2014年07月31日

ザックス/オプティマ50 クラッチ調整についての予習

ようやく公道復帰にまでこぎつけた我がザックス/オプティマ50。
この夏は、少しでも安定して走り続けられるような点検・調整を重ねていこうと思っている。

そのひとつに、クラッチ調整がある。

ザックスの505エンジンのクラッチ調整にやり方ついては、以前ギアオイル交換の際に参考にしたのと同じ投稿者によるYouTube動画がある。

メンテナンス・データーの少ないザックスにとって、これはすばらしい参考資料だ。
投稿者にあらためて感謝したい。
Thank you for your upload the interesting video,Herr Kanal!
Good job.(o^-')b

さて、このビデオを見る限り、ザックスのクラッチ調整は次のような手順。
GearOilKoukan@76km20140703 145041.JPG
➀ 2のナットに10mmのメガネレンチをかける
A 1のネジ頭にマイナスドライバーを挿して固定する
B 2のナットを軽くゆるめる
C 1のネジを時計回りに軽く手ごたえがあるまで回す
D それから、1のネジを逆時計回りに1/4回転もどす
E その位置で1のネジ頭を固定したまま、2のナットを締め付ける
F そして、クラッチレバー根元の遊びを1.6mm前後に調整

これでたぶん間違いないだろう。
カブのクラッチ調整も同様の手順だ。

ただ、ここからは僕のパラノイア的な性格の故なのだが、どうもこういう動画データーだけを鵜呑みにするのは、少し不安。
この画像製作者がやっている事の文字的データーが欲しい。
だが、手持ちの(ネットで拾ってきた)オプティマ50のサービス・マニュアルには、クラッチ調整についての記述は無いのだ。
たぶん、このエンジンのリペア・マニュアルに載っているのだろう…。
でも、そんなの、どこにも売ってないしなぁ…。

と、諦めていたのだが!

探し回ったら、39年前出版の資料だけど、見つけたぜぃd(^-^)。
太古からある化石的エンジンだから、たぶんコレで問題無かろう。
その一部を、掲載しておく。
SachsMotor 505 ClutchAdjust.jpeg
かの国の著作権所有者さま、問題があったら削除するので、ご一報ください。

試訳しておく。

+++++

調整ネジ(1)を、プレッシャー・ピン(3)に軽く接するのを感じるまでねじ込んでから、1/4回転もどす。すると、プレッシャー・ピンと調整ネジとの間に、わずかな遊びができる。
調整ネジをナット(3)で固定する。
(ハンドルにある)クラッチレバーの調整ネジで、遊び調整をする。クラッチケーブルが張る状態まで引いて、調整ネジを締める。1〜2mmの遊びになるように、調整ネジを調整する。
調整ネジを固定する。
クラッチレバーに調整ネジが無い場合は、クラッチケーブルを張ったり緩めたりして、デコンプの付いている固定部とクラッチレバーの間の遊びが1〜2mmになるようにして、しっかりと固定する。

+++++

う〜む…。
短いのに、実に日本語訳しにくい文章であった。

ま、そういう事だw。
ともかく1/4回転もどしで、問題あるまい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【追記】
その後、ネット上で、上掲の資料よりもさらに新しい(と言ってもそこそこ古い)ザックス505/2エンジン用のリペア・マニュアルも見つけた。
そちらの資料では、クラッチ調整については次のようになっている。
42.jpg
内容的にはほぼ同一だが、固定ナットの締め付けトルクについて8〜10Nm(0.8〜1kpm)という指定がある。
参考にしよう。

2014年07月21日

ザックス 公道復帰9km走行後のBR7HSの焼け具合

今日のザックス公道復帰では、メーターの積算走行距離表示で76kmから85kmまで9kmほど走った。
KoudouHukki@76km20140721 152119.JPGChainHiki@80km20140721 174208.JPG
走行後、取り付けたばかりのBR7HSを外して、電極の様子を点検した。
SparkPlugKoukan@76km20140721 180207.JPG
うん、良い具合ではなかろうか。
当分コレで行ってみよう。

