2014年06月30日

もう少しだぞザックス!

ちょいとオフクロに用事があったので、夕方、仕事帰りに西東京の実家に寄ってきた。
要件自体はすぐ済んだので、すぐさまザックスの点検へ!w
Check20140630 172930.JPG
車体周りのコンクリートにシミがあるけれど、これらはすべて以前の漏れの跡。
新しいシミは、コンクリート床にも、車体下部にも無い。
Check20140630 173037.JPG
キーをひねって、デコンプレバーを引きながらペダルを回す!
1発という訳にはいかなかったが、数回で無事始動。
しばらく暖機運転してから、家の中からマイナスドライバーを持ってきて、キャブレターのネジをひねってアイドリング調整。
うん、良かろう。

明後日木曜日はたぶんオフなので、天候さえ良ければ実家へ行って、ギアオイル(ATF指定)交換をする。
そして、とりあえず問題無く走れるようなら、自賠責に入って、公道復帰だ。

もう少しだぞ、ザックス。
待っててくれよ!

2014年06月27日

濡れ豚カブ通勤

今夜の西東京での仕事へは、カブで行った。
夕刻、ウチを出る時には、空には雲が多いものの青い部分もあって雨が降る雰囲気は無かった。
だが、所沢街道を東進していると、小平あたりでポツポツ。
「あら?」と思った次の瞬間、ドバーッと豪雨!
たちまちすぶ濡れ。
走る濡れ豚。
半袖ポロがずぶ濡れになるのは仕事での大汗でしょっちゅうだから何とも思わないのだが、ズボンやパンツがびしょ濡れなのは違和感特大。
しかも色んな所がかゆい。
弱ったなぁ…、この状態で仕事かよ(>_<;)。
と、思っていたら、西東京市に入ったあたりで雨が止んだ。
路面も乾いている。
あらまぁ、スポット的な豪雨だったんだな。
走ってれば少しは乾くかな。
という訳であたりをムダにウロウロ走って、仕事開始5分前に会場着。
Tsuukin20140627.JPG
ズボンはまだ濡れてはいるけれど、足にペターッと貼り付く状態は脱して、生乾きになったので、これならなんとか我慢できるぞ、ホッ(^。^)。

それにしても、RED FOXを入れたカブのエンジンは、ほんと超絶好調。
Oil@31880km20140622 174516.JPG
また繰り返しになるけど、エンジン音も回り方もシフトフィールも、クルマ用オイルを入れていた時とは全然違う。
走りに何の不安も無いから、ものすごく気持ちよくて、操縦する楽しみを感じる。
この赤い狐と青カブ君の場合でも、カストロールのGTXをフェリオに使った場合でも、エンジンと相性の良いオイルを使う事ってものすごく大切な事なんだと、あらためて思い知らされたよ。

あ、そだ。
どっかへ行ってしまったと思われていた青いキーホルダー付きの青カブ君のキー、今日、居間の隅から発見された。
SampoAikagi20140626 223022.JPG
もうちょっと色んな事をキチンとしないとダメだな、オレ。
反省。

2014年06月26日

梅雨の晴れ間のカブ近場散歩

今日はオフ日。
身体に疲労が溜まりまくっている感じなので、午前3時に床に就いてから昼過ぎまで寝たよ。
まったくいいトシこいてよく寝られるわ、このオッサン。
ねぼすけっちゅうか、だらしねぇっちゅうか、なんちゅうかほんちゅうか。
でも、すっかり疲れも取れたから、ちょいとカブで走ってくるかな。
天気も悪くないしね。
SampoAikagi20140626 142027.JPG
で、着替えて、ヘルメットとグローブを持って、ウチの鍵とカブのキーを持って外へ出ようとしたら…。
あらららら、カブのキーが無いぞ(°o°)!?
なぜだ??
先日オイル交換をした時にエンジンをかけて、それ以降はカブに乗っていないから、キーはウチの中のどこかにあるはず…。
いや、待ウチの前の道に落っことしてしまって、誰かが持って行ったか処分しちゃったって事もあり得るか…。
ま、ともかく、家探しだ!
出掛ける準備をしたので、エアコンはもちろん扇風機も止まり、全ての窓が締め切られて蒸し暑い事この上ない家の中を汗だくで探し回る事、小一時間。
見つからない…。
ま、この際だから、保管してあるスペアキーを使って出かけて、もう1本キーを作ろう。
SampoAikagi20140626 142048.JPG
と言っても、このスペアもコピーキーなんで、合鍵屋さんには嫌がられるだろうけどね。

