2015年11月30日

青カブ君 点検と清掃@32645km

日曜オフ日。
朝から雨の心配はなさそうな晴天だったが、色んな疲れがたまっているのでずっとゴロゴロ過ごし、15時頃から少しだけ青カブ君の世話をした。
CheckandMigaki@32645km20151129-160500.JPG
エンジン始動は今日もニコニコキック一発。

積算走行距離32645km。
CheckandMigaki@32645km20151129-160755.JPG
アイドリングさせながら、各部のチェック。

水本マフラーは軽くホコリをかぶっていたので、熱くなりすぎる前に拭き掃除。
CheckandMigaki@32645km20151129-160740.JPG
ステンレスの焼けは、暇でもっと元気な時にクリーナーで磨こう。
CheckandMigaki@32645km20151129-161330.JPG
それにしても、久しぶりにじっくりと聞く青カブ君の排気音の力強い野太さよ。
でも音量がデカいと言うより、音色が重厚なのだ。

キャブレターとエンジンは、動作も外観も異常無し。
CheckandMigaki@32645km20151129-161852.JPGCheckandMigaki@32645km20151129-161909.JPG
油脂滲みも無し。
32歳の6V時代最後のカブとしては、なかなかのグッド・コンディションではなかろうか。

純正シートも異常無し。
かぶったホコリを拭き取ってやった。
CheckandMigaki@32645km20151129-161758.JPG
このデザインのシートも、めっきり見かけなくなったねぇ。
というか、丸目にせよ各目にせよ、日本国内製造時代のカブがずいぶん減ってきた気がする。

前輪の点検と清掃。
CheckandMigaki@32645km20151129-161045.JPGCheckandMigaki@32645km20151129-161450.JPG
残りは五分山かな。
そして、後輪の点検と清掃。
CheckandMigaki@32645km20151129-161306.JPGCheckandMigaki@32645km20151129-161516.JPG
こちらは二分山だな。

今回のチェックで一番驚いたのが、リアキャリアの状態。
ちょうど2年前に錆落としと錆止め塗装をしたオリジナルのキャリア
CheckandMigaki@32645km20151129-160817.JPG
亜鉛塗装しなかった表側には、細かな所でわずかな錆が出てはいる。
CheckandMigaki@32645km20151129-160853.JPG
ま、5-56と真鍮ブラシですぐ落ちたけど。
CheckandMigaki@32645km20151129-160838.JPGCheckandMigaki@32645km20151129-160843.JPG
驚いたのは、あんなに錆がひどかった裏側に、ほとんど錆の再発生が見られない事。
CheckandMigaki@32645km20151129-160914.JPGCheckandMigaki@32645km20151129-160926.JPGCheckandMigaki@32645km20151129-161030.JPG
すごいなぁ。
しかも、塗装面と金属との密着度が高そう。
亜鉛メッキと同等の防錆効果という売り文句も、今のところウソじゃなさそうに思える。
いつまでこの状態が続くんだろね。
なんか新たな楽しみが増えたぞw。

ブルーの社外グリップ、かっこいいんだけどしばらく放置していたら、凹んでいる部分が汚れかカビですっかり黒くなってしまった。
ガラスクリーナーと割りばしとボロ布で掃除。
CheckandMigaki@32645km20151129-161733.JPG
ま、このくらいになればいいか。
でも、やっぱりグリップは黒い方がイイかもなぁ。
交換するか…。

あとは、と…、あ、そうだ。
フロントバスケットの、荷物抑えの為のアオリと外枠との間に、以前ダイソーで買った硬いポリスポンジを挟んでみた。
CheckandMigaki@32645km20151129-162115.JPG
ピンクと黄色があったから、ナンバーと合わせて黄色いヤツね。
以前はココに三つ折りにした雑巾を挟んでいたんだけど、雨が降ると水気を吸って錆を呼ぶんだよね。
何かイイものはないかとずっと考えていたんだけど、ふとコレが思いついたんだ。
コレなら目が粗いから、普通の布やスポンジよりは水はけも乾きも良さそうでしょ。
あ、そもそも、何故ココに物を挟むかって?
ココさぁ、何にもしないと、走行中に振動で「ビビビビビ…♪」ってノイズが出るんだよ。
それが耳障りでね。
ひょっとすると、ノーマルマフラーならそんな事は無いのかもし知れないけど。

