2013年05月31日

K50 コンロッド小端ベアリング発注

今日の午後、近くの「スズキワールド」で、K50コンロッド小端用のベアリングを発注した。
K50 bearing.JPG
[4] 09263-12023 ベアリング,12x16x16 386円

明後日には着くらしい。
posted by REI at 17:05| Comment(0) | K50−エンジン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K50用オーバーサイズピストン発注

ここ数日、時間を見つけてネットをブラブラして、エンジンのボーリングやらオーバーサイズピストンやらについて分からないなりに勉強して、オーバーサイズのピストンキットを発注する事にした。
スズキの純正オプションを海外から取り寄せる手も考えたが、ピストンセットとピストンピンとサークリップとコンロッド小端べアリングに送料を合わせると8000円を超えてしまうので、せっかくなので日本製の社外パーツを取り寄せてみる事にした。
$T2eC16F,!zQE9s3sqJV-BRLhTPds6Q~~60_1.jpg
eBay経由で、ポーランドのショップに発注したのだが、なんと送料込みで4075円。
国内のメーカーに直に発注するより、1500円くらい安い。
どうなってるんだろ?w
AS0040X-46103_img_a_556184.jpgAS0040X-46103_img_b_142226.jpgAS0040X-46103_img_c_730830.jpg
サイズは+0.25mmにするか+0.5mmにするか迷ったが、こちらのサイトを参考にして、安全策を取ってOS0.5mmを選んだ。
img_piston.jpg
外径:A 41.5mm / 全高:B 51.40mm / ピン径:C 12mm / 圧縮高1:D 30.45mm / 圧縮高2:E 27.00mm / ピン長さ:F 12mm x 34mm

さ、どのくらいの期間で届くかな?
と言うか、ちゃんと届くかな?w
楽しみ楽しみ^^。

コンロッド小端ベアリングだけは、近日中にスズキのショップに行って直に発注しておこう。
posted by REI at 01:32| Comment(2) | K50−エンジン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

K50 オーバーサイズピストン関係

K50について、スタンダードサイズのピストンとリングがまだ取れるのは知っている。

+++++
☆ SUZUKI純正部品:12110-43000 ピストン 3,412円
+++++
☆ SUZUKI純正部品:12140-16B10 リングセット,ピストン 1,995円
+++++

では、オーバーサイズ物についてはどうなんだろう?
Webikeに見積もりを頼んでみた。

+++++
1. SUZUKI 品番[ 12103-43820-050 ] ピストンセットOS0.5 廃盤
+++++
2. SUZUKI 品番[ 12103-43820-100 ] ピストンセットOS1.0 廃盤
+++++
3. SUZUKI 品番[ 12110-43000-050 ] ピストンOS:0.5 廃盤
+++++
4. SUZUKI 品番[ 12140-46110-050 ] リングセット,ピストンOS:0.5 廃盤
+++++
5. SUZUKI 品番[ 12110-43000-100 ] ピストンOS:1.0 廃盤
+++++
6. SUZUKI 品番[ 12140-46110-100 ] リングセット,ピストンOS:1.0 廃盤
+++++

あらま(°Д°;)。
OSは国内全滅かぁ。

だが、まだ望みはある。
K50エンジンやその派生エンジンを積んだモデルは海外へ数多くの輸出されているから、ひょっとしたら海外からはまだ取れるかもしれない。
で、PARTZILLAを調べてみる。

+++++
☆ 12103-43820-050 SUPERCEEDED BY 12100-35611-050 $34.67
+++++
☆ 12103-43820-100 SUPERCEEDED BY 12100-35611-100 $34.67
+++++

うん、出るわ^^。
“SUPERCEEDED(SUPERCEDED,SUPERSEDED) BY ...”って言うのは、「...に代替された」という意味らしい。
つまり、上記の例でいうと、「12100-35611-050」や「12100-35611-100」が現行部品で、「12103-43820-050」や「12103-43820-100」は一代前の旧部品という事になる。
だから、ほら、現行部品の方が少し価格は高い。