出発!
走り出してすぐ、エンジンフィールの大きな変化に気付く。
立ち上がりが以前よりスムーズで、低回転から高回転までストレスがぐんと減った。
明らかにオイル交換の効果だ。
さすがSUNOCO/RED FOX。
これだけ違うと、やっぱりバイク好きとしてはクルマ用オイルには戻れないな…。
次回からはちゃんと赤い狐を使っていこう。

久しぶりのぶらぶらライディング。
やっぱりバイクってイイ^^。
こんな時、ホームセンターへ直行なんてしない。
なんとなく近場を走って、東村山市の北山公園へ。
SampoAikagi20140626 143028.JPG
さぁ、今が盛りの梅雨の花、花菖蒲を鑑賞しよう。
SampoAikagi20140626 143341.JPG
いやぁ、色んなのがあるなぁ。
SampoAikagi20140626 143411.JPGSampoAikagi20140626 143533.JPGSampoAikagi20140626 143739.JPG
SampoAikagi20140626 143806.JPGSampoAikagi20140626 144229.JPGSampoAikagi20140626 144426.JPG
SampoAikagi20140626 144453.JPGSampoAikagi20140626 144619.JPGSampoAikagi20140626 144626.JPG
係の人たちが、萎れてしまった花を摘んでいる。
SampoAikagi20140626 144951.JPG
こういう人たちの尽力のおかげて、僕は花を楽しめているんだね。
暑い中、ありがとうございます。
たぶん、午前中に来られれば、もっとシャキッと美しい花たちを見られるんだろうな。
SampoAikagi20140626 145109.JPGSampoAikagi20140626 145036.JPGSampoAikagi20140626 145215.JPG
紫陽花が集めて植えられている一角もあった。
SampoAikagi20140626 143938.JPG
これまたいろんな形や色。
SampoAikagi20140626 143926.JPGSampoAikagi20140626 143951.JPGSampoAikagi20140626 144010.JPG
SampoAikagi20140626 144035.JPGSampoAikagi20140626 144052.JPGSampoAikagi20140626 144146.JPG
梅雨時の花って、花菖蒲にしても紫陽花にしても、色合いがなんとも梅雨っぽい。
水溶性パステルカラーみたいな感じ。
うん、今年は見られたぞ、よかった(^-^)。
これが終わったら、今度は田んぼの稲の緑。
SampoAikagi20140626 145903.JPGSampoAikagi20140626 145830.JPG
日本の夏の始まりだ。

さてと、合鍵作りに行かなくちゃ。
どこへ行こう?
コピーキーって以前トラぶった事があるんで、ちゃんと仕事してくれそうな所じゃないとダメ。
瑞穂のジョイ本もなら間違いないけど、今回は近場で狭山ヶ丘のオリンピックに行ってみるか。
ちょうどワールドカップもやってる事だし。
細い道をノロノロ走ったり、バイパスを全開で走ったりして、ブブブイーンと到着。
SampoAikagi20140626 152059.JPG
工具コーナーにいる係の人に合鍵作製をお願いしたら、案の定「コピーキーからの合鍵はトラブルを起こす可能性があるので、お受けできないんです」と一旦は断られたけれど、「それは理解した上でお願いします。作ってみてダメでもクレームはつけませんので。」と言ったらやってくれた。
それも、案の定、すごく丁寧に作業してくれたので、出来上がりは見事なもの。
SampoAikagi20140626 153813.JPG
ま、心ある職人や技術者の仕事っていうのはこういうものだわな。
感謝(-人-)。

さ、昼、食お。
久しぶりにロッテリアに寄ってみた。
SampoAikagi20140626 154927.JPG
アイスコーヒー210円+ハンバーガー120円+エビバーガー340円。
SampoAikagi20140626 155440.JPGSampoAikagi20140626 155624.JPGSampoAikagi20140626 160041.JPG
あれ?
素材やレシピがずいぶん変わっちゃったのかな?
それとも、この店舗の作り手がセンス無いのかな?
以前のロッテリアは、イイ個性があったのになぁ…。
やっぱりエビ寄せフライ系のバーガーは、ダントツで初代のカイザーシュリンプが美味かったよなぁ…。
ごちそうさまでした(-人-)。

