2014年03月30日

メーカーは小排気量車を見切ったのか?

CA3I13530002.jpgCA3I13540001.jpg

日曜オフ日。
あいにく朝から雨だったが、ボウズと2人で「東京モーターサイクルショー2014」へ行ってきた。

1年ぶりの東京ビッグサイト。
天候不良の為、屋外の試乗イベントなどは中止らしいのだが、その割りに人が多いのにはちょいとびっくり。
最終日のせいもあるのだろうが、さすが多少の風雨などにはくじけないライダーたちだw。
年齢層も低くないから、みんな濡れてもいいようなどうでもいいようなカッコしてるしねw。

さて、肝心の展示なのだが、メーカーのブースはどこも大排気量車中心。
昨年はもっと50〜125ccの原付や250cc車もあったような気がするのだが、激減した。
とくにホンダがCB1100をメインにして、原付は「グロム」だけ。
カブが1台もいないホンダのブースって、この種の催し物では初めて見た気がする。

全体として、これなら「モーターショー」の方がバラエティーに富んでいて面白いだろうなぁ、と思った。
ちょっと残念だった。
posted by REI at 17:33| Comment(2) | 〜いろいろもろもろ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

K50まほろば号のシート交換@14262km

今日は朝からずっと雨。
昨日までの暖かさと打って変わって、肌寒い。
SeatKoukan@14262km20140327 165949.JPG
だが、夕方、雨も止んだので、ちょいとK50のシート交換をしてやった。

積算走行距離14262km。
SeatKoukan@14262km20140327 165941.JPG

K50のシートは、シート後方下部で左右1本ずつのボルトによって固定されているだけ。
SeatKoukan@14262km20140327 170010.JPGSeatKoukan@14262km20140327 170029.JPGSeatKoukan@14262km20140327 170154.JPG
その2本を回し抜けば簡単に外れる。

新旧のシートを目視比較。
SeatKoukan@14262km20140327 170355.JPGSeatKoukan@14262km20140327 170453.JPG
デザインや寸法はほぼ同一だが、大きな違いはシートフレームの材質。
今まで使ってきたシートのフレームは金属製なのだ。
SeatKoukan@14262km20140327 170516.JPG
シートフレーム前部とボディーとの固定部分には金属製の金具がスポット溶接されており、シート表皮のフレームへの固定もタッカーではなく金属爪で引っかけてある。
SeatKoukan@14262km20140327 170506.JPGSeatKoukan@14262km20140327 170536.JPGSeatKoukan@14262km20140327 170654.JPG
率直に言って、「物」としての魅力はこのオリジナルシートの方が上。
しかし、泣く子と破れには勝てない。
近代的な樹脂フレームシートと取り替える事にしよう。
古い方はもちろん保管しておいて、将来この新中古シートの表皮も破れたら、今度はオリジナルシートの方を張り替えて使えばよかろう。

シート下に溜まっていたホコリ汚れを掃除。
SeatKoukan@14262km20140327 170844.JPGSeatKoukan@14262km20140327 171304.JPG
そして、取り付け。
SeatKoukan@14262km20140327 171729.JPG
よし、絆創膏無しの姿に戻った^^。
SeatKoukan@14262km20140327 171914.JPG
うん、凛々しいv(^-^)。

それにしても、早くエンジン修繕してやらないとなぁ、まほろば号。
今のままじゃ焼き付きの再発が怖くて、長距離ツーリングには行けないから。
ただ……、時間も無い上に、資金的にも厳しくてねぇ(>_<;)。
時折、貧乏の寂しさをズシンと感じる。
春だからか?
体重のせいか?
posted by REI at 18:10| Comment(2) | K50ーシート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古美品化

先日入手したK50の中古シート。
ウェットティッシュで全体を拭いて、次にガラスクリーナーと雑巾で掃除して、デイトナのバイク専用クリーナーとウェスで磨いて、タッカーでフレーム内側の表皮固定部を手当てしたら、うん、いわゆる「中古美品」くらいにはなりました。
SeatCleaned20140327 042226.JPGSeatCleaned20140327 042302.JPGSeatCleaned20140327 042335.JPG
めでたし。
posted by REI at 04:32| Comment(0) | K50ーシート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