ザックス ドライブチェーンの張り調整@80km

公道を数km走ったところで、一旦車庫へ戻る。
チェーンの伸びが気になったので、張り調整をするのだ。
ChainHiki@80km20140721 162534.JPG
走っていると、時々、チェーンがスイングアームの根元付近に接触して、ヘンな音を立てるんだよね。
ChainHiki@80km20140721 162543.JPG

リアホイールの固定部分は自転車やカブなんかとほとんど同じだから、チェーン張りの手順は簡単。。
ChainHiki@80km20140721 162558.JPGChainHiki@80km20140721 162609.JPG
それにしても、前オーナーはこのへんをいじった事はまったく無さそうだな。
脂っ気もゼロなら、工具でいじった形跡もゼロだ。

5-56を要所要所にたっぷり吹いてから、リアアクスルを止めているナットを19mmのレンチでゆるめ、チェーンテンショナーの後端を固定しているナイロンナットもゆるめる。
リアホイールを後ろに引っぱりながら、各ナットを適当な位置で固定。
ChainHiki@80km20140721 165329.JPGChainHiki@80km20140721 165319.JPG
ホイールが少しだけ後ろに移動した分、リアブレーキの調整も必要だった。
うむ、よかろう。

余談だけど、色んなパーツに“SACHS”の刻印がある。
ChainHiki@80km20140721 165312.JPG
プリミティヴな乗り物ではあるけれど、それなりにキチンと作られている事が伝わってきて、なんかニヤニヤしてしまう。

+◇+◇+◇+

再び公道を走る。
ChainHiki@80km20140721 170300.JPGChainHiki@80km20140721 170318.JPG
ともかく走れるようになったのはめでたいのだが、走っているうちに、コイツの長所や欠点も良く分かってきたw。

左手クラッチと2速グリップチェンジは、思ったほど違和感は無い。
思いの外低速トルクのあるエンジンなので、1速発進はラク。
また、走り出してしまえばほぼ2速のままで行けるので、さして忙しくも無い。

今の状態で、快適な巡航速度域は予想より高めの40km/h前後。

乗り心地は、快く固い。
クルマにせよ、バイクにせよ、あんまりフワフワした乗り心地よりもゴツゴツした感じの方が好きなので、このセッティングは好ましい。
ただ、ドイツ人の体格に合わせて作られているので、サドルは現在の最も低い位置でも、僕のような短足オヤヂには足付きがよろしくない。
ザックス/オプティマ50、パッと見は小さなモペッドだけど、このあたりはすこぶるガイシャなのである。

一番の問題はコースターブレーキ。
これは…、不器用な僕ではともかく今はオタオタするのみw。
パニックブレーキなんて到底ムリ。
この夏、たくさん乗って、慣れるしかあるまい。

また、ウィンカーSWにも、強烈に違和感があった。
ザックスもカブも、ウィンカーSWは右手にある。
カブの場合は、右手の親指でレバーを上下に動かす事で左右の点灯を切り替え、上に上げると「右」、下に下げると「左」となる。
カブ ウィンカーSW.jpg
一方、ザックス/オプティマ50のウィンカーSWは、レバーを右手親指で進行方向前後に動かす事で左右を切り替えるのだが、これが、前に動かすと「左」、後ろに動かすと「右」なのだ。
Maintenance@76km20140703 165026.JPG
これがもうとんでもなくややこしい;;;。
オッサンの頭は固いのだ。
ウィンカー操作をするたびに、頭の中で「えっと…どっちだっけ?;;;」をやる。
しかも、しばしば間違えた結果を出す。
これはイカン。
SWボックスの上面に、何かシールでも貼らねばなるまい。

あと、クラッチの様子がちょっとヘン。
クラッチケースあたりからちょっとヘンな音がするし、クラッチワイヤーの張り調整ももういっぱいいっぱい状態。
ChainHiki@80km20140721 174229.JPG
とりあえず走りはするものの、クラッチ調整をした方が良さそうだ。

そんなこんなで、本日の公道復帰は積算走行距離85kmで終了。
ChainHiki@80km20140721 174208.JPG
ま、この夏は、色々楽しめそうだ(^-^)。