あとは近場をグルグルして、最後に西武ドームにあいさつ。
SampoAikagi20140626 162637.JPG
あんな形で伊原監督をシーズン途中でクビにして、仮に選手たちが解放感から伸び伸びとプレーして最下位脱出して今シーズンを終えたとしても、ライオンズは来年からどうするの?
どんな監督のもとで、どんな野球をしながら、次の黄金時代を作るつもりなんだ?
西鉄ライオンズからイメージされた野武士野球なるデタラメ野球じゃ、間違いなく勝てないよ。
勝てなくても、客来ればいいの?
もし、来年、フロントやベンチがそんな恥ずかしい野球を模索するようなら、西武ライオンズの創設以来の高い志は死に絶えたものと考えて、僕はライオンズファンを辞める!
ライオンズは、コツコツとキチンとした野球をやれ!
ろくすっぽ野球を知らない似非ファンの声など無視しろ!
ライオンズは孤高の獅子たれ!

そんな梅雨の晴れ間の1日であった。

2014年06月22日

青カブ君エンジンオイル交換@31880km

メーター読みで31880km時、SUNOCO/RED FOX/FULL SYNTHETIC/MA/10W-40、0.7l使用。
(前回は、4/16、31564km時。)

昨夜から降り続いた雨は、14時過ぎにやんだ。
あ〜ぁ、せっかくの完オフ日だったから、お日様の下で気晴らしツーリング行きたかったなぁ(-Д-)。
ま、ウチにいればいたでデスクワーク系の仕事が2つ片付いたのは事実だが、それでは何やら仕事に負けている感じで口惜しいではないか!
激おこプンプン丸ヾ(#*Д*)/″。

そこで、青カブ君のエンジンオイル交換をしてやる事にした。
SUNOCOのフルシンセ赤い狐を入れるのだ。
今交換してやれば、この夏は充分もつだろう。

積算走行距離31880km。
Oil@31880km20140622 172649.JPG

前回交換から316kmしか走っていないので、廃油はそんなにひどく汚れてはいない。
Oil@31880km20140622 173656.JPGOil@31880km20140622 174229.JPG
ただ、その割りには、ドレンボルトのマグネットに黒く付着した物の中に金属的キラキラ物が多い気がした。
Oil@31880km20140622 173143.JPGOil@31880km20140622 173224.JPGOil@31880km20140622 173348.JPG
クルマ用10W-30のエンジンオイルのカブへの流用は、冬場はいけても、暖かい時期にはやっぱり避けた方がいいのかもね。
言わずもがなの感想だけどさw。

じっくりと古油を抜いてから、さぁ、いよいよSUNOCO/RED FOXの投入。
Oil@31880km20140622 174516.JPG
この新しいパッケージになって、赤い狐は「部分合成」と「全化学合成」の2種類になったけれど、コレは後者。
ちょいと高いヤツv(^-^)。
ま、値段うんぬんよりも、以前の赤い狐はすべてフルシンセで、そのフィーリングがとても良いと感じて使ってきたんだから、今さらセミシンセに鞍替えする気にはなれないだけの話だな。
ジョッキで0.7リットル測ってエンジンに入れて、すこしアイドリングさせてから、オイルゲージで油量チェック。
よし、ドンピシャ。

それにしても、このオイルを入れると、エンジンの音や回り方がハッキリ変わる。
Oil@31880km20140622 183010.JPG
アイドリングさせて、軽くアクセルを煽るだけでも、違いが分かる。
強烈な信頼感がある。
これなら夏の山道も安心だ。

昨日21日は、夏至。
今日も、18時半になってもまだぜんぜん明るい。
Oil@31880km20140622 182957.JPG
夏だな。
雨さえ降らなければ、色々出来る季節の到来だ。
あ、やぶ蚊もたくさん到来したから、夕方の作業の時はそれなりの準備しなきゃいけません。
半ズボンで作業したんで、両足カイカイです。

残念

7時10分起床。
しかし外は昨夜からの雨が降り続いている。
富士吉田の天気予報も、昨夜と変わってる。
FujiYoshidaWeatherToday.jpg
この降りが1日中続く中、カブで山道はキビシイな…。
久しぶりのmucchi会、すごく楽しみにしていたけれど欠席させてもらおう。
本番も近いので、雨の中バイクで走ってコケると、かなりマズイもので(>_<)。