K50用中古シート早くも到着

20時過ぎ、宅急便が来た。
K50seat Touchaku20140324 214719.JPG
着払い送料950円。
思ったより300円くらい高かったけど、ま、仕方ないか。

中味は、一昨日ヤフオクで落札したK50の中古シート。
K50seat Touchaku20140324 214818.JPG
茨城県からの発送で中1日の到着なんだから、関東は狭くなったw。

早速納品チェック。
K50seat Touchaku20140324 215039.JPGK50seat Touchaku20140324 215127.JPGK50seat Touchaku20140324 215158.JPG
薄汚れてはいるけれど、表皮に破れや裂けは皆無。
K50seat Touchaku20140324 215303.JPGK50seat Touchaku20140324 215311.JPGK50seat Touchaku20140324 215400.JPG
フレーム内側の表皮固定部に少し浮きがあるのであとでタッカー打ちを追加するとして、それ以外はイイ状態だろう。

樹脂製のシートフレームには、「45111-22020」という部品番号らしき浮き文字がある。
K50seat Touchaku20140324 215327.JPG
手元のK50パーツカタログ1993-3版では、シートアッシーは「45100-22020-48H」。
1991-1版のK90パーツカタログでも「45100-22020-48H」。
つう事は、「45111-22020」は、何らかのカイゼンの為された新バージョンなのか?
ま、ともかく付けば文句は言わん。
posted by REI at 22:45| Comment(0) | K50ーシート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

ザックスの中古パーツ3点

夕食を済ませてノンビリしていると、荷が届いた。
Parts20140323 215719.JPG
電子レンジの箱だけど、中身は違う。
Parts20140323 220006.JPG
ヤフオクで落札した、ザックス/オプティマ50の中古パーツ3点だ。

ヘッドライト、1000円。
Parts20140323 220632.JPGParts20140323 220712.JPGParts20140323 220757.JPG
レンズの白濁は無く、全体にも大きな傷や割れは無し。

ハンドル、100円。
Parts20140323 220508.JPG
これも、曲がり,サビ,塗装剥がれ等無し。
Parts20140323 220554.JPGParts20140323 220531.JPGParts20140323 220541.JPG

これも全部で100円。
Parts20140323 221006.JPGParts20140323 221044.JPGParts20140323 221106.JPG
左手のクラッチレバー,グリップシフト,チョークレバーとそれらのケーブル。
持っていても使わないかもしれないけれど、100円だったら買っといて損はないだろう。

これらに、荷造り送料1260円と送金手数料98円が加わって、合計2558円。
この手のレア車のパーツとしては、お買い得だったと思っておこう。

「バイク専用シートクリーナー」を使ってみた

昨日届いた「デイトナ/バイク専用シートクリーナー」を使って、シートを掃除してみた。
SeatCleaner20140322 120954.JPGSeatCleaner20140322 121041.JPG