ザックス 公道復帰@76km

ザックスのナンバープレートに自賠責保険のシールを貼る。
Jibaiseki1year20140721 152005.JPG

エンジンをかける。

積算走行距離76km。
KoudouHukki@76km20140721 152119.JPG

ザックスで公道を走り出す。
KoudouHukki@76km20140721 154719.JPG

クルマの通る道だって走っちゃう。
KoudouHukki@76km20140721 155658.JPG

公道じゃない所で軽くスピードテストをしてみたら、45km/hまで出る事は確認した。
アクセルはまだ全開じゃない。
でも、怖いから、それ以上は出せなかったw。

悲嘆にくれた昨夏の納車から1年。
ようやく、とりあえず公道復帰を果たしたぞ。
ひとまず、バンザイだぜぃ\(^o^)/。

ザックス スパークプラグ交換[B7HS→BR7HS]@76km

14時過ぎ、ザックスをいじるために実家へ向かう。
クルマで新青梅街道を西東京へ。
SparkPlugKoukan@76km20140721 144951.JPG
3連休の最終日で貴重な梅雨の晴れ間だからだろう、けっこう混んでた。
ま、無事到着^^。
SparkPlugKoukan@76km20140721 151215.JPG
さ、いじるぞ、直すぞ!
ザックスの車体下には、もう何かが漏れ垂れた痕は見られない。
SparkPlugKoukan@76km20140721 151233.JPG
よし、先日のギアオイル交換は、問題無く成功したようだ。

今日は、まず、スパークプラグを交換しよう。

積算走行距離76km。
SparkPlugKoukan@76km20140721 152132.JPG
21mmのプラグ用ソケットで、今までのプラグを外す。
SparkPlugKoukan@76km20140721 152448.JPG
外した“NGK/B7HS”の電極回りを観察。
SparkPlugKoukan@76km20140721 152613.JPG
しっかり黒いですわ。
オイル汚れがほとんどなので布で擦るとだいぶ取れたけれど、ま、ココはケチらず新品に交換しよう。
もう1番手「冷え型」の「6」でも良さそうだが、手持ちが無いので、今までと同じ熱価でレジスター付きの“NGK/BR7HS”を使う。
SparkPlugKoukan@76km20140721 152756.JPG
ほい、交換終わり。
SparkPlugKoukan@76km20140721 153203.JPG
エンジンをかけてみる。
今までよりも心なしかエンジンの回り方が滑らかだ。
アイドリングも今までのままだと回転数が高いので、ネジを回して少し下げた。

2014年07月19日

ザックス用フライホイールカバー到着

10日にeBay発注したザックスの中古フライホイールカバーも届いた。
Chromdeckel 5008yen20140719 234116.JPG
すごく厳重な梱包で、開封するまでひと苦労。
Chromdeckel 5008yen20140719 234532.JPG
よし、ぼちぼちブツが見えてきたぞ^^。
Chromdeckel 5008yen20140719 234544.JPG
あれ?
袋に“NEW”って手書きされてる…。
Chromdeckel 5008yen20140719 234851.JPG
袋から出してみたら、こりゃ中古じゃない!
Chromdeckel 5008yen20140719 234911.JPGChromdeckel 5008yen20140719 234936.JPG
なんだか知らないけど、新品来た〜っ!
めでたい(^o^)。

ザックス クラッチケースカバーパッキン到着

仕事から帰宅すると、海外からの荷が2つ届いていた。

その1つはコレ。
DichtungGehausedeckel20140719 233758.JPG
中味は、この10日にeBayから発注したザックスのクラッチケースカバーのパッキン2枚
DichtungGehausedeckel20140719 233957.JPG
なんかとても精度の良さそうな物だと思ったら、信頼の台湾製ですな。
DichtungGehausedeckel20140719 234019.JPG
たぶん問題無く使えるだろう。

2014年07月18日

霧雨のカブ通勤

今夜の西東京仕事へは、カブで行った。
所沢街道を走っていると、小平を過ぎたあたりからまた霧雨が降り始めた。
こないだと同じパターン。
どうも小平は鬼門だ。
ただ、先週よりはずっと弱い降りで、霧雨だったので、ズボンが悲惨な状態にならなかったのはラッキーだった。

走りは、相変わらず絶好調。
エンジンもミッションも何の不具合も無し。
あ、走り始めにブレーキが少しだけキーキー鳴いたっけ。
でも、すぐに異音は消えた。
ノン・アスベスト系のシューだから、音が出るのは仕方ないわな。
効きはイイから、問題無し。

帰路は、ほんの少しだけ降りが強まって、霧雨と小雨の中間くらい。
マンホールと白線に注意しつつ、新青梅を快走。
途中、給油。
Tsuukin140718.JPG
ハイオクでリッター173円…。
ふざけんな、安倍っ!