2014年06月21日

着たら巨大なみかんになると思う

明日22日、mucchi総裁主催による「小排気量友の会 例大祭 そんなことよりおうどんたべたい」が開かれる。

この日に仕事がない事は先週末に確定したので、取り急ぎ参加表明させてもらい、その後すぐに雨ガッパを発注した。
昨夏に買ったホンダの赤いヤツは、ボウズにやってしまったので、新たに自分用が要るのだ。
ヤフオク経由でコミコミ5271円。
今夜、仕事から帰宅したら届いていた。
RainWear20140621 221914.JPG
サイズデーター的には5Lでイイかなと思ったのだが、実際着てみたら、ちょっとデカい;。
RainWear20140621 221933.JPG
ま、いいや、大は小を兼ねるだw。
細部の作りはまあまあなので、1回着ただけで破れそうな感じはしない。
RainWear20140621 221953.JPG
あ、中国製じゃなくて、ベトナム製かぁ。
RainWear20140621 222154.JPG
う〜ん、この微妙微弱な安心感は何だ?w

これで準備は万端だけど、明日、あまり雨が降らない事を祈ろう。
20140622FujiYoshidaWeather.jpg
レインウェアって、着ると暑くて汗出て全身蒸れるから、大キライなんだわ(>_<;)。

2014年06月14日

しょうぶ

CA3I01630001.jpg
新秋津駅に貼ってあったポスター。
東村山菖蒲まつり」。
そか、今月は北山公園でコレやってるんだね。
時間みつけて見に行かなきゃ。

ホースクリップまとめ買い

ザックス整備のために、ホースクリップをまとめ買いした。
ステンレス製の6Φ,8Φ,10Φを10個ずつと、ピアノ線製で耳の少し大きな9Φを5個。
HoosClip20140614 000859.JPG
持ってれば、他のバイクにも使えるからね。
でも、たぶん、これで一生分だと思うw。

2014年06月07日

ザックス用ハロゲンバルブ到着

今日は土曜オフ日なのだが、昨夜からずっと雨。
降ったり止んだりだが、とてもじゃないが梅雨のシトシト雨って感じじゃない。
関東のいたるところで大雨警報発令中。
ほんとは西東京の実家へ行ってザックス整備をしたかったのだが、ヘタに屋外作業して大雨にのまれたらイカンので、本日はウチでデスクワークだ。
来月の女声合唱団のコンサートのチラシを刷ろう。

あ、荷物が来た。
HalogenBulb12V15WP26S1853yenTouchaku20140607 160711.JPG
貼られたシールに“Bulb”と書かれているから、先日eBay発注したザックス用のハロゲンバルブだろうな。
早速開封。
HalogenBulb12V15WP26S1853yenTouchaku20140607 161058.JPGHalogenBulb12V15WP26S1853yenTouchaku20140607 161218.JPGHalogenBulb12V15WP26S1853yenTouchaku20140607 161241.JPG
5月31日に発注して6月7日到着なんだから、やっぱりたいしたもんだよ、ドイツのモペッド屋さん(^-^)。
では、送料等込み12.70ユーロのハロゲンバルブを観察してみよう。
刻印を見ると、“GERLUX”というメーカーの製品らしい。
ドイツの保安基準認証マーク“E1”も記されているので、たぶんドイツ製で、そうヘボな物ではなさそうだ。
HalogenBulb12V15WP26S1853yenTouchaku20140607 161429.JPG
12V 15Wで、口金の規格はP26S
HalogenBulb12V15WP26S1853yenTouchaku20140607 161514.JPG
全体の作りは、思っていたよりイイ。
HalogenBulb12V15WP26S1853yenTouchaku20140607 161629.JPG
こんな小さなハロゲンバルブ、どのくらい長く使えるんだろうね?
付けて走ってすぐ真っ黒って恐れもあるけど、ま、健闘を祈ろう^^。

2014年06月05日

ザックスの点火プラグ交換準備

公道復帰までもう一息と思われるところまで来た我がザックス/オプティマ50。
あとやらなきゃいけない事と言えば、まずはギアオイル交換。
そして、アイドリング調整。
そだ、スパークプラグも点検・交換した方がいいな。
…とそんなわけで、ザックス用のスパークプラグを購入した。

ドイツ語マニュアルによれば、オプティマ50の指定プラグは、BOSCH/WR4AC または NGK/BR8HS。
ただ、ネット情報によると、日本で売られていたオプティマ50には BR7HS が挿されているらしい。
おそらく、日本の50cc原付の制限速度30km/hではその方が合うという、輸入販売店の判断なのだろう。
でも、この際なので、熱価の違う3本を用意しておく事にした。
Plugs.JPG
BR7HS,BR8HS,BR9HS。
このうち、まずは BR8HS を装着してみるつもりだ。

