2020年01月11日

ザックス/オプティマ50も放出手順を進めよう

2014年の暮れにフロントタイヤを交換した直後、突然エンジンがかからなくなったザックス/オプティマ50。
それ以降ずっとウチの玄関わきでカバーを被って放置されてきたのだが、K50の嫁ぎ先がほぼ決まった今、続けて手放す準備を進めよう。
ヤフオク経由で2013年7月に思いのほか悲しい状態で入手して以来、各所をメンテしたり磨いたり、サビサビだったガソリンタンクをドイツから取り寄せた(それも高価な( ノД`)シクシク…)新品と取り替えたり、針が折れてしまったスピードメーターを新同中古と交換したり、2014年末にはそこそこイイ感じになっていたのだ…。
Carburetor1778kmKoukan@152km20141030 140323.JPGCarburetor1778kmKoukan@152km20141030 162808.JPGCarburetor1778kmKoukan@152km20141030 140333.JPG
Carburetor1778kmKoukan@152km20141030 162735.JPGCarburetor1778kmKoukan@152km20141030 162717.JPGCarburetor1778kmKoukan@152km20141030 162907.JPG
これでエンジンがかかりさえすれば、僕はその遅さや不快適さを喜んで味わっていただろう。

コレは、今月から来月中に、部品取り車としてヤフオクに出すつもりだ。