そんなわけで、簡易車検終了。
CheckandMigaki@32645km20151129-162033.JPG
今週中には何度か乗ってやろっと。
近場でいいから。
posted by REI at 00:03| Comment(0) | カブ70−整備改良改悪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

125〜250ccのバイク(軽二輪)の名義変更についての資料

昔バイク乗りだった頃も、13年前に復帰してからも、原付以外のバイクの名義変更を自分でやった事が無いので、ネットで調べてみた。

ふむふむ、簡単なんだな。
要するに、原付は市役所で手続したけれど、軽二輪は陸事なわけだ。

下の記事を参考に、年内に手続きしよう。
じゃないと、来年また税金の催促が前オーナーに行っちゃうからw。

3分でわかるバイク名義変更 250cc

名義変更(移転登録)/126cc以上250cc以下のバイクの手続き

SRV250用のバイクカバー

夕方、ヤフオク経由で発注していたバイクカバーが届いた。
BikeCover2L2279yen20151125-222733.jpgBikeCover2L2279yen20151125-222421.JPG
サイズは2L、コミコミ2279円。
BikeCover2L2279yen20151126-150149.JPG
ちょっと高めのものにしたけど、ちゃんとバイクを保護して長持ちしてくれれば文句は言わない。
よろしく頼む。

SRV250ナオトト号がやってきた@47534km[38128+9406km]

昨夜は浜松での仕事から深夜0時40分帰宅。
さっさとシャワーを浴びて、さっさと床に就いたのだが、なかなか眠れなかった。
今日25日、或る青年が破格の値段で譲ってくれたYAMAHA/SRV250が、軽トラのバイク輸送屋さんに運ばれてくるのだ。
高速道路も走れるバイク。
ほぼ30年ぶりで、そのオーナーに復帰するのだ。
それを思って興奮して寝付けない54歳。
客観的に見て、圧倒的にバカだな;;;。
ま、無駄にトシ取ってるオッサンなんて、そんなもんだわよw。

朝、起きると、やたら寒い。
まるで冬の気候だ。
しかも霧雨。
お山は雪だろうなぁ。
だが町に住むオッサンは、寒さにめげず、やたらスピーディーに準備を整えると、クルマで西東京の実家へ。
新しくやってくるバイクの置き場所がウチには無いので、とりあえず実家に届けてもらう事にしたのだった。

クルマを実家近くのコインパーキングに停めて、待機。
すると、昨日もらったメール通り11時過ぎに軽トラの運送屋さんがやってきた。
前オーナーさんの住居も東京都の市部なので、運送料は税込み8640円。
Nousha38128+9406km20151125-111421.JPG
ザックスの時のように自分で軽トラのレンタカーを借りて運ぶ手も考えたけれど、借りる手間・運転する手間・荷台に載せる手間・安全に縛る手間・無事に運ぶ手間・何か事故があった時の保障・荷台から降ろす手間・軽トラを返す手間等々を考えたら、運送屋さんに任せた方がイイと思った。
そしてネットをいろいろ調べて、8640円といういちばん安い見積もりをくれたココに依頼したのだ。
懐具合と今日の気候を考えると、この選択は大正解だったと思う。
花丸付きの100点だ^^。