+++++
☆ 12100-35611-050 PISTON,SET OS:0.5 $46.04
+++++
☆ 12100-35611-100 PISTON,SET OS:1.0 $46.04
+++++

また、旧部品にはさらに前の世代の部品もあって、もっとディスカウントされていたりする。

+++++
☆ 12110-43000-050 SUPERCEEDED BY 12103-43820-050 $20.41
+++++
☆ 12110-35613-050 SUPERCEEDED BY 12110-43000-050 $12.61 
+++++
☆ 12110-43000-100 SUPERCEEDED BY 12103-43820-100 $20.41 
+++++
☆ 12110-35613-100 SUPERCEEDED BY 12110-43000-100 $12.61
+++++

これらが、すんなり流用できるのかどうかは分からないし、もちろん設計の古さや経年劣化も考えなきゃいけないだろうけど、使える可能性はあると思う。

どれを発注するにせよ、送料がかかるので実際の値段は1.5〜2倍くらいになるけれど、ともあれこういった部品存在状況なら、ボーリングによるエンジン再修理のセンも考えていいなぁ。
エンジン屋さんって行った事無いのだけれど、ボーリングを依頼する時って、ピストンを用意しおいて「これで組みたいので、合うようにボーリングとホーニングをお願いします」って頼むのでイイのかな?
ま、勉強しよっと^^。
posted by REI at 20:31| Comment(7) | K50−エンジン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

レッグシールドのフタ

先月、紛失してしまった青カブ君レッグシールドのメンテホールカバーの大きい方。
LegShieldCover20130525 144257.JPG
「ノーマルルック」にこだわる者としては、このままではイヤなので、新品を取り寄せた。
LegShieldCover20130525 143515.JPG
色目が違うのもイヤなので、大だけではなく小も。
LegShieldCover20130525 143652.JPG
大;420円、小;236円。
LegShieldCover20130525 145009.JPG
うん、やっぱりこれだぜ(o^-')b。

2013年05月24日

久しぶりの青カブ君出勤

今夜の西東京仕事には、久しぶりに青カブ君で行った。
20130524.JPG
久しぶりのエンジン始動なので多少は拗ねるかと思いきや、なんとまぁキック一発始動。
走りも快調。
先月ニードルクリップを2段目から3段目にしたのが効いて、出だしのトルク感が明らかに向上。
正直言うと時折「やや濃いめよブスス」現象は出るのだが、それを差し引いても、2段目の時よりコッチの方がイイ。
信号待ちからのスタートでクルマにせっつかれないから、ずっと安心できる。
メインジェット#90も平地で今日の気圧だと、まさにドンピシャ。

LED化されたウィンカーも、すこぶる快調。
今までとはまるで別物のように軽々と明滅し、ブザーまで「プープー」と朗らかな口笛を吹く。
こんな風になるなんて、ほんとオリジナルの6Vにこだわって良かった^^。

快適、快走、健気なヤツだぜ、青カブ君(^-^)。

2013年05月23日

K50 キャブスクリュー調整@14074km

ともかくちょっとでも「焼け」対策めいた事をしようと思って、キャブレターのエアスクリューを「1と1/2回転戻し」にした。
以前の作業で「1と3/4回転戻し」という開け気味(混合気ガソリン濃度薄め)にしたのを、サービスマニュアル通りにしたのだ。
CarbAdjust10389km2010_0605_160245.JPG
エアスクリューは、エンジン下部右前方の黒くて丸い樹脂カバーのうち外側のを外したら、その穴の中に居る。

そして、スロットルストップスクリューも再調整。
CarbAdjust10389km2010_0605_155641.JPG
K50の規定のアイドリング回転数は、1400rpm。
ちなみに、コレダスクランブラーは、1600rpmらしい。

積算走行器距離14074km。
SampoCheck41km20130523 152834.JPG
ほんじゃ、しばらくは通勤専従で頼むわ、まほろば号よ。

K50 41km走ったBPR7HSの焼け具合

今日は木曜オフ日。
天気予報に反して少し雨が降った午前中だったが、徐々に雲が取れ、13時には気持ちの良い晴天となった。

ほんじゃ、まほろば号でちょっと走ってこよう^^。
SampoCheck41km20130523 131501.JPG
R299やらR407やら県道何たらで、入間・飯能界隈の田舎道をふらふら。
補修からぼちぼち100kmも越えたので、時々フルスロットルもくれてやる。
う〜ん…。
50km/hを夢見ているあたりは以前の元気な頃と大差無いのだが、それを越すと何とも言えず回り方の感触が違う。
やっぱりキチンとシリンダーのホーニングをプロにやってもらって、ピストンを新品交換した方が安心かな。
あるいは、シリンダーをボーリングしてもらって、オーバーサイズのピストンとリングにするとか。
あと、オイル潤滑系も、やっぱり全部チェックしなきゃダメだわ。
こんな感じだと、この夏の盛りの頃にはまた抱きつきそうで怖い。
ともかく、当面、まほろば号での遠乗りは禁止だ。

