2019年04月07日

C70の空気圧

僕は昔から、クルマでもバイクでも、タイヤの空気圧を高めにして乗ってきた。
それも、かなり高めにするのが好み。
多少乗り心地が悪くなっても、ゴムのフニャリとした感じが伝わらない方が、運転していて心地よかったのだ。
でも、最近はあまり高くしなくなった。
高め好きなのは変わらないけれど、メーカーの指定値の1割増し未満を私的上限にしている。
このあたりは、僕の感覚が、昔のタイヤから今のタイヤの進化・変化に追従しているんだと思う。
ほんとまったく別物だもの、あの頃と今のタイヤって。

青カブ君C70cのホンダ指定空気圧は、1人乗りの場合と2人乗りで異なるけれど、僕の場合は常時2人乗りと考えていいので、フロント1.75リア2.8
C70 空気圧.jpg
履かせたばかりのタイヤは高めにしてあるけれど、しばらくしたら調整しよう。

青カブ君 無事VeeRubberを履く@36369km

晴天の日曜オフ日。
TireVeeRubber@36369km 20190407-104810.JPG
明日から怒涛の17連勤。
今日じゅうにがんばって青カブ君のタイヤ交換を前後ともやってしまおう。

積算走行距離36369km
TireVeeRubber@36369km 20190407-104843.JPG

11時、まず前輪から取りかかる。

作業前にピレリ/シティデーモンのヒビだらけの悲惨な姿を撮影。
TireVeeRubber@36369km 20190407-104909.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-104918.JPG
TireVeeRubber@36369km 20190407-104936.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-105006.JPG
トレッドデザインはかっこいいし、乗り味も大好きだったのに、惜しい事だ…。
TireVeeRubber@36369km 20190407-105033.JPG

今回も作業に専念するため写真は少な目。

さっさとフロントホイールを外し、タイヤと分離。
TireVeeRubber@36369km 20190407-110756.JPG
リム内側の観察。
TireVeeRubber@36369km 20190407-110833.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-110920.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-110938.JPG
神道潤滑剤とスチールブラシやステンレスタワシでサビと汚れ落とし。
TireVeeRubber@36369km 20190407-120339.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-120642.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-120717.JPG
パーツクリーナーで脱脂してから、防錆亜鉛塗料吹き付け。
TireVeeRubber@36369km 20190407-121329.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-121343.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-121400.JPG

塗料が乾くまで、ブレーキの清掃・給脂・脱脂。
TireVeeRubber@36369km 20190407-121456.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-123037.JPG
前回整備からそれほど走っていないので、今回は分解はしなかった。

今回は初めてVeeRubberのチューブを買ってみた。
組み付け前に、少し空気を入れてみる。
TireVeeRubber@36369km 20190407-124426.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-124454.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-124511.JPG
予想していたより作りはずっとイイ。
安心感がある。
なんとなく細身の気がするけど、他メーカー品と実測して比べたわけではないので、単に気のせいかもしれない。

ホイールとリムバンドとチューブとタイヤ、無事合体^^。
TireVeeRubber@36369km 20190407-131022.JPG

ボトムリンクサスにモリブデンスプレーで給脂してから、組み付けた。
TireVeeRubber@36369km 20190407-132211.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-134241.JPG
割りピンがキレイに処理できると、なんかすごく嬉しい^^。
TireVeeRubber@36369km 20190407-134157.JPG

14時、昼メシ。
ボウズが三崎で釣ってきてさばいた真鯛による茶漬けとアラ煮とカマの塩焼き。
56449019_1400518593458294_1198178988049039360_n.jpg
ごちそうさまでした(-人-)。

では、後輪の作業。

その前に、前輪以上にひどいピレリ/シティデーモンのヒビだらけの姿。
TireVeeRubber@36369km 20190407-141809.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-142116.JPG
TireVeeRubber@36369km 20190407-142131.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-142143.JPG
かえすがえすもひでぇもんだ(-"-)。