まずは青カブ君でテスト。
パラノイア的に掃除してきたから、使用前もそんなに汚くない^^。
SeatCleaner20140323 134735.JPGSeatCleaner20140323 134746.JPG
ボトルをよく振ってから、シートに振りかけて、古歯ブラシで塗ってみた。
SeatCleaner20140323 134906.JPG
「ポリメイト」のようなシャブシャブの液体かと思っていたら、さにあらず。
粘性のある液体で、液体ワックスのような感触だ。
ただし、あまり薄く塗り伸ばせる感じじゃなくて、昔風に言うと半練りワックスのゆるいヤツみたい。
シートフレーム内側への折り返しや表皮末端固定部にも塗布。
SeatCleaner20140323 135251.JPG
見た目と同時に保護も大切だからね。
全体にブラシ塗布の後、ボロ布で軽く擦り磨き。
ほぉほぉ、しっとりした黒さになったじゃん。
SeatCleaner20140323 140155.JPGSeatCleaner20140323 140217.JPG
表よりむしろ内側の変化の方がハッキリしてる。
SeatCleaner20140323 140245.JPGSeatCleaner20140323 140259.JPGSeatCleaner20140323 140311.JPG
すごいなぁ、なめしたての皮みたいだ。
SeatCleaner20140323 140618.JPG
そして、全然滑りません!!
こんなシリコン溶剤があるなんて、ビックリだよ。
ひょっとすると滑らなさすぎて、短期間で被膜は剥げてくるのかもしれないけれど、そんなのまた塗ればいいだけの話だ。
SeatCleaner20140323 140436.JPG
うん、コレは使える(o^-')b。
シートだけじゃなく、滑っちゃ困る樹脂パーツの手入れにも流用できるだろうな。

ついでに、今家人の里帰りについて行っているボウズの、スクーターにも作業。
SeatCleaner20140323 140815.JPG
こっちの方が、成果はハッキリ出たかな^^。
SeatCleaner20140323 141432.JPGSeatCleaner20140323 141518.JPG
少し白くなってきていた樹脂製キャリアも、黒さ回復。
SeatCleaner20140323 142606.JPG
よしd(^-^)。

前述のように作業効果の持続性は分からないものの、パイクのシートの掃除と艶出しには充分効果があり、乗り手の尻が滑る心配も無い。
ま、あれだ、「デートに行く前に風呂入っとく」みたいな感じで使う分には、文句の無い製品だと思う。
う〜ん、的確じゃない例えだw。

2014年03月22日

K50用中古シート落札

先日、K50のシートの切れが発覚した。
Check20140223 165252.JPGCheck20140223 165314.JPG
とりあえずガムテープで穴を塞いでおいたが、こんな状態で長く乗るのは絶対にイヤだ。
Check20140223 165440.JPG
尻に穴が開いているズボンで街中を歩くより、ずっと恥ずかしい。

中古シートが出ないかとヤフオクをマメに覗いていたら、出た。
最初は2000円。
でも、締め切り3時間前に競合者が出てきて、結局、2450円+クロネコヤマト送料着払いで落札。
K50seat-1.jpgK50seat-2.jpg
高くはないが、安くも無い。
うたい文句通り、切れや破れの無い美品だとすると、まあまあの買い物だろう。

心静かに到着を待とう。
posted by REI at 23:04| Comment(0) | K50ーシート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安価なる汎用保持具と二輪車専用座席清掃剤の購入

ニッコリ顔のモノタロウからの荷が届いた。
UnversalHolder20140322 120423.JPG

今回買ったのは、これら。
UnversalHolder20140322 120918.JPG
左から、コピー用紙,バイク作業にクッキングペーパーを借用すると不機嫌な家人が更に不愉快で不快な顔になるので機械イジリ用のタオルペーパー,ユニバーサルホルダー,油膜取りウォッシャー液,バイク用シートクリーナー,フェリオ用ワイパーブレード。

このうち、今回の目玉はユニバーサルホルダー。
UnversalHolder20140322 121315.JPG
ボウズのスクーターの整備にはあると便利だろうし、僕自身も以前から欲しかったしね。
UnversalHolder20140322 121328.JPGUnversalHolder20140322 121354.JPG
でも、高いのはもったいないから、モノタロウのオリジナルブランド「大阪魂」のもので1145円。
UnversalHolder20140322 121406.JPG
安物だから中国製かと思ったら、信頼の台湾製だったので、ちょっと儲けた気分^^。