届いたSRV250をチェックする。
Nousha38128+9406km20151125-115646.JPG
ヤマハらしく美しいバイクだ^^。
Nousha38128+9406km20151125-115700.JPG
しかも程度がすごくイイ。
Nousha38128+9406km20151125-115910.JPGNousha38128+9406km20151125-115735.JPG
ハンドル回りはシンプルな感じに改造されているけれど、とても丁寧な作業で組まれている。
Nousha38128+9406km20151125-115859.JPGNousha38128+9406km20151125-115830.JPGNousha38128+9406km20151125-120138.JPG
基本的にはノーマル志向の僕だけど、この状態の良さなら、当面このまま乗っていようと思う。
Nousha38128+9406km20151125-115928.JPGNousha38128+9406km20151125-115938.JPGNousha38128+9406km20151125-120924.JPG
タンク左に小さなエクボがあるけど、塗装の状態がイイからそれほど気にならない。
Nousha38128+9406km20151125-120005.JPGNousha38128+9406km20151125-120035.JPG
積算走行距離は、旧オリジナルメーター38128km+現円形メーター9406km=47534km。
Nousha38128+9406km20151125-120426.JPGNousha38128+9406km20151125-120417.JPG
こう書いていくと完璧なように思われるだろうが、欠点はある。
その最たるものは、「エンジンがかからない」という事w。
セルモーターでクランキングはするし、時折初爆もあってかかりかけるのだが、すぐ止まる。
たぶんキャブレターの不調。
でも、オーバーホールしてやれば、すぐかかりそうだ。

そんな納車チェックをしていたら、前オーナーが、外してお宅に保管してあったパーツをまとめて運んできてくれた。
Nousha38128+9406km20151125-120103.JPG
ありがたいことだ(-人-)。
そして、このSRVについて色々な説明を受けた。
大切に乗ってこられたんだなぁと、とても温かな気持ちになった^^。
せっかくなので、前オーナーにまたがってもらって記念撮影。
Nousha38128+9406km20151125-114139.JPG
イイ顔するねぇ、前オーナー氏。
引き伸ばして焼いて、近いうちにプレゼントしよう^^。
ほんとにありがとう。
僕も大切に乗らせてもらいます。
あ、このバイクの愛称は、もう話が決まってすぐ決めていた。
SRV250ナオトト号
ことしはコヤマ君いじりに時間を費やしたけど、この年末からはナオトト号起こしだ!
がんばろう。

クルマでの帰路、武蔵村山まで遠回りして、「満月うどん」で遅めの昼食。
Nousha38128+9406km20151125-141127.JPG
「満坦つけ汁うどん」特大盛り(五玉750g) 680+300円。
Nousha38128+9406km20151125-135801.JPG
ごまだれにラー油を入れて、歯ごたえのある薄褐色のうどんをすする。
Nousha38128+9406km20151125-135910.JPGNousha38128+9406km20151125-135808.JPG
何を食べても美味いなぁ、ココは^^。
特に今日は一段と美味い。
まさに祝いの味がする。
ごちそうさまでした(-人-)。
posted by REI at 21:45| Comment(2) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

マル秘

極秘活動進行中。
資料収集完了。
ManualandList20151118-023423.JPGManualandList20151123-225456.JPG
不要の物も買ってしまったが、経済的打撃は小さいので、ミッションは無慈悲に継続されている。

25日に何かある。
posted by REI at 23:15| Comment(0) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

青カブ君 帰宅す@32645km

コヤマ君と入れ替わるために、数か月ぶりにバイクカバーを剥がされた我が青カブ君。
Okaeri@32645km20151122-154658.JPG
今年に入ってまったく乗ってなかったけれど、エンジンだけは何度かかけていたので、今日もすぐに始動すると思っていた。
Okaeri@32645km20151122-155538.JPG
ところが、何度キックしてもエンジンが目覚めない;;;。
おいおい、どうしたんだ?
ほったらかしだったのは悪かったけど、何もそんなにスネる事はないじゃないか;;;。
キミは天下のスーパーカブなんだぞ。
この程度の逆境にめげてどうすんだ?
…。
かからない…。
…。
ともかくキックを続けた。
その時、あっと思った。
燃料コック!
確認してみると、案の定OFFにしてあった。
そりゃ長期保管の時はこうしなきゃね。
さすがオレだw。
コックをONにしてキックすると、数回でエンジンは元気良く目覚めた。
Okaeri@32645km20151122-155611.JPG
よっしゃ、さすがキミはスーパーカブだ。
Okaeri@32645km20151122-155631.JPG
そして、我が青カブ君だ!