悩みに満ちつつ、久しぶりに「丸亀製麺」に寄る。
SampoCheck41km20130523 151347.JPG
「ぶっかけ(冷) 大」380円と「野菜かき揚げ」130円と「かしわ天」120円。
SampoCheck41km20130523 150157.JPG
相変わらずシッカリした噛み心地の麺で、美味しい。
ただ、ツユの味は以前より少し濃くなった?
僕の場合、冷たく締めた麺に、だし醤油少々でイイのかもね。
次回はそれでいこう。
ごちそうさまでした(-人-)。

41kmほど走って、帰宅。

オイル吐出量を増やしたから、マフラー後端は、以前より湿っている。
SampoCheck41km20130523 152932.JPG
フラッシュ焚いて撮ると、汚ねぇなぁw。
またそのうち、力入れて掃除してやらなきゃ。

それから、先日付けた新品スパークプラグNGK/BPR7HSの様子をチェック。
SampoCheck41km20130523 153255.JPG
SampoCheck41km20130523 153301.JPG
SampoCheck41km20130523 153309.JPG
SampoCheck41km20130523 153324.JPG
SampoCheck41km20130523 153350.JPG
やっぱりツートンカラーで、ほのかに焼けすぎ傾向な感じがする。
オッサンの気のせいかもしれないけど…(笑)。
posted by REI at 21:09| Comment(2) | K50−点火プラグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

狭山茶どころ

午後、K50の慣らし運転。

クルマに気兼ね無く時間をかけてノンビリ走るために、入間の狭山茶畑へ。
SampoSayamachaBatake20130518 143641.JPGSampoSayamachaBatake20130518 143606.JPG

のどかだねぇ。
SampoSayamachaBatake20130518 141825.JPG
この週末は茶摘み時期なのかな、色んな所で作業してる。
SampoSayamachaBatake20130518 141841.JPGSampoSayamachaBatake20130518 143626.JPG
きれいだねぇ。
SampoSayamachaBatake20130518 142054.JPG
お、ネギボウズがいる。
SampoSayamachaBatake20130518 141335.JPGSampoSayamachaBatake20130518 141342.JPG
青い麦も、サワサワキラキラ。
SampoSayamachaBatake20130518 142852.JPGSampoSayamachaBatake20130518 142909.JPG
がんばれ、日本の農業!
SampoSayamachaBatake20130518 142438.JPG
いいか、政府よ、これから日本の農業を少しずつ輸出産業に転換して地力を付けさせるようにするのがオマエらの役目だからな!
人口が減る上に食物の生産量や自給率を下げてしまったら、強い日本も美しい日本もへったくれもなくなるぞ。
言葉だけじゃなくて、実際にキッチリやれよ、安倍!

そんなこんなで、慣らし運転第2回、40km走行。
前回と合わせて80km弱走ったからとりあえず1区切りついたものとして、これからは荒い運転は避けつつ通常走行モードに移行するとしよう。

K50 スパークプラグBPR7HS装着@13993km

エンジン補修から40km弱慣らしたところで、念のためトルクレンチを使いヘッドナットのゆるみ点検。
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 121917.JPG
うん、異常無し。

では、暫定的に取り付けてあるた中古BPR6HSプラグを外して、電極回りの様子をチェックしてみよう。
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 122041.JPG
おや?
碍子がツートンカラーだぞ。
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 122339.JPG
クルクルクルクル…。
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 122215.JPG
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 122211.JPG
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 122223.JPG
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 122245.JPG
ふむ。
ブラウン部分は良いんだけど、白い所があるのがすごく怖いな;;;。
こりゃやっぱり1番手冷え型に交換しておきましょう。
ただ、まだイリジウムは投入せず、ノーマルプラグで様子見だ。
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 122810.JPG
積算走行距離13993km時、NGK/BPR7HS装着。
SparkPlugBPR7HS@13993km20130518 122842.JPG
よろしくね。
posted by REI at 17:06| Comment(6) | K50−点火プラグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K50 エンジンオイル量チェック@13993km