あと、コレも注目w。
SeatCleaner20140322 120954.JPG
経年変化と乗り手の体重によるシート表皮の痛みが怖くなってきたので、そのケアに使ってみようと思うのだ。
樹脂の保護にはシリコンが有効。
だが、ポリメイトみたいなシリコン系保護剤を使った日にゃあ、滑ってしょうがない。
で、今回のコレ。
SeatCleaner20140322 121041.JPG
デイトナの「バイク専用シートクリーナー」というもので、「●滑らないバイクシート専用クリーナー&ツヤ出し剤です ●汚れ取りと同時に保護と潤いを与えます ●紫外線やオゾンによる劣化から守り、色あせを防止します ●キルティングや縫製のへこみに入った汚れも浮き上がらせて落とします」といううたい文句。
成分は、「陰イオン系界面活性剤,両性界面活性剤,特殊シリコン」。
998円もするけど、もしもうたい文句通りだとすると、夢のような製品ではないか(^o^)/。
夢がかなう事を祈ろう(-人-)。

2014年03月10日

良くなってきたじゃんボウズ号

仕事から帰宅すると、ボウズがレッツUをいじっていた。
AirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 163107.JPG
ミラーがサビサビで悲しいから、純正新品に取り換えたのだという。
AirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 164531.JPGAirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 164525.JPGAirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 163050.JPG
1本1260円だったらしいから、長く乗る気なら早めに替えちゃうのは正解だわな。

その他に、先だってエアクリボックスを開けた時にネバネバドロドロになっていたパッキンも新品交換。
こちらは200円くらい。
また、ガソリンタンクのフタのパッキンと給油口側のゴムの輪っかが劣化していたので、新品交換。
これらは全部で700円弱。
あと、シート後部内側でビニールレザーがフレームから剥がれかけていたそうで、こちらはタッカーで補修したとの事。

うん、パーツカタログや物置の工具を活用しているようだな、よしよし(^-^)。
では、オヤジもサービスしてやるか。

地べたに寝転がって、スパークプラグの交換の解説と実演。

ほれ、ココにキャップがあるだろ。
これを引き抜くと、な、ココにスパークプラグがネジこまれてるんだ。
これを、このプラグ用ソケットとソケットレンチで回し外す。
外したこのプラグ、汚れ方は適度だけど、接地電極がかなり痩せてるねぇ。
たぶん、これまでずっと交換されて無いんだろうな。
レッツUの標準プラグはNGK/BPR6HSで、僕のK50と同じ。
だから、以前K50で使って外してあったイリジウムプラグを付けてやろう。
でも、プラグ交換しなくても今まで実用上問題無く走ってきたという事は、このスクーター、機関自体の調子はずっと良かったんだろう。
たぶんどっかの年寄りあたりが大切に乗ってたんだろうから、オマエも大事にしてやれよ。

中古イリジウムプラグ装着後、ボウズに試走させてみる。
「どう?あんまり変わらないか?」
「いや、変わったよ。なめらかになった。」
そりゃ、ようござんした^^。

せっかくなんで、ちょいと観察。
さすがに前カゴは外したんだねw。
AirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 164508.JPG
外装パネル類は、13年物としてはアッパレな状態。
AirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 164514.JPGAirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 164405.JPG
ハンドル回りも、ちょっと磨いたらえらくキレイになったらしい。
AirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 164538.JPGAirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 164257.JPGAirBoxGasket-Miror-Plug Koukan20140310 164546.JPG
けっこうけっこう(^-^)。

2014年03月09日

レッツUのマニュアルたち

ボウズ号レッツUのお決まり資料が揃った。
Manuals20140309 204118.JPGManuals20140309 204301.JPGManuals20140309 204422.JPG
取扱説明書とパーツカタログは、ヤフオクで中古をゲット。
サービスマニュアルは、某バイクショップチェーンの通販で新本がなぜか古本より安い値段で出ていたので、それを取り寄せた。
もちろん持ってなくても良いものだけれど、でも、ボウズにはこれから末永くバイクやクルマを少し深めに好きになって欲しいから、敢えて数千円の追加投資をした。
早速近所のスズキのショップへ行っていくつかパーツ注文したらしいから、効果はあったようだ。
ま、がんばれ。