新青梅街道を西進する。
久しぶりに乗るカブ。
なんか僕の身体がすっかり忘れていた感じだ。
ともかく小さく感じるし、ハンドルの幅も妙に狭いし、水本マフラーの音もデカいw。
TL125に尻を鍛えられたおかげで、シートの座り心地も実にラクだ。
初めて乗るバイクみたい。
なんか、若い頃のエロ本を思い出した(笑)。

秋の日は釣瓶落とし。
帰宅するとすっかり暗くなっていた。
Okaeri@32645km20151122-180615.JPG
積算走行距離32645km。
Okaeri@32645km20151122-180515.JPG
ではまた青カブ君との暮らしに戻ろう。

TL125コヤマ君 実家保管へ@9815km

だいぶ雲ができたけれど雨はなさそうなので、コヤマ君で西東京の実家へ行く事にした。
ToJikka@9815km20151122-145120.JPGToJikka@9815km20151122-145130.JPG
今年はバイクにかける時間の多くをTL125にかけてきたのだが、ようやくそこそこ好調な状態を維持できる感じになったので、ぼちぼち他のバイクたちに乗ってやろうと思うのだ。

小1時間で到着。
ToJikka@9815km20151122-154016.JPG
今回はカブと入れ替える事にした。
ToJikka@9815km20151122-154548.JPG
なんたってココは『REIと青カブ君の昼寝部屋』だからね。
あんまりカブをほったらかしだと、さすがに自分でもヘンだと思うw。

積算走行距離9815kmから、しばらくコヤマ君は西東京の実家です。
ToJikka@9815km20151122-154947.JPG

TL125 タイヤチェック@9799km

10月下旬に交換したコヤマ君のタイヤのチェック。

積算走行距離9799km。
Oil@9799km20151122-121551.JPG

フロントタイヤ。
TyreCheck@9799km20151122-133959.JPGTyreCheck@9799km20151122-134025.JPG

リアタイヤ。
TyreCheck@9799km20151122-134051.JPGTyreCheck@9799km20151122-134120.JPG

約650km走ったので、さすがにトレッド中央付近のヒゲはすっかりなくなった。
さて、これからどのくらい走れるのかな、これ。
舗装路でもけっこう喰い付いて走りやすいんだけど、減りも速そうではある。

TL125 エンジンオイル交換@9799km

TL125コヤマ君のオイル交換をした。
Oil@9799km20151122-121529.JPG

積算走行距離9799km。
Oil@9799km20151122-121551.JPG
前回から1690kmでの交換になる。

TL125の場合、まず、エンジンアンダーガードを外す。
Oil@9799km20151122-132649.JPGOil@9799km20151122-132559.JPGOil@9799km20151122-122744.JPG
12mmボルト1本と6mmヘキサゴンを抜けば外れる。

オイルを温めて抜けやすくするために、エンジンをかけてしばし暖機運転。
その間に、エンジン底部の観察。
Oil@9799km20151122-122937.JPGOil@9799km20151122-122822.JPG
相変わらず、オイルにじみ無し。
すんばらしい^^。

クランクケース周りが「あちっ!」って感じになったらエンジン停止。
それから、オイルが下に落ちるまでしばらく放置。
しかる後に、24mmレンチでオイルドレーンキャップを外して、古油放出。
Oil@9799km20151122-123347.JPG
車体を左右に傾けながら、じっくり時間をかけて汚れたオイルを出し切る。
Oil@9799km20151122-123353.JPGOil@9799km20151122-125624.JPG
まだまだ使えそうだけど、廃油の中で微粒子がトグロ巻いていたりするので、ま、もったいない感は少ない。