暇なので、ついでに久しぶりにシックネスゲージを取り出して、ギャップ調整。
PICT0004.JPG
マニュアル記載の指定ギャップは0.5mmなので、0.508mmのゲージを使って行なった。

ほい、準備完了。

2014年06月01日

ザックス/オプティマ50 ギアオイル交換についての予習

ようやく公道復帰が見えてきた我がザックス/オプティマ50。
MirrorSetting@76km20140601 171444.JPG
復帰を果たした暁には、すぐにでも実家の西東京からココ埼玉県南部へ自走してこようと思うのだが、そのためにはあと一つ、やっておかねばならない事がある。

ギアオイル(ミッションオイル)の交換である。

ドイツ語のマニュアルでは、このモペッドのギアオイルについて次のように書かれている。
GearOil@76km20140601 223657.JPG
試訳しよう。

+++++

ギアオイル点検

エンジンを1,2分アイドリングさせる。エンジンを止め、車体を真っ直ぐ(水平)に立てる。ギアボックス内の油面が、透明な点検ネジ窓(1)の下端よりも下にある場合は、点検ネジ窓を回し外して、SACHS-Special-Getriebeöl(ザックス・スペシャル・ギアオイル)を注入し、あらためてギアオイル点検をすること。ギアオイルを入れ過ぎた場合は、オイルが点検穴の下端になるまで排出せよ。

新車時ギアオイル量 300cc SACHS-Special-Getriebeöl
(パーツNo. S00 0263 014 002)

あるいは

SHELL Donax T6
ESSO ATF 55
OPTIMOL-ATF-SUFFA
TEXAMATIC 1585
MOBIL-Fluid 200 Y
BP-Automatic Transmission Fluid
Deutz-Öl HY F
SUNOCO Transmatic Fluid AQ-ATF 737 A
CASTROL-TQ

これらを、このギアオイル点検の項目に書かれているように注入すること。
オイル交換は必要ではない。

+++++

オイル交換は必要じゃないと言われても、やりたくなるのがバイクマニアw。
それは、おそらく潔癖で几帳面と言われる日本人の僕だけではなく、海外でも同様らしい。
YouTubeには次のようなギアオイル交換動画がアップされていていて、世界中のザックス・モペッドのオーナーが参考にしている。

僕も基本的にはこのやり方でいくつもりだ。

ただし、注入には、ギアボックス上部でアルミ製のネジでふさがれている注入口を使おうと思っている。
CarburetorKoukan@74km20140525 150553.JPG
使用するのは、手元にある“BP/Autorun MP”。
GearOil@76km20140601 223452.JPGGearOil@76km20140601 223524.JPGGearOil@76km20140601 223542.JPG
コレって、ほんとはTL125のフロントサスのオーバーホール時に注入する予定で買ってあったのだが、たぶんそれより先にザックスに使われる事になる。
ま、両方の作業に使っても量的にはまだ余るくらいだから、ザックスの2速MTのオイルがATF指定でラッキーだったわ^^。

ともかく、なるべく早めにやるぞ!

原動機付き自転車ザックスに新ミラー取り付け@76km

ザックスにもともと付いてきたミラーがあまりにボロかったので、昨夏、ドイツから新しいミラー2本を取り寄せてあった。
Mirrors20130819 173758.JPGMirrors20130819 173931.JPGMirrors20130819 173958.JPG
今日、そのミラーも取り付けてみた。

積算走行距離76km。
SachsRuns@74km20140601 172103.JPG

取り付け金具が昔ながらの自転車用っぽくてややこしいのと、ナットが13mmなんて珍しいものなので、作業にはけっこう手間取る。
MirrorSetting@76km20140601 170315.JPG
でも、なんとか付いた。
MirrorSetting@76km20140601 170306.JPG
う〜ん…。
う〜ん…。
う〜ん…。
ダメだ、いくらなんでも仰々し過ぎる。
しかも、ザックスってただでさえハンドル回りがゴチャゴチャしているのに、ミラー2本も足しちゃうとゴチャゴチャ感の極み。

やめた!
1本にする!