2014年03月06日

ボウズ号に乗らせてもらった

仕事から帰宅してまだ日があったので、ボウズにレッツUのエアクリーナーフィルターのチェックをさせてみた。
オヤジはなるべく手を出さず作業をそばで見ながらアドバイス。
サービスマニュアルとパーツリストは買い与えてあるので、自分でエアクリボックスの場所を探させ、ネジを外させ、エアクリフィルターの様子をチェックさせた。
AirFilterKoukan20140306 211939.JPG
案の定、劣化顕著。
AirFilterKoukan20140306 212000.JPGAirFilterKoukan20140306 211954.JPGAirFilterKoukan20140306 212021.JPG
指先で表面を撫でるとカステラのようにボロボロとしたササクレができるし、染み込んでいるはずのオイルも下の方に落ち溜まってしまっている。。
このレッツUは2001年式だから、たぶんこのフィルターも12,3年物だ。
「いいか、こうなってたら交換した方がいいからな。」
中国製の安価な社外品フィルターを買ってあったので、それに2ストオイルを染み込ませて、良く絞ってよけいなオイルを抜いて、取り付け。
あ、エアクリボックスのフタに付いているパッキンが、オイル負けしてベトベトヨレヨレになっている。
とりあえずこのまま戻しておくけど、これも交換しなきゃダメ。
パーツリストで部品番号を調べて、スズキのショップに行ってきな。
2ストオイルも、スズキの“TYPE 02”を満タン状態まで補給しておいた。
「あと、大切なのは、作業したらその日付と走行距離をメモしておく事。」

作業後、ちょっと試乗させてもらった。
うん、エンジンやサスは問題無い。
車体全体の剛性感も、しっかりしている。
たぶん7000kmチョイという積算走行距離は正しいだろう。
ただ、停止時からのスタートで、アクセルをひねってエンジン回転が上がり始める時に、リアの方でちょいとガタガタと震動がする。
走行状態になると快適なのだけれど、これは要注意事項だな。
スクーターの機構って僕はまだイマイチわかっていないのだけれど、今回のフィルターの様子を見るにつけ、出品者の「問題のあった消耗品類はすべて新品交換済みです。」という売り言葉は丸々信じちゃいけない感じはするw。
ま、とりあえず実用上は問題無さそうだけどさ。

それにしても、マニュアルじゃないバイクって、なんて違和感があるんだろう。
加速していくとクラッチやギアを探したり、右足でリアブレーキかけようとしたり、止まる時もクラッチとギアを探す。
身体が勝手な事をする。
こんな物を常用したらますます退化が進みそうだから、基本的に僕は乗らないっとw。

2014年03月02日

ボウズ号納車

21時過ぎ、弱い小雨の中、軽トラでボウズ号が運ばれてきた。

車体番号 CA1PA-258+++
メーター上の積算走行距離 7024km

簡単に動作チェック。
全て問題無し。
雨の夜だから外観状態は細かくチェックできないけれど、ざっと雑巾で拭いて目視した限りでは小キズが少しある程度のキレイなものだ。
まだバイクカバーが来ていないので、大きなポリ袋を3枚ガムテープでつないでかぶせておいた。

添付書類は販売証明書なので、ネットでダウンロード印刷した登録書類とともにボウズに記入指導。
この2枚と印鑑を持って市役所行って登録してナンバーもらって、コンビニや郵便局で自賠責保険に入ってシールをナンバープレートに貼れば、公道を走れるぞ。

プラスチックボディーを磨く時は、こっちのコンパウンド。
無塗装の金属部品を磨くなら、これ。
塗装してあるものを磨くには、これ。
これは液体ワックス、こっちはペースト状の練りワックス。
これは循環浸透性のオイル、これはグリース、こっちはモリブデンっていう潤滑剤入りのグリース。
あと、2ストオイルはこれ、こっちは4ストオイル。

ま、こんなとこで、だいたいいけるかな。
あとは自分でやってみな。
分かんない事があったら、訊きなさい。