ドレーンキャップ内のオイルストレーナーとスプリングとOリングを観察。
Oil@9799km20151122-124454.JPGOil@9799km20151122-124505.JPG
Oリングがかなり劣化していたので、新品に交換した。
そして再取り付け。
Oil@9799km20151122-125459.JPG
アルミ製のキャップなので、力を入れ過ぎると割れる事もあるから、慎重に締め付けた。

新油は、フルシンセの SUNOCO/RED FOX 10W-40。
Oil@9799km20151122-125839.JPG
前回は1本だけ手元に残っていた旧バージョンを入れたけど、今回は新バージョンと言うか現行版の全化学赤狐だ。

あとは、アンダーガードを戻して、作業終了。
次回は来春だな。
posted by REI at 19:30| Comment(0) | TL125−エンジンオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

小春日和にバイク通勤

今日は朝から気持ちの良い晴天。
Tsuukin20151121-131544.JPG
暖かな小春日和。

久しぶりにコヤマ君で駅まで出勤。
Tsuukin20151121-131555.JPG
長袖Tシャツの上からそこそこ風を通すフリースを着た恰好で走っても、全然寒くない。
やっぱり暖かいのはイイ。
オッサンが深まるにつれて、心底そう思う。

いつもの駐輪場に停める。
Tsuukin20151121-132857.JPG
あ、この手袋、もうダメだわ。
Tsuukin20151121-132739.JPG
明日は時間があるから、コヤマ君のオイル交換してから、ホームセンターか作業服店に行って新しい手袋を買おう。

西武線と地下鉄で神保町へ。
来週小さな演奏会をする男声アンサンブルのトラでバリトンを2時間半歌ってきた。
うん、先週よりは声の調子が戻ってきたから、今日は少しは助っ人らしく歌えたかな^^。

日が暮れても寒くないので、神保町から九段下まで散歩。
そういえば朝から何も食べていなかったので、変な時間だけど「小諸そば」で「かき揚げそば大盛り(冷)」超大盛り、380+60円。
Tsuukin20151121-171635.JPG
う〜ん。。。。
このチェーンって立ち食いソバの中ではすごくレベル高いと思うんだけど、今夜のコレはイマイチだったな。
これなら他と変わらないや。
ま、安いから、損した感は少ないけどねw。

東西線〜飯田橋〜有楽町線〜池袋〜西武線で地元帰還。
さすがに昼間よりはひんやりしてる。
Tsuukin20151121-184238.JPG
でも、このくらいなら大丈夫。
コヤマ君もそれにまたがるオッサンも、まだそこそこ元気だ。

2015年11月06日

寒い夜のコヤマ君通勤

今日の夜は西東京で仕事。
コヤマ君で行った。
20151106.JPG
晩秋と初冬の重なる時期だ。
往きも帰りも寒い。
フロントのブレーキケーブルとクラッチケーブルが寒さで縮んだらしく、遊びがちょっと少なくなりすぎたので、アジャスターで微調整。
前後タイヤ交換と一緒にやったブレーキ整備が効いて、以前よりしっかり止まれるようになったのが嬉しい。
近日中にコヤマ君のエンジンオイルを交換してやろう。
そして実家に乗って行って、今アチラにあるCG125かカブ70と入れ替えよう。
今年のコヤマ君いじりはそれで一段落だ。

TL125コヤマ君のチェーンカバー交換@9765km

コヤマ君のチェーンカバー。
ChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-161452.JPGChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-161500.JPG
実はコレ、フニャフニャで、走っていると走行風で歪んでリアタイヤに接触する。