2014年07月17日

ミモザ君 廃車へ

2008年の秋に8000円弱で買った折り畳み自転車ミモザ君。
FI2619001_1E.jpg
作りは華奢で質も低くいかにも中国製の安物といったモデルだったが、リアブレーキをサーボ―ブレーキに交換したり、シートを大きくシッカリした物に替えたり、サイクルコンピューターを付けたりして、それなりに近所への足として活躍してきた。
FI2619041_1E.jpg
FI2619052_3E.jpgFI2619036_3E.jpgFI2619047_4E.jpg
だが、残念ながら、もう処分する事にした…。
ともかく各部の錆がひどく、ハンドルやフレームの内部にも水が入ってしまうらしく茶色い水が滲み出てきたりする。
タイヤもすり減ったし、鉄製リムは赤く錆び錆び。
もちろん交換すればまだ乗れるだろうが、そのコストや手間を考えると、もう退役してもらった方が良いと決断した。
激しく狭いこのあばら家回りのスペースに、少しでも空きが出来た方が良いしね。

先日、軽トラで回っていた廃品回収さんに出した。

ありがとう、世話になったね、ミモザ君。
もっとフトコロに余裕があって、もっと広い敷地に住んでいたら、たぶんもっと一緒にいられただろう。
貧乏は悲しいよ(T_T)。

2014年07月15日

ザックス 自賠責1年加入

帰宅途中にセブンイレブンに寄って、ザックスの自賠責加入手続きをした。
Jibaiseki1year20140715 161821.JPG
1年にするか2年にするか迷ったが、ともかくフトコロ具合が寂しいので、1年にした。
Jibaiseki1year20140715 161837.JPG
これで、今日2014(平成26)年7月15日から2015(平成27)7月15日午前12時までの12ヶ月間は、ザックスで公道を走れる。
その後も走るか否かは不明w。
posted by REI at 16:42| Comment(2) | ※バイクの自賠責保険※ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

青カブ君シフトフィール大改善

今夜の西東京の仕事へは青カブ君で行った。
台風一過、久しぶりに雨の不安のなさそうなカブ通勤。
蒸し暑いけど、走っている分にはあんまり関係ないから、うれしい^^。
所沢街道やら新青梅街道やらをスイスイ走って、余裕の会場到着。
TsuukinNishitokyo140711.JPG
それにしても、簀子の赤狐の投入以来、乗る度に青カブ君のシフトフィールの良さに驚かされる。
ほんと気持ち良くシュッシュッとギアチェンジできる。
さすがに良質の2輪車用エンジンオイルってスゴイ。
ものすごい信頼感。
もう戻らない、戻れない。

ザックス クラッチケースカバーパッキンも発注

先日やったザックスのギアオイル交換の際に、クラッチ室のサイドカバーのパッキンの様子がちょっと気になった。
GearOilKoukan@76km20140703 145858.JPG
別にどこかか切れているという訳ではないのだが、弾力は無くなり、かなり凹凸のついたゴム製パッキン。
新品があるなら、交換するに越した事は無い。

で、eBayを見回っていたら、これも日本へ送ってくれるショップがありそうだ。
1枚2.45ユーロ。
DichtungGehausedeckel.jpg
ついでだから2枚発注した場合の送料をメールで尋ねたら、5.90ユーロだという。
うん、それならオーケー!
発注!