K50まほろば号、積算走行距離13993km現在の2ストエンジンオイル量は、こんな具合。
OilLevel@13993km20130518 124630.JPG

満タンにしたのは、今年2月9日。
Oil@13732km20130209 144143.JPG
あれから約260km走行で、2割減といったところかな。

これからは少し消費ペースが上がるだろうから、気をつけよう。

2013年05月17日

カインズホームへまほろば号ノンビリ試走

快晴の午後、エンジン補修したまほろば号の走行テストがてら「カインズホーム」の青梅インター店へ買い物に行った。
目的地がホームセンターなら、途中多少何かあったとしても、たどり着けさえすれば何とかなるもんw。

チョークを引いて、キック!
よし、1発始動。
特に異音も無し。
少し長めにアイドリングした後、出発。

いわゆる「慣らし」のため、往きは40km/h未満で走る。
SampoCainzHomeOume20130517 140059.JPG
スタート時も、なるべく回転を上げないように気をつける。
ふむ、ノーマルプラグのせいか、オイル吐出量を増やしたせいか、新品リングがまだ馴染んでいないせいか、エンジンはやや重め。
不調と言うのではないけれど、やっぱり今しばらくはおとなしく走った方が、エンジンの中身のためには良さそうだな。

それにしても、こんな田舎道を選んで走っていても、「順法速度」だと、ほんとに怖い。
道の左端を常にびくびくしながら走って、うしろにクルマが来たら、そいつがどういう風に原付を抜くタイプのドライバーかをミラーで確認しなきゃならない。
せめて「40km/h」に設定し直した方がいいよなぁ、50cc原付の制限速度。
かえって危険だわ。
ただ、「原付の二段階右折」に関しては、僕は肯定派だけどね。

あ、この荒れた藪、何だか分かるかな?
SampoCainzHomeOume20130517 140144.JPGSampoCainzHomeOume20130517 140124.JPG
これは、手入れされなくなってしまった茶畑…。
所沢〜入間〜狭山あたりは「狭山茶」の産地で、昔は広大な茶畑が広がっていたんだけど、住宅用に土地が切り売りされていくうちに、こんな残り部分が数多く見られるようになった。
事実上はただの荒れ地。
でも、農地としての軽減課税を受けるためには、お茶の木を抜くわけにはいかない。
だからこんな悲惨な姿でも、名目上はここは茶畑;;;。
でも、せめてもう少し、手入れしてやれよ…。
寂しい景色過ぎる。

さて、14時を少し回った頃、久しぶりに三ヶ島の「台湾料理 福味軒」に寄る。
SampoCainzHomeOume20130517 142417.JPG
今日の昼食は、「レタスチャーハン」580円。
SampoCainzHomeOume20130517 141219.JPG
うん、相変わらず美味いわ、ここのチャーハン^^。
具材自体はチープなんだが、味がしっかりしていて、しかも僕好みの方向だから、高く評価せざるを得ない。
ごちそうさまでした(-人-)。

再び、我慢の30-40km/h走行。
それそれ、どんどん抜きなはれ〜w。
SampoCainzHomeOume20130517 144647.JPG
思えば、こんな風なノロノロ走りの慣らし運転も、平日だからまだラクなんだろうな。
これ、休日にやったら、あのマナー知らずのサンデードライバーや猿頭ドライバーや枯脳ドライバーどもが、煽ってきたり、幅寄せしたり、悪意ある抜き方したりするだろうからね。
そう考えれば、こんな五月晴れの日にノンビリと原付の慣らし運転できるなんて、幸せな事だわ。
さまざまな事に感謝(-人-)。

ほい、到着。
SampoCainzHomeOume20130517 145904.JPG
本日の買い物の目的は体重計とナイロン製のアカスリだったが、安かったのでついでにクルマ用の消臭芳香剤も買った。
SampoCainzHomeOume20130517 152315.JPGSampoCainzHomeOume20130517 152409.JPG
さらに、ついでに「たこ焼き」320円も食した。
SampoCainzHomeOume20130517 152234.JPG
まぁ、デブの食欲とは、ダイエット中でもこんなものなのだ(>_<)。