交換しよう。

新品はもう出ないのでヤフオクで程度の中古良品が出るのを待っていたのだが、先日TLR200・MD09に付いていたものをゲット。
ChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-154329.JPGChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-154314.JPGChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-154351.JPG
中古だから当然汚れも傷もあるけれど、大した事ない。
何よりも、全体がシッカリとした硬さを保っているのがイイ。
古い樹脂部品に下手にケミカルを使うとフニャフニャになってしまうので、クレンザーのような微粒子の入った作業用せっけんとタワシと湯でゴシゴシ。
ChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-160858.JPGChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-160844.JPGChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-160938.JPG
錆も粗いサンドペーパーで磨いたら、ほとんど落ちた。
ChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-160916.JPGChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-160907.JPG
これならルックス的にも問題無し。

取り付けてみる。
ChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-162051.JPGChainCoverUsed2389yen@9765km20151106-162112.JPG
よし、今までのものとは全然違う。
写真だと判然としないかもしれないが、しっかり硬くて、各部のクリアランスも適度。
これならツーリング途中で、リアからの「ブバー!」っていう悲しい音とはオサラバ出来そうだ。

2015年11月05日

塩山紅葉遠足

快晴の木曜オフ日。
SampoEnzanKouyou20151105-090344.JPG
さぁ、紅葉ツーリングに出かけよう。

9時出発。
SampoEnzanKouyou20151105-090417.JPG

今回は、塩山出身の大学の後輩の推薦する食堂で昼を摂るつもりなので、まずは塩山を目指す。

新青梅街道〜青梅街道で、10時40分「奥多摩湖」。
SampoEnzanKouyou20151105-104053.JPGSampoEnzanKouyou20151105-104037.JPGSampoEnzanKouyou20151105-104726.JPG
紅葉は、ダムサイト周辺ではあんまりパッとしないけれど、周辺の山々はちょうど見ごろだな。
SampoEnzanKouyou20151105-104651.JPGSampoEnzanKouyou20151105-104644.JPGSampoEnzanKouyou20151105-104715.JPG
「小河内ダム」のダムカードをもらって、先を急ぐ。

R411「大菩薩ライン」は今まさに紅葉ロード。
SampoEnzanKouyou20151105-113147.JPGSampoEnzanKouyou20151105-113005.JPG
SampoEnzanKouyou20151105-113726.JPGSampoEnzanKouyou20151105-115026.JPG
やっぱり紅葉を見るなら、このくらい晴れてないとだめだよな。
ラッキーだわ^^。

R411でそのまま塩山へ行けばいいところを、急遽寄り道決定。
久しぶりに「林道 一ノ瀬線」に入る。
SampoEnzanKouyou20151105-120429.JPGSampoEnzanKouyou20151105-120518.JPGSampoEnzanKouyou20151105-120447.JPG
これが大正解!

SampoEnzanKouyou20151105-120933.JPG
素晴らしい紅葉の山々だよ。
SampoEnzanKouyou20151105-121319.JPGSampoEnzanKouyou20151105-121433.JPG
最高に気持ちいい。
SampoEnzanKouyou20151105-124042.JPGSampoEnzanKouyou20151105-123152.JPG
あぁ、寄り道してよかった^^。

R411に戻り、13時10分「柳沢峠」。
SampoEnzanKouyou20151105-131027.JPG
ココからこんなふうに富士山が見られるなんて、何年ぶりだろう。
SampoEnzanKouyou20151105-130955.JPG

富士山をチラ見しながら、R411を塩山へ下っていく。
SampoEnzanKouyou20151105-131913.JPGSampoEnzanKouyou20151105-131831.JPG

14時「塩山館食堂」到着。
後輩の話だと色々個性的で美味しいらしいのだが、今回は一番のおすすめ2点を食した。
SampoEnzanKouyou20151105-140057.JPGSampoEnzanKouyou20151105-140111.JPG
「焼き餃子」560円。
SampoEnzanKouyou20151105-141114.JPG
手作りのもっちりした皮と中華風香料の特徴的な味だが、普通の焼き餃子と違って、たぶん茹でてから焼いてある。
その意味では“本場”っぽい餃子だ。
そして「特製タンメン」907円。
SampoEnzanKouyou20151105-141349.JPG
おそらくは自家製の独特の太麺で、やわらかめ。
SampoEnzanKouyou20151105-141732.JPG
なるほど…。
ごちそうさまでした(-人-)。

