」が無いっ!
どういうこと???

試しに細いマイナスドライバーでエアスクリューを締めこんでみると、4分の3回転そこいらで止まった。
あぁ、こりゃ、エアスクリュー戻さなさすぎだったみたいだわ。
CarburetorAdjust@3789km 20200220-154142.JPG
でも正確な数値はどこにも書かれていないので、よくある「1と2分の1回転戻し」にしてみた。

そしてエンジンをかけ少し暖機してから、スロットルストップスクリューをプラスドライバーで回して、アイドリング回転数調整。
CarburetorAdjust@3789km 20200220-154200.JPG
メーカー指定は1450rpmなのだが、少し高めにしておいた。
CarburetorAdjust@3789km 20200220-160253.JPG

今日の最終結果はこんな状態。
CarburetorAdjust@3789km 20200220-160457.JPG

エンジンの回り方が良い意味でマイルドになり、白煙もぐんと減った。
CarburetorAdjust@3789km 20200220-162759.JPG
今日は、エアクリフィルター,ガス循環ホース類,点火プラグ、そしてキャブのスクリューとやって、その効果はハッキリ確認できた。
問題は、これがどれだけ続くかだ。

2サイクル バーディー50 スパークプラグ交換@3789km

マー君の点火プラグ、前オーナーが BP6HS を付けているので、純正指定の BPR6HS に交換する。
SparkPlug@3789km 20200220-154510.JPG

積算走行距離3789km
CarburetorAdjust@3789km 20200220-140423.JPG

外してみると、異様な濡れ方。
SparkPlug@3789km 20200220-154556.JPG
こりゃ、キャブの調整がおかしいだろ…;;;。

ともかく、新品に交換。
SparkPlug@3789km 20200220-154807.JPGSparkPlug@3789km 20200220-155055.JPG

ほい、つぎっ!

2サイクル バーディー50 エアクリフィルター装着@3789km

今日の仕事はせんげん台で午前中のみ。
14時に帰宅して、すぐにバーディーの整備に取りかかった。
AirFilter@3789km 20200220-140359.JPG

まずはエアクリーナーフィルターの交換作業。

積算走行距離3789km
AirFilter@3789km 20200220-140411.JPG

手始めに、左右3本ずつのプラスねじで止められているレッグシールドを外す。
AirFilter@3789km 20200220-140749.JPGAirFilter@3789km 20200220-140757.JPGAirFilter@3789km 20200220-140805.JPG
なぜか左右でいろいろある。
AirFilter@3789km 20200220-140950.JPGAirFilter@3789km 20200220-141129.JPG
前オーナーが無くした分を買い足したのかと思ったら、パーツカタログを見ると、そういうことでもないらしい。
もともと、こんな風にいろんなネジを使っているようだ。
少々不思議w。

このレッグ、カブと違う固定方法だけど、こと作業性について言えば、こっちの方がはるかに上だと思う。
AirFilter@3789km 20200220-141407.JPG

今まで隠れていた部分を観察。
AirFilter@3789km 20200220-141517.JPGAirFilter@3789km 20200220-141521.JPGAirFilter@3789km 20200220-141550.JPG
ざっと掃除してやる。
AirFilter@3789km 20200220-141709.JPG
いろんなものがカブとは違っていて、それがすごく愉しい^^。

さて、エアクリ関係にかかろう…と思ってフタを開けてみると、あらま、フィルターが無い。
AirFilter@3789km 20200220-143311.JPG
ひょっとしたら20年物のボロボロウレタンフォームと対面できるかと思ったりもしていたけれど、さすがに取っ払われていたw。
せっかくだから、ボックス全体を車体から外して、拭き掃除しながら各部のチェック。
そこで、ブローバイガス循環系のゴムホース3本がひどく劣化しているのを発見。
ひょっとしたら、昨日のエンストやアイドリング回転の昂進の原因の一つはこれかも…。
そこで、物置内を探して適当なホースを持ってきた。
純正エアクリフィルター(408円)装着。
AirFilter@3789km 20200220-145704.JPGAirFilter@3789km 20200220-150541.JPG
そして、暫定新ホースをボックスとキャブの間に取り付けて、エアクリボックス装着。
AirFilter@3789km 20200220-153308.JPG
このホースも新しい純正品を買っておこう。