2012年12月31日

まほろば号の年末化粧

2012年も、残すところ7時間半。
西東京の実家へ出かけるまでちょいと時間があるので、ひと作業だけちゃちゃっとやっちゃおう。

ずいぶん前に買ってあった細身のモール。
TankMold20121231-145735.JPG
これを、まほろば号のガソリンタンクのフランジに付けるのだ。

「モール」ってカタカナ言葉、不思議だよね。
洋服との刺繍飾りとしてのモールなら、mogol。
樹脂成型物としてのモールなら、mold。
商店の集合体としてのモールだと、mall。
moleは、モグラ。
いわゆる「タンクモール」って、Tank Moldなのかな?
意味的には、Tank Mogolの気もするけど。
…ま、いい、時間が無いw。

気温が低いから、いささか硬いモールをなんやかんやしながら、はい付いた。
要らない部分は、ニッパーでチョッキン。
TankMold20121231-151745.JPG
作業とは全然関係ないけど、来年は無駄な出費をひたすら抑えて、少しでも貯金しよう。
恥ずかしながら、現在自分名義の貯金はゼロ;;;。
カード経由の借金が10数万、とほほ(T_T)。

よし、けっこう感じ変わったぞ^^。
TankMold20121231-152624.JPGTankMold20121231-152804.JPGTankMold20121231-152641.JPG
安っぽいなりにキラキラさ。
TankMold20121231-152552.JPG
来年も、バイクを楽しめる平穏な年でありますように(-人-)。
そして、昨年の震災に苦しむ方々が、今年こそ少しでも癒されますように(-人-)。

では、みなさん、よいお年を!
posted by REI at 16:27| Comment(2) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

ちょっと買い物

年末休み2日目。
午前10時くらいにノホホンと起きて、ウチの中の片づけやら庭に放置してあるタイヤの整理やらをした。
それから神棚まわりの掃除をして、15時、まほろば号でちょいと買い物へ。
SampoKinjo20121227-152021.JPG
寒いからついつい乗らなくなっちゃうけど、乗ってしまえばやっぱり楽しい〜^^。
SampoKinjo20121227-154557.JPG
冬は葉っぱに霜が降りないようにしなきゃいけないから、茶畑管理も大変そうだな。
で、花屋さんへ行って、玄関飾りと、神棚用のしめ縄と榊を購入。
SampoKinjo20121227-155331.JPGSampoKinjo20121227-170101.JPG
2012年も、残り4日だ。

2012年12月24日

バイクカバー補修

今日は、クリスマス・イヴ。
サンタ・クロースのソリは強い北風を利用して光速に近い速度で世界を回るので、今朝はウチのあたりでも風が強かった。
たぶん今夜はもっと強いだろう。
昼は、サッポロ一番から出ている袋麺の「麺の力 ちゃんぽん」を作って、食した。
この袋を手に取るたびに、サッポロ一番なのに何故チャンポンなのかという基本的な問いかけが喉まで上がってくるが、そこはぐっとこらえよう。
いい大人なんだから。
深めのフライパンを熱してからオリーブオイルを垂らし、弱火でチューブのおろしニンニクとおろしショウガと豆板醤を軽く炒める。
しかる後に、肉を炒め、ニンジンやらキャベツやらモヤシやらを炒める。
フライパンをあおりながら、強火。
少量の日本酒か紹興酒を振りかける。
これが野菜の甘みを出すための鉄則である。
そして、規定量の500cより少し多めの水を入れ、煮立ったら麺を入れ、ほぐれかけたところで粉スープを入れて軽く煮込む。
最後に溶き卵とごま油少々と付属の香味油を入れて、どんぶりにあけて、はい出来上がり。
うむ、我ながら今日も美味いぞ、名人級だ。
ほんとなら、貝やイカやカマボコ類を入れるともっと美味いのだが、冷蔵庫に無かったのでガマンしておいた。
そういえば、サンタ・クロースもチャンポンが好きで、日本を通る時は必ず長崎の某チャンポン専門店に立ち寄るという話を耳にした事がある。
うんうん。
寒い時期のチャンポンは、また一段と美味しいからねぇ。
さすが、毎年世界を駆け回るだけあって舌が肥えてるわ、サンタさん。
そりゃ、太る。
昼過ぎ、ふと、玄関前のバイクたちを見ると、赤タフどんのバイクカバーが強風で剥がれていた。
しかも、あらま、ハンドルのあたりが大きく裂けている。
う〜む、ぼちぼち寿命なんだなぁ…。
もう1週間早かったら、サンタさんにプレゼント希望の手紙書いたのになぁ…。