昼食を食べ終わると、もう14時半を回っていた。
これから「中津川林道」を回るとまた暗がりの林道を走る事になりそうだから、今日のところは「昇仙峡」を覗いて帰るか。

県道31号「甲府山梨線」で「太良(たら)峠」へ。
SampoEnzanKouyou20151105-145300.JPGSampoEnzanKouyou20151105-145233.JPGSampoEnzanKouyou20151105-145151.JPG
県道ではあるものの、感覚的には舗装林道だね、これは。
15時「太良(たら)峠」。
SampoEnzanKouyou20151105-150617.JPG
眺めはいいんだけど、開けてないからイマイチ。
SampoEnzanKouyou20151105-150848.JPG
ココからの下り道が、びっくりの道。
極端に狭くなって、しかも横溝付きコンクリートのオールド舗装。
そして急傾斜の下り。
コレ、ちょっとでも凍る季節になったら、バイクは無理だな。
ちょっと平坦になったところで記念写真。
SampoEnzanKouyou20151105-152229.JPG
もっと気楽な道だと思ったw。

16時ちょい前「昇仙峡」。
SampoEnzanKouyou20151105-155801.JPG
名前は知っていたもののどんな所か知らなかったけど、要するに、渓谷沿いの林道なんだな。
SampoEnzanKouyou20151105-160012.JPG
土日祝は車両通行止めだけど、平日は一方通行で走れるみたいなので、歩行者に気を付けながらノロノロ走る。
SampoEnzanKouyou20151105-160345.JPG
キレイなんだろうけど、もう日の光が無いから、寒々していた。
うん、ココはまた機会を見つけて真昼間に来よう。

県道31号〜武田神社〜山梨大学〜甲府市街〜「昇仙峡ライン」〜県道7号と走って、道路看板で目についた「荒川ダム」へ右折。
SampoEnzanKouyou20151105-161801.JPG
もう16時を回っているから薄暗いけど、ココも真昼間なら相当キレイな紅葉スポットだぞ。
憶えておこう。
SampoEnzanKouyou20151105-161830.JPGSampoEnzanKouyou20151105-161903.JPGSampoEnzanKouyou20151105-161853.JPG
ここでもまたダムカードをもらった。

ここから先は山道。
たぶん色んな名前のある舗装林道なんだろうけど、西に沈む夕日を基準にして、適当な方向に進む。
結局また暗い林道走りだよw。
TL125コヤマ君のエンジン、好調さを取り戻すにつれてすごく静かになったから、代わりに警笛(警ブザー)をピーピー鳴らしながら走った。
あ、今回は、でっかいオスの鹿1頭とキツネ(性別不明)1匹に会いました。
ぶつからなくてよかったw。
途中、久しぶりに真っ暗な山奥の道端で立ちションした。
ヘッドライトの光の当たる場所で。
この時期、虫が減ったのはいいけど、別のものが怖いのだよw。
そして、こんな看板と出会って、ひと安心。
SampoEnzanKouyou20151105-174450.JPG

塩山からR140で秩父を目指す。
18時40分、「雁坂トンネル」。
SampoEnzanKouyou20151105-184028.JPG
無料開放は、たしか今月いっぱいだよね?


20時過ぎ、秩父市街のマクドナルドで夕食。
SampoEnzanKouyou20151105-200147.JPG
「ビックマック セット」670円。
SampoEnzanKouyou20151105-200842.JPG
サイドはナゲット、ドリンクはホットコーヒー。
ふう、もうひと頑張りだ。

R299でウチへ向かう。
近所のスタンドで最後の給油。
SampoEnzanKouyou20151105-214304.JPG
今回は3回給油した。
ココで燃費計算、39.5km/l。
もう数値的には、ツーリング燃費は「40弱」で決まりだな。
TL125の燃料タンク容量は6.5リットルなので、満タンで250kmくらいが限界値だと思っていよう。
でも、こんな性格のバイクで、満タン200kmオーバーなら立派なもんだ。

21時53分、帰宅。
SampoEnzanKouyou20151105-215340.JPG
疲れた、寒い、鼻詰まりがひどい。
即熱いシャワーだ!