そんなわけで、こんな風になりました。
MirrorSetting@76km20140601 170710.JPGMirrorSetting@76km20140601 170728.JPG
ま、基本的に追い越し車線は走らないから、問題無かろう^^。

ザックス ヘッドライトユニット交換@76km

ザックスに今まで付いていたヘッドライトは、こんな感じだった。
Check20130713 164106.JPGHeadLightUnitKoukan@76km20140601 155422.JPG
ザックスで夜間走行する事もそんなにないだろうけれど、やはりもう少しキラッとしていて欲しいところだ。

では、一昨日の夜中にシコシコ磨いたヘッドライトユニットと交換しよう。

左右のボルトを抜くと、ユニットは簡単に外れる。
HeadLightUnitKoukan@76km20140601 155601.JPGHeadLightUnitKoukan@76km20140601 155715.JPG
ユニット裏下部のコネクターには、こんな色のリード線が挿されていたから、取り付けの時に気をつける事。
HeadLightUnitKoukan@76km20140601 155806.JPG

新旧ユニットを見比べる。
HeadLightUnitKoukan@76km20140601 160046.JPG
写真で見る以上にハッキリ違う。
これなら、交換の効果はそれなりにあるだろう。

積算走行距離76km。
HeadLightUnitKoukan@76km20140601 172059.JPG
磨かれたユニットを取り付けて、エンジンをかけてみる。
HeadLightUnitKoukan@76km20140601 160501.JPGHeadLightUnitKoukan@76km20140601 160443.JPG
うん、スッキリした。

ザックス純正警音装置取り付け@76km

積算走行距離76km。

とりあえず走行可能状態になったので、約1年前に取り寄せたザックス純正の警音発生装置を取り付けた。
BellSetting@76km20140601 163414.JPG
レバーを引くと、チリリリリン!!
けっこうデカい音がするよ(o^-')b。
なんてったって、“SACHS BIKES”のロゴが誇らしいw。

とりあえず走ったぞザックス@74km

日曜オフ日。
午前中から昼過ぎまでは、樹脂製パイプ支えが変形破損してしまった古い洋服ダンスの修理と、これまた樹脂製の穴が破損した家人用のクルマのリモコンの加工をして過ごした。
室内作業だが、夏のような暑さのため、Tシャツ2枚が汗でびっしょり。
うん、両方とも上手くいったので、これはこれで充実した作業だったな^^。

そして14時過ぎ、こんどは青カブ君に乗って西東京の実家へ。
SachsRuns@74km20140601 141137.JPG
ザックスのエンジンがかかるか否かを確認するためだ。
こないだキャブ交換をした際にキーを忘れてしまったものでね(>_<;)。

実家に着いてすぐ、バイクカバーをめくってザックスの足元をチェック。
SachsRuns@74km20140601 145251.JPG
ふむふむd(^-^)。
燃料コックは敢えて「AUF=開」のままにしておいたけど、1週間経ってこの様子なら、キャブレターからの漏れは直ったと考えて良いだろう。

では、エンジンをかけてみよう。
今回は忘れずに持ってきたキーを挿してひねる。
SachsRuns@74km20140601 154653.JPG
そして、キック!
SachsRuns@74km20140601 154713.JPG
よし、かかったぁ(^o^)/。

一旦エンジンを切り、近所の都所有空き地まで押して行って、走行テスト。
おぉ、走る走る!
なかなか力強いエンジンじゃん、コレ。
ただし、少しやかましくて、乗り心地が硬くて、操作法がややこしくて怖いw。
左手クラッチ&グリップシフターも、ペダルを逆回転方向に踏んでかけるリアのコースターブレーキも、そうとう慣れが要るだろうなぁ。
でも、慣れたらこっちのもんだ!w
こんなヘンな原付乗ってるオッサンなんて、日本にそんなにたくさんいないだろうから、すこぶる立派な変わり者になれるのは間違いない(o^-')b。

あ、そうそう。
このオプティマ50、エンジンを切って、グリップシフトの位置を「2」に少し入ったあたりにすると、自転車のようにペダルをこいで走れる。
SachsRuns@74km20140601 155127.JPG
ただ、重くて遅い。
これで1km走れと言われても、僕はたぶん断る。

空き地をぐるぐる1km少々試走。
SachsRuns@74km20140601 172103.JPG
キャブといっしょに交換したスピードメーターも、ちゃんと機能してるぞ、めでたい。

そんなわけで、とりあえず走るようにはなった。
ただ、アイドリングはイマイチ安定しない。
もっとちゃんと調整しなきゃダメみたいだな。
でも、ほのかに明るい明日が見えてきたぞ^^。