ウチの青カブ君は水本のマフラーを付けていて、スプリング2本を外すとタイコの部分が分離できるので、後輪を外すのはかなりラク。
TireVeeRubber@36369km 20190407-143104.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-144013.JPG

さっさとホイールとタイヤ等を分離。
TireVeeRubber@36369km 20190407-143937.JPG

リム内側を観察。
TireVeeRubber@36369km 20190407-144104.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-144110.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-144132.JPG
手当て。
TireVeeRubber@36369km 20190407-151259.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-151506.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-151314.JPG

ブレーキ類は、前輪同様、分解せずに清掃・給脂・脱脂。
TireVeeRubber@36369km 20190407-153047.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-151557.JPG

前輪と同じく無事にリムバンドとチューブとタイヤを合体できたホイールを、車体に取り付け。
TireVeeRubber@36369km 20190407-175025.JPG
チェーン引き。
TireVeeRubber@36369km 20190407-174036.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-174055.JPG
チェーン給脂。
TireVeeRubber@36369km 20190407-164312.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-164325.JPG
割りピンを丁寧に曲げて、作業完了。
TireVeeRubber@36369km 20190407-174021.JPG

よし、前後とも交換できたぞ、めでたい^^。
フロントはこんな感じ。
TireVeeRubber@36369km 20190407-175441.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-175205.JPG
リアは、こう。
TireVeeRubber@36369km 20190407-175457.JPGTireVeeRubber@36369km 20190407-175309.JPG
うん、イイじゃないか、ぜんぜんダサくない^^。

さぁ、これで青カブ君もツーリング準備完了だ。
TireVeeRubber@36369km 20190407-175758.JPG
梅雨入りまでに何度か行けるといいんだけどな。

青カブ君の新たな足はVeeRubberだ

装着から1年も経っていないのにサイドウォールの亀裂がすさまじいブラジル製ピレリのシティデーモン。
DigiTachoBattery  20190403-152931.JPGDigiTachoBattery  20190403-152906.JPGDigiTachoBattery  20190403-152917.JPG
こんなタイヤでこの夏も予想される酷暑の中を走るのは恐ろしすぎる。
ここは、スパッと、新しい足に交換しよう。

もう二度と使わねぇぞ、シティデーモン!

青カブ君のタイヤは、これまで、ダンロップ,ミシュラン,ベトナムヨコハマ、そしてピレリを使ってきた。
どれも一長一短なのだが、総合的にみて、僕はベトナムヨコハマのSPEEDLINE400が一番好き。
ソフトでいてしっかりした接地感があり、デザインもアジアを感じさせる個性がある。
だから今回の交換もSL400でイイと言えばイイのだが、その前に一つだけ試しておきたいものがあるので、迷った末にそれにした。

タイのタイヤメーカーVeeRubberのもの。
TireVeeRubber 20190405-235723.JPG

フロントは2-25-17。
TireVeeRubber 20190405-235820.JPGTireVeeRubber 20190405-235835.JPGTireVeeRubber 20190405-235932.JPG
タイ製。
TireVeeRubber 20190405-235945.JPGTireVeeRubber 20190406-000008.JPGTireVeeRubber 20190406-000023.JPG
製造は2018年第27週。
TireVeeRubber 20190405-235850.JPG

リアは2.50-17。
TireVeeRubber 20190406-000112.JPGTireVeeRubber 20190406-000203.JPGTireVeeRubber 20190406-000242.JPG
フロント同様タイ製。
TireVeeRubber 20190406-000258.JPGTireVeeRubber 20190406-000321.JPGTireVeeRubber 20190406-000352.JPG
2013年第13週製造とやや古いのだが、これは、以前ザックスのオプティマ50に履かそうと思って購入して、結局使わずに保管してあったから。
TireVeeRubber 20190406-000225.JPG

チューブも、この際だからVeeRubberのものを取り寄せた。
TireVeeRubber 20190405-235604.JPG

リムバンドはブリヂストン。
TireVeeRubber 20190405-235647.JPG

なるべく早く交換作業しよう。
TireVeeRubber 20190405-235535.JPG