342km走行。

2015年11月04日

決心

1983年式のスーパーカブ70スーパーデラックスでライダーに復帰してから、早12年。
「子供もまだ小さいから、当面は原付バイクに専念しよう」と思い続けてきたが、そんな2人の子等ももう大3と大2。
上は21、下のも来年2月末には成人だ。
もうぼちぼち、もう少し大きい、高速道路も走れるバイクに乗りたい。
僕自身の残り時間もずいぶん減ってきたから。
今年の初めくらいから、ずっとそう考えてきた。

先日、ありがたい申し出をいただいた。
250のバイクを譲ってもいいですよ、というものだった。
とても嬉しい半面、置き場所の事もあって、数日考え迷った。

でも、今、この好条件の話を逃したら、間違いなく後々後悔する!
お願いしよう!

おそらく今月中に、久しぶりに250ccの二輪車のオーナーになる。
SRV250.jpg
冗談抜きで冷め切って憎しみ合っていると言っていい夫婦関係に悩み続けてきた僕だが、その54歳の秋は、少しだけ暖かくなりそうだ。
posted by REI at 23:59| Comment(0) | SRV250ー整備苦心惨憺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ボウズ レッツUのタイヤ交換に初挑戦

大3生のボウズが通学やバイト通勤に使っているレッツU。
タイヤが減ってえらい事になってきているので交換を勧めたら、ショップに頼まず自分でやると言う。
その方が安いから…。
実にオヤヂと同じケチであるw。
ま、せっかくなのでリアタイヤ交換を指導してやる事にした。

積算距離計の表示は1817km。
Let's2TyreKoukanRear@1817km20151101-145645.JPG

この個体は、昨年の2月末にメーター表示7024kmの前後新品タイヤ付きで購入したものなので、1年8ヶ月で4800km弱走行。
Let's2TyreKoukanRear@1817km20151101-145621.JPG
そりゃノッペラボウにもなるわなw。
Let's2TyreKoukanRear@1817km20151101-145637.JPG
今まで履いていたものはIRCだったので、乗り味の変化も感じて欲しいために他の日本メーカーの製品を薦めておいたら、ダンロップのD507をアマゾンから取り寄せていた。
サイズは純正の3.00-10で、アマゾン経由で送込み1本1600円弱。
エアバルブ(1本150円くらい)も新品交換。

バルブとタイヤの組み付けにはタップリとビードワックスを使わせて、僕自身はアドバイスのみでノータッチ。
本人にそこそこ苦労を楽しんでもらったw。
エアバルブは、ホイールの穴を軽く通してから、適当なワッシャーとナットを口金に回し付けてから、手で押したり引いたりしたらわりと簡単に所定の位置まで上げられた。
タイヤは、2本のレバーと両膝をフル活用w。
ただ、ビードはさすがにウチの手押しエアポンプではびくともしなかったので、ボウズとホイールをクルマに乗せて近所のセルフのガソリンスタンドへ。
給油してから、場内の空気入れ装置を使わせてもらい、無事ビードアップ成功。

ホイール取り付け前に、かなり汚れているブレーキ周りを掃除。
Let's2TyreKoukanRear@1817km20151101-145654.JPG
リアのブレーキシューは昨年の9月に社外新品に交換したので、これまで3234km走行。
残量はまだまだあるけれど、ブレーキダストはかなり溜まったりこびり付いたりしているようだったので、ブレーキクリーナーと紙やすりとペーパータオルをたっぷり使って、入念に整備・清掃させた。

組み付け後、ブレーキが鳴かなくなったらしい。
だろw。
フロントの方は、今度は自力でやんなさい。