4.90ユーロ[2.45ユーロx2枚]+送5.90ユーロ=10.80ユーロ。
PayPal決済で1559円。

これもまた、無事の到着を待とう。

2014年07月10日

ザックス用中古フライホイールカバー発注

eBayを徘徊していると、“HERCULES”の“Prima”や“Optima”用のフライホイールカバーがいくつか出ていた。
ネットではドイツ本国の個体に装着されているのをよく見かける、クロームメッキされたもの。
1.jpg2.jpg3.jpg
コレってメーカーオプションだったのかなぁ?
ともかく、以前はまったく見かけなかったのだが、何故か今日はその中古品がいくつも売りに出されていた。
あ、新品もあったな、えらく高かったけど。

今年の初めに錆び錆びのカバーを必死こいて修繕して白く塗った僕ではあるが、程度の良いメッキカバーがまあまあな価格で入手できるなら、持っていて損はなかろう。
ただでさえ日本国内にそんなにたくさん生きているとは思えない“SACHS/Optima50”のうち、クロームメッキのフライホイールカバーを付けている個体も珍しいだろうし。

ただ、よく調べてみると、例によって「日本には送れません」が多い。
また、送ってもらえても、送料だけで65ユーロとか…。
そんな中、16.80ユーロで出されていた中古カバーに目が留まった。
ChromdeckelOptima50 505 Used.jpg
写真を見る限り、状態はまずまずのようだ。
Chromdeckel 505 Used 5008yen.jpg
そこで、日本までの送料をeBay経由のメールで尋ねてみた。
めんどくさいから英語w。
すると、すぐに返事が来た。
17.90ユーロだそうな。

16.80ユーロ+送17.90ユーロ=34.70ユーロ。
う〜ん、実に絶妙に困った値段である…。
日本円で5000円前後…。
安くは無い…。
けれど、めったに入手できない物…。

悩みまくった。
けど、結局、買う事にした。
悲しいくらいカネの無い僕だが、でも、バイクの夏が待っているではないか!
趣味に無駄遣いできずに、なんの人生ぞ!

発注を確定し、PayPal決算クレジットカードで5008円送金。
PC画面のオーダーシートには7月18日到着予定とあるけど、さ、どうなんだろ?
ドイツのパーツ屋さんだから、ありうるけどね。

2014年07月08日

郵便カブ

新宿で見かけた郵便カブ。
C110ProJA10 140708.JPG
配備されたばかりなんだろな。
ピカピカだ。
かっこいい^^。

2014年07月03日

スプレーグリース片手にザックスの点検

ギアオイル交換を終えてまだ明るかったので、ザックスの各部を点検しながら、グリースアップしたりボロ布で拭いたりした。

スパークプラグ。
Maintenance@76km20140703 153650.JPGMaintenance@76km20140703 153708.JPGMaintenance@76km20140703 154522.JPG
NGK/B7HSが付いていて、新車時から交換されていない感じ。
ニュープラグを持ってきてはいたのだが、フェリオに積んである車載工具の中に合うプラグレンチが無くて、今回は交換できなかった。

チェーン。
Maintenance@76km20140703 162806.JPGMaintenance@76km20140703 162814.JPGMaintenance@76km20140703 162854.JPG
ちょっと伸び気味だから近日中にチェーン張りしてやろうと思いつつ、スプレーグリースを吹いて、ボロ布で拭いてみた。
ほぉ、この感じならまだ使えそうだぞ。
リアスプロケも、拭いたらやたらキレイになった^^。

右手フロントプレーレバーとフロントブレーキリンク。
Maintenance@76km20140703 164944.JPGMaintenance@76km20140703 165000.JPG
各可動部にグリースアップ。
特に異常は無い。

ウィンカースイッチ。
Maintenance@76km20140703 165026.JPGMaintenance@76km20140703 165016.JPG
レバー根元にグリースアップしても、節度感の無さは変わらないw。
でも、こういうチープさも、ヨーロッパのモペッドというものの味だと思う。
だから、シッカリした物に交換なんて絶対にしないw。

ハンドルロック。
Maintenance@76km20140703 165049.JPG
右側通行仕様なので、ハンドルを右いっぱいに切ってロックしなきゃならない。
だから、めったに使う事は無いだろう。
でも、だから嬉しい、ドイツ製^^。

リアのウィンカーステーの根元の金具。
Maintenance@76km20140703 165235.JPGMaintenance@76km20140703 165254.JPG
変形して赤錆びも出ているので、いつか外して錆び落としして黒く塗らなきゃ。

マフラー。
Maintenance@76km20140703 165135.JPGMaintenance@76km20140703 165204.JPG
グリースの染みたボロ布で、ざっと拭き掃除。
いつか、外して、バラして、ピカピカに磨いてやるからな。

戦い済んで日が暮れた。
Maintenance@76km20140703 165358.JPG