ゴム紐で、荷を荷台に括り付ける。
SampoCainzHomeOume20130517 153629.JPG
ほぉ、あつらえたようにピッタリで、何やら美しさを感じるほどだw。
SampoCainzHomeOume20130517 153637.JPG
さ、帰ろう。

帰りは、往きより速度制限を緩和。
「フルスロットルは極力避ける」という感じで走る。
特に異常は無いけれど、良くも悪くも以前とは少し違う感じ。
試しに付けてる中古ノーマル点火プラグ、手持ちの新品イリジウムに戻そうかな…。
ギアオイルも、今は4ストバイク用エンジンオイルを流用しているけれど、やっぱり2ストバイク専用ギアオイルに換えようかな…。
あ、そだ、ヘッドボルトの締めつけトルクチェック、これからしばらくはマメにしてやらなきゃ…。

がんばれ、オレ。
がんばれ、ライオンズ。
SampoCainzHomeOume20130517 161510.JPG
そんな金曜日の午後だった。

※38km走行。

2013年05月16日

K50 ピストンリング再確認とガスケット交換@13955km

昨夕、まだ日のあるうちに仕事から帰宅できたので、念のために明るい日の光の下でK50まほろば号のピストンリングが正しく装着されているかを再確認する事にした。
先日のエンジン補修でちゃんとかかるようになった事は確認しているのだが、やや暗い中での作業だったので、2本のピストンリングの向きや順番に何とも言えない不安が残ったのだ。
それに老眼で、小さな刻印の識別にイマイチ確信が持てなかったし…。
だが今回は、帰途、ダイソーで買ってきたルーペがいる。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130513 171433.JPGEngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130513 172144.JPG
キミたちいれば百人力w。

積算走行距離は相変わらず13955kmのまま。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 164038.JPG

4つのナットを外して、シリンダーヘッドとシリンダーブロックを外す。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 164552.JPG
うん、これにはだいぶ慣れた^^。

で、ピストンからリング2本を外し、上面を示すR刻印を再確認。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 170346.JPG
それから、台形断面の1本目と長方形断面の2本目とを、じっくりと識別。
肉眼だとなかなか判別しにくいので色々やってみたが、最終的には、昔ゴルフクラブを組み立てる時に使っていたミニノギスにピストンリングを挟んで軽く上下に揺すって、わずかにカタカタと動く方を1本目と判断した。
そして、たっぷりとオイルをまぶしてピストンへ再取り付け。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 171722.JPG
頼むぞ(-人-)。

そして、シリンダーブロックとヘッドを慎重に組みつけて、4つのナットを対角線順に少しずつ締め付けながらキックを10回ずつやってセンター出しして、最後はトルクレンチで既定の13N-mで締め付けた。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 173625.JPG
よし、組んだぞ、さぁどうだ!?

キック!
かかった…、けど…、なんだこの高いビーーーっていう異音は?;;;
明らかに何か新たな異常がある。
なんだなんだ?

すぐにエンジンを止め、エンジン回りを観察。
あ、シリンダーブロックの根元やヘッドとの接合部から、えらくオイルが滲んでる。
こりゃ、ガスケットが逝ったな。
あのビーーー音は、たぶん隙間風だw。
シリンダー下部の古いガスケットはこのK50に元々付いていた古い物だから、ピストンリングが新しくなって圧縮と吸入の圧力が上がって、もうもたなくなったんだろう。
ヘッドの方のアルミガスケットはこないだ新しいのを付けたけど、装着時に円形凹凸がつぶれる事で密閉するものだから、こちらもコンプレッションの増加によって2度使いは厳しくなったのかも。
マフラーのガスケットも、一部黒い部分が欠けているから、この際3つとも新品に替えてしまおう。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 181021.JPG
幸い、全部在庫あるし^^。
…また発注しとかなきゃ。

そんなわけで、またエンジンばらし。
でも、ガスケット交換なんて、新しいのと付け替えるだけだから、ちょちょいのちょいさ^^。

と思ったら、大間違い;;;。
シリンダーガスケット、もうそれはそれは見事に貼り付いております。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 181137.JPG
こりゃカッターとスクレーパーで地道に剥がすしかないな。
もう暗いので野外作業は中止。
腰上の外されたエンジンに異物が入らないように袋をかぶせて、バイクカバーをかけ、ほい、おやすみ本体クン。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 184353.JPG
そして、家の中でガスケットそぎ落とし作業。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 182921.JPGEngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 182934.JPG
2時間くらいやったかなぁ…。
うん、まずまずキレイになりましたぜ^^。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 211821.JPGEngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130515 211939.JPG

せっかくだから、ポートの内部も出来る範囲で掃除しておこう。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 012627.JPGEngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 012740.JPGEngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 012800.JPG
吸入ポートには目立った汚れは無かったけれど、排気ポートのシリンダー側口の両サイドには固形の黒い物質が付着していたので、細いドライバーやプライヤーの柄で慎重にカリカリと削り落とした。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 012530.JPG

シリンダー内部は、オイルをシッカリ拭き取ってじっくり見てみると、けっこう多数の縦線入ってますわ。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 012957.JPGEngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 012835.JPGEngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 013114.JPG
今度何か不具合が起きてエンジン開けたら、その時はエンジン屋さんでホーニングしてもらおう。
それまで、なんとかオイル膜でがんばれ!

ここまでキレイにしてダメだったら、泣くぞ。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 013202.JPGEngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 013221.JPG
では寝よう、おやすみなさい…。

そして、今朝はなんと5時半に起きました。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 054855.JPG
やる時ゃやるぜ、クソオヤヂ。
新しい3種類のガスケットを使って、組み付け。
EngineRe-Repair_GasketKoukan@13955km20130516 063252.JPG
ガスケットには薄くオイルを塗っておいたぞ、貼り付き反対〜っ!

さぁ、どうだ?

よし^^。
音色がずいぶん変わったなぁ。
低めになったし、音量も震動も減った。
ま、ともかく、これで直ってくれよ。
ほんと、頼む(-人-)。
posted by REI at 08:36| Comment(4) | K50−エンジン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

K50 オイルポンプコントロールケーブル調整@13955km

午前と夜の仕事の狭間、急いで帰宅して、K50まほろば号のオイルポンプ調整をした。

積算走行距離13955km。
OilPumpAdjust@13955km20130510 154534.JPG
この作業は以前やった事があるので、わりと気楽だ^^。

まず、エンジン右下に4本のネジで留まっているキャブレターインスペクションキャップというフタを外す。
OilPumpAdjust@13955km20130510 150908.JPG
キャブレターのボアを見ながらアクセルグリップを少しひねり、スロットルバルブの丸い凹みマークの上端とボア上端とが一致する位置で、グリップをガムテープなどで固定しておく。
OilPumpAdjust@13955km20130510 151032.JPGOilPumpAdjust@13955km20130510 151211.JPG

次に、車体左側に回り、エンジン左下後方のスプロケットカバーを外す。
OilPumpAdjust@13955km20130510 151444.JPG
ネジ1本で留まっているオイルポンプインスペクションカバーを外す。
OilPumpAdjust@13955km20130510 152018.JPG
上方からのケーブルと繋がったオイルポンプのコントロールレバーがある。
OilPumpAdjust@13955km20130510 152349.JPG
マニュアル通りだと、このレバーの刻線とポンプボディーの刻線とが一致するように上のアジャスターで調整するのだが、今回はオイル供給量を少し増やしたかったので、短い方の刻線に合わせてみた。
OilPumpAdjust@13955km20130510 152752.JPG
以前やった時にも思ったんだけど、このレバーにいくつもある刻印や長短の刻線ってどういう意味があるんだろうね?
OilPumpAdjust@13955km20130510 152818.JPG
サービスガイドにも、サービスマニュアルにも、そこらへんの事は詳しく書かれていないけど、ともかく短い刻線に合わせた方がレバーを少し引っ張る形になるからポンプの咄出量は増えるだろう。

さぁ、これでどうかな?

それにしても、以前の記事を見直すと、まほろば号って、ウチに来た時点ではえらくオイル量絞ってあったんだなぁ。
OilPumpCable12406km2011_0918_141324.jpg
このあたり、面白いような怖いような中古車の醍醐味だね^^。