2015年03月30日

CG125シートの暫定補修

美しいメッキサスが付いた分、シートの切れが気になる赤タフどん。
SeatLightRepair@23378km20140330 180225.JPG
いつか本格的に補修するとして、とりあえず雨が染み込んだりしないように、軽補修しておこう。
SeatLightRepair@23378km20140330 180336.JPG
工具箱を探して、黒いビニールテープとハサミを持ってきた。
SeatLightRepair@23378km20140330 180452.JPG
で、切って貼ればいいのだけれど、テープの角から剥がれてくるのが予想できるので、角を丸く切って貼ってみた。
SeatLightRepair@23378km20140330 180806.JPG
これがどのくらい効果的かは、まったく完全にマルっと未知数である。
SeatLightRepair@23378km20140330 180852.JPG

2015年03月29日

東京モーターサイクルショー

日曜オフ日。
ボウズと一緒に東京ビッグサイトへ行って、モーターサイクルショーを見てきた。
TokyoMotorcycleShow20150329 115715.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 115917.JPG
往きも帰りも、西武池袋線〜小竹向原〜地下鉄有楽町線〜豊洲〜ゆりかもめ〜国際展示場正門前。

会場入り口の前のエスカレーターの下では、こんなオブジェがお出迎え。
TokyoMotorcycleShow20150329 170651.JPG
個人的には、こういうの大好き。
TokyoMotorcycleShow20150329 120233.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 120205.JPG
風間さんが売約済みらしい^^。
TokyoMotorcycleShow20150329 170630.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 170556.JPG
木に温もりがあるように、鉄にも温もりはある。
錆びは、優しい。

さぁ、会場に入ろう。
TokyoMotorcycleShow20150329 144414.JPG

まずはオーリンズのブースで、美しいパーツへの目慣らし。
TokyoMotorcycleShow20150329 144451.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 144440.JPG

仮面ライダーたちのバイクは、今回もいた^^。
TokyoMotorcycleShow20150329 144531.JPG

その向かいのコーナーには、美しくカスタムされた旧車がたくさん並んでいた。
TokyoMotorcycleShow20150329 144700.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 144843.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 144938.JPG
カワサキ以外もいたんだけど、どうしてもカワサキばっかり見てしまうw。
TokyoMotorcycleShow20150329 144951.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 145015.JPG
この時代のカワサキ車には、有無を言わせぬ輝きがあるんだから仕方ない。
TokyoMotorcycleShow20150329 145030.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 145054.JPG
この個体は、先日、筑波サーキットで新記録出したらしいです。
TokyoMotorcycleShow20150329 145216.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 145204.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 145317.JPG
スピードはともかく、工作物としてなんて美しいんだろうと思う。
TokyoMotorcycleShow20150329 145231.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 145253.JPG

ヤマハのブースでは、新旧のセローに目を惹かれた。
TokyoMotorcycleShow20150329 145455.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 145538.JPG
セローにはツアラーバージョンもあるんだね。
TokyoMotorcycleShow20150329 145633.JPG
リアキャリア大好き人間にとって、このゴツく美しいキャリアはたまらない。
TokyoMotorcycleShow20150329 145558.JPG
ボルトのカスタム車もあった。
TokyoMotorcycleShow20150329 145719.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 145951.JPG
これはドラッグスターのカスタム車かな?
TokyoMotorcycleShow20150329 150023.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150045.JPG

次はドゥカティ。
TokyoMotorcycleShow20150329 150259.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150251.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150242.JPG
イタリアらしい独特の造形美だな。
でも、個人的には、あんまり関心無し。
ただ、このスクランブラーはイイ感じだと思った。
TokyoMotorcycleShow20150329 150451.JPG
ま、要するに、僕は当たり前のつまらないバイクが好きなんだよ、うん。

そうは言いつつ、BMWのブースにあった2台の大遊びカスタム車は、すごく面白かった。
TokyoMotorcycleShow20150329 150713.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150740.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150728.JPG
生真面目だけと、遊ぶ時は思いっきり遊びます、ドイツ人^^。
TokyoMotorcycleShow20150329 150751.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150824.JPG
生真面目に思いっきり遊ぶから、遊びじゃなくなってるw。
TokyoMotorcycleShow20150329 150953.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150946.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150919.JPG
油圧という油圧を全部測ろうって魂胆らしい。
TokyoMotorcycleShow20150329 150905.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150847.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 150838.JPG
ドイツ人がマッドマックス風に作ると、こうなるんだろうね。
ステキ♡
そうは言っても、やっぱりBMWのバイクの魅力は水平対向エンジンとシャフトドライブに尽きると僕は思う。
TokyoMotorcycleShow20150329 151239.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 151254.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 151156.JPG
あと、細部の作り込みの見事さ、ね。
何かの間違いで自由に300万円くらい使える時があったら、買ってもいいな、BMW。
ま、拾うか、宝くじを当てるしかあるまい。

妄想は続くよ、インディアン。
TokyoMotorcycleShow20150329 151450.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 151556.JPG
1700ccのエンジン積んだバイクなんて、絶対に買う事は無い。
TokyoMotorcycleShow20150329 151607.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 151640.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 151706.JPG
でも、少しの間なら、乗ってやってもイイゾ。
TokyoMotorcycleShow20150329 151910.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 151746.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 151801.JPG
あ、くれるなら、もらってやってもいい。
急いで大型二輪の免許取るしw。

次は、アグスタ。
TokyoMotorcycleShow20150329 152415.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 152500.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 152448.JPG
小粋なイタリアン、ってやつなんだろうね。
TokyoMotorcycleShow20150329 153340.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 153139.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 153113.JPG
えらく凝ったデザインだとは思うけど…。

はい、KTM。
TokyoMotorcycleShow20150329 153755.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 153833.JPG
好きな人は好きなんでしょう。
TokyoMotorcycleShow20150329 153949.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 153930.JPG

カワサキも、今の僕には、W800以外にあんまり惹かれるものは無い…。
TokyoMotorcycleShow20150329 160358.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 160338.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 160412.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 160427.JPG
排気量の大小を問わず、もうカワサキの新しいバイクに乗る事は無いだろう。
TokyoMotorcycleShow20150329 160539.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 160631.JPG
特に250の「虫っぷり」には、まったく馴染めないや。
写真を撮る気にすらならない。

はい、ホンダ。
CBは相変わらず素晴らしい。
TokyoMotorcycleShow20150329 160848.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 160835.JPG
参考出品のSFAって、なんか僕は好きだ。
TokyoMotorcycleShow20150329 160951.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 161018.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 161056.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 161039.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 161050.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 161031.JPG
グロムの親分って位置付けなんだろね。
TokyoMotorcycleShow20150329 161111.JPG
2台のオフ車の展示も、良かった。
TokyoMotorcycleShow20150329 161238.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 161322.JPG
あと、レーサー!
TokyoMotorcycleShow20150329 161500.JPG
やっぱりワークスものはスゴイね。
TokyoMotorcycleShow20150329 161646.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 161654.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 161804.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 161744.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 161708.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 161725.JPG
ビィィィィィィィーン!
TokyoMotorcycleShow20150329 162018.JPG

トライアンフ。
TokyoMotorcycleShow20150329 162346.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 162054.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 162204.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 162422.JPG

ロイヤル・エンフィールド。
TokyoMotorcycleShow20150329 162716.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 162802.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 162815.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 162830.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 162844.JPG

ハーリー・ディヴィッドソン。
TokyoMotorcycleShow20150329 163223.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 163235.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 163332.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 163248.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 163304.JPG
昔からそうなんだけど、パパさん883は好き。
TokyoMotorcycleShow20150329 163505.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 163433.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 163445.JPG
ただ、この750は…。
TokyoMotorcycleShow20150329 163803.JPG
ハッキリ言って、ちょっとパーツが安っぽく感じるんだよなぁ…。
TokyoMotorcycleShow20150329 163829.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 163840.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 163902.JPG
ま、アメリカ人からすれば廉価グレードの入門車なんだから、当然なんだろうけどさ。

ベスパ。
TokyoMotorcycleShow20150329 164037.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164006.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 164055.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164044.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 164127.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164157.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 164513.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164454.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 164609.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164547.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164533.JPG
ベスパ初接触のボウズにとって、日本のスクーターとの根本的違いはショックだったらしい。
「これなら乗っていい!」そうなw。

モト・グッチ。
TokyoMotorcycleShow20150329 164319.JPG
TokyoMotorcycleShow20150329 164335.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164357.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164411.JPG
親子揃って、絶賛!^^
特に、このアメリカン。
TokyoMotorcycleShow20150329 164721.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164640.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164626.JPG
なんと言うか…、たわわなものがこぼれてますw。
TokyoMotorcycleShow20150329 164829.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164857.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 164737.JPG
それでいて、メーター周りは超シンプル。
TokyoMotorcycleShow20150329 164915.JPG
うん、カネ貯めて買うなら、コレだわ。
…絶対貯まんないけどな!ヾ(T。T)

10時に家を出て、11時半に豊洲で速めの昼メシを食べて、12時過ぎに会場入りして、17時の終了まで何度も会場内をグルグル。
実にマニアな5時間であった。
TokyoMotorcycleShow20150329 171641.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 172359.JPGTokyoMotorcycleShow20150329 172412.JPG
足が疲れたw。
posted by REI at 23:59| Comment(0) | 〜いろいろもろもろ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

赤タフ寄り道

本郷三丁目での午前中の仕事を終えて、西武線で一旦ウチへ帰る。
Tsuukin20150327 123302.JPG
今日はニコニコ号だったよ(^-^)。

13時過ぎの微遠P。
Tsuukin20150327 133325.JPG
オバタリアンもたくさんいて、春なのに枯れ木も山のにぎわい。

さてと、昼メシに行こう。
相変わらずの快晴だからうんとこさ遠回りして、狭山の「やよい軒」へ。
Tsuukin20150327 142652.JPG
あまりに方角が違うから、ま、こりゃもはや寄り道ではないなw。
「唐揚げ定食」と「玉子焼き」、780+180円。
Tsuukin20150327 144429.JPG
安心の美味さです^^。

畑の土も整えられて、臨戦態勢。
Tsuukin20150327 150920.JPG
今年はあんまり嵐は来るなよ。
Tsuukin20150327 151656.JPG
さ、僕も帰って、夜の仕事の準備だ。

赤タフ出勤

今朝も気持ちいい快晴。
昨日に続いて赤タフどんで出勤。
昨日に続いて最安駐輪場満車で微遠Pへ。
Tsuukin20150327 090438.JPG
クルマだとこのあたりでは最低700円かかる駐車料金が、バイクでココなら300円。
貧乏中年男にとって、この400円の差はデカい。
これからも、天気の良い日はバイク通勤になるだろう。

2015年03月26日

駐輪場

今夜は18時半から初台で男声アンサンブルの練習。

17時、出勤。
最寄り駅まで赤タフどんで行き、いつもの有料駐輪場に停めようと思ったら、なんと満車!
5台分の枠しかないから、ちょっと暖かくなると埋まっちゃうんだな。
憶えておこう。

で、やむなく、別の有料パーキングへ。
Tsuukin20150326 175111.JPG
こっちの方が駅からの距離があるし、ほんの少し高いし、オバタリアンどもの自転車に傷つけられるリスクもあるんだけど、ま、今夜はやむなし。
Tsuukin20150326 175124.JPG
無事を祈ろう(-人-)。
Tsuukin20150326 175055.JPG
あ、駐車位置番号は忘れないように、携帯でメモ代わりに撮る。
これ、めっきり忘れっぽくなったオッサンには必要な行為だ。

-+-

そして、22時過ぎ、初台から戻ってきた。
Tsuukin20150326 222158.JPG
よし、無事だ、よかった^^。
携帯で写真を確認しながら、精算機でNo.608の駐車料金を支払う。
Tsuukin20150326 222638.JPG
300円なり。
もう夜もそんなに寒くない。
これからバイク通勤の季節だ。

近場試走

夕方の出勤前に、小一時間だけ、赤タフどんに乗った。
キック一発始動。
数分暖機して、スタート。
エンジンの回り心地も、シフトの具合も、大変気持ち良い。
SampoKinjo20150326 155519.JPG
交換したリアサスも、硬過ぎず柔らか過ぎず、とりあえず特筆すべき不具合は感じない。
SampoKinjo20150326 155852.JPG
やっぱりいいねぇ、暖かいのは。
昨春はあんまりツーリングに行けなかったけれど、今年は行こう。
仕事に埋もれてしまっては、心まで動かなくなりそうだから。

2015年03月25日

赤タフどん 新リアサスの点検と調整

まだかろうじて日のあるうちに帰宅できたので、先日交換した赤タフどんのリアサスの点検・調整をした。
SuspensionRearAdjust20150325 175252.JPG

取り付け各部のチェック。
右サイドは、余裕。
SuspensionRearAdjust20150325 175402.JPGSuspensionRearAdjust20150325 175427.JPG
左サイドは、あつらえたようにギリギリのクリアランスだw。
SuspensionRearAdjust20150325 175322.JPGSuspensionRearAdjust20150325 175336.JPG

今までのサスよりかなり柔らかいので、硬さ調整。
工具箱から久しぶりにフックスパナを取り出して、5段階あるうち1番柔らかい状態から、硬い方から2番目へ回した。
SuspensionRearAdjust20150325 175451.JPGSuspensionRearAdjust20150325 175513.JPGSuspensionRearAdjust20150325 175545.JPG
1番硬い状態にしてもイイかもしれないけど、ま、とりあえず調節の余地を残しておきたいので、コレでいく。
SuspensionRearAdjust20150325 175924.JPG

うん、これぞ小型オートバイといった姿だぜ(o^-')b。
SuspensionRearAdjust20150325 180043.JPG
ただ…シートに破れが出てきちゃったよ(>_<;)。
SuspensionRearAdjust20150325 180136.JPG
乗り手の体重が0.1t以上あるから仕方ないんだろうけど、悲しいな。
とりあえず剥がして、内側から補修テープ貼るか…。
posted by REI at 19:11| Comment(0) | CG125−サスペンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

CG125にKITACOのリアサス装着@23322km

赤タフどんの久々のオイル交換が済んでホッとしたので、久しぶりにタンクを半練りワックスで磨いてみた。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 154830.JPG
いやぁ、さすがにペースト状のワックスは深みがスゴイ!
最近はバイクでもクルマでも液体や噴霧式のワックスしか使ってなかったから、その差にあらためて驚かされた。
やっぱりたまには全身ワックス磨きしてやらなきゃダメだ。
もう少し暖かくなったら、必ずやってやるからな^^。

さて、タンクがピカピカになると、がぜんリアサスの色褪せが目立つ。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 155041.JPG
おそらくは中国製と思われるこの305mm社外サス2008年12月から1万km使ってきたけど、スプリングにコーティングされた樹脂の色褪せ以外は、機能的にはまだまだ使える。
ヘタリが一番早く顕著に出るインナーロッドとシール材あたりも、ちょっとビックリするくらい無問題だ。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 155106.JPG
中国製のパーツってアタリハズレが大きいけれど、コレは明らかに当たりだったな。
あ、ひょっとすると中国製じゃなくて、タイとか台湾製だったりするのかな?
ま、どっちでもいいw。
ぼちぼち交換してやろう。
クソダサいオッサンだが、せめて趣味のバイクくらいはカッコ良さを大切にしよう。

実は、昨年暮れにKITACOの305mmサスを取り寄せていたのだ。
SuspensionRearKITACO305mm7534yen20141201 232650.jpgSuspensionRearKITACO305mm7534yen20141201 232634.jpg
amazon経由で、送料込み2本セット7534円。
SuspensionRearKITACO305mm7534yen20141204 124746.JPGSuspensionRearKITACO305mm7534yen20141204 125713.JPGSuspensionRearKITACO305mm7534yen20141204 125739.JPG
パッと見ただけでも、さすがに作りに難が無い。
SuspensionRearKITACO305mm7534yen20141204 125941.JPG
メッキがギラギラしていないから、かえって素性の良さが分かる。
SuspensionRearKITACO305mm7534yen20141204 130031.JPGSuspensionRearKITACO305mm7534yen20141204 130025.JPGSuspensionRearKITACO305mm7534yen20141204 130013.JPG
2種類の内径のカラーが付属しているので、自分でムギュッと押し込む。
SuspensionRearKITACO305mm7534yen20141215 205353.JPGSuspensionRearKITACO305mm7534yen20141215 205423.JPGSuspensionRearKITACO305mm7534yen20141215 205444.JPG
…と、KITACOサスたちは準備完了状態で、この冬を部屋の片隅で過ごしていたのだった。

さぁ、付け替えよう。
バイクいじりは勢いだ!w

積算走行距離23322km。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 144531.JPG

14mmメガネでサス上下の固定ボルトを外す。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 155249.JPGSuspensionRearKoukan@23322km20150321 155300.JPGSuspensionRearKoukan@23322km20150321 155345.JPG
ほい、外れた。

ついでにリアキャリアとシートも外して、普段見えない所を点検・清掃。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 160447.JPG
ホコリっちゅうのは、ちょっと見ないうちにずんずん溜まるもんですな。

赤い社外サスとKITACOサスの目視比較。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 155638.JPG
バネ径はKITACOの方が細くて、自由長は長い。
今までよりも柔らかいかもな。

そして取り付け。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 181107.JPG
チェーンケースやフレームとの干渉が心配だったけど、ギリギリ大丈夫だった^^。
SuspensionRearKoukan@23322km20150321 181328.JPG
うん、引き締まったぞ。
やっぱりリアサスはメッキか黒がイイね、バイクにはw。

そう言えば、赤タフどんでは、ブレーキシューもKITACOを使ってるんだった。
粉吹きが少なくて、まあまあ効くシューだわな。
さて、サスの乗り味はどうだろう?
走行テストはまた後日。
posted by REI at 21:58| Comment(0) | CG125−サスペンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤タフどんCG125の遅い啓蟄とオイル交換@23322km

SUNOCO/REDFOX/10W-40/MA/全化学合成油/1litre
積算走行距離23322km

-*-

土曜オフ日。
暖かな晴天とは言えないけれど、寒くない曇天だから文句は言うまい。
2015年も早や3月下旬。
もうぼちぼちバイクを冬眠から起こさないと、サクラにもサクラソウにも会えなくなっちゃう;。

正午、作業開始。

まずはバイクカバーを剥がして、全体の様子を見る。
Oil@23322km20150321 124539.JPG
ホコリっぽいのはやむを得ないけれど、特に異常は見られない。

ではオイル交換作業にかかろう。

今回は、クルマに使って余ったオイルを使ってフラッシングもしてやろうと思うので、暖機運転せずに、即ドレーンキャップを外して古油を排出。
Oil@23322km20150321 124827.JPGOil@23322km20150321 124959.JPGOil@23322km20150321 125135.JPG
さすがに超久々のオイル交換だけに、廃油はシッカリ汚れていて、微粒子のトグロとか泡立ちが見られる。
Oil@23322km20150321 130843.JPG
そりゃそうだわな…なんてったって前回交換したのは、一昨年の8月だもの(>_<;)。

フラッシングの為に、クルマ用の余りオイル、カストロール/GTX/SM/10W-30を1リットル投入。
Oil@23322km20150321 130306.JPG
そして、今年最初のエンジン始動。
Oil@23322km20150321 131758.JPG
念のためキーOFFのまま20回空キックをしてから、チョークを1段引いてキーON。
そして、キック!
1回目で初爆、2回目であっけなく始動。
Oil@23322km20150321 131848.JPG
さすが、赤タフどん^^。
数分の暖機運転の後、近場をエンジンフラッシング走行。
今年は優勝は絶対ムリだけれど、田邊新監督のもと、Aクラス入りを目指して地道にガンバレ、ライオンズ。
Oil@23322km20150321 141004.JPG
田舎道をバイクでノロノロ走るのって、やっぱり最高に気持ちいいや^^。
Oil@23322km20150321 143230.JPG
梅はもう終わり。
Oil@23322km20150321 143811.JPGOil@23322km20150321 143846.JPG
桜は見逃さないぞ。

小1時間20kmほど走って、帰宅。
サイドスタンドを立てて、オイルが下がるのを10分ほど待つ。
Oil@23322km20150321 144735.JPG

そして、2度目のオイル交換作業。

積算走行距離23322km。
Oil@23322km20150321 144524.JPG

オイルが熱くなってシャバシャバだから、ドレーンキャップを外すと、あっという間に抜けた。
Oil@23322km20150321 150350.JPG
出て来たオイルは、そこそこ汚れてる。
Oil@23322km20150321 152848.JPG
うん、これならフラッシングの手間をかけた甲斐はあったと思う。
ドレーンキャップをシッカリと締めて、ついでにエンジン下部をオイルの染みたボロ布で拭き掃除。
Oil@23322km20150321 151729.JPG
そして、本オイルを投入。
Oil@23322km20150321 151955.JPG
SUNOCO/REDFOX/10W-40/MA/全化学合成油をゲージでチェックしながら入れたけど、結局やはり1リットルでピッタリだった。

よし、これで赤タフどんCG125は目覚めたぞ。

2015年03月16日

くっそぉ

春休み中のボウズ。
先日防水バッグなんて買ってきていたので、どうしたのかなと思っていたら、今日の昼間、VRX400に乗って下道で浜松にある愚妻の実家へ行ったらしい。
小雨の中、ご苦労なこっちゃ…。
くっそぉ、うらやましいぞ、あんにゃろめ。
こちとら、今年に入ってまだバイクのエンジンをかけてすらいないのに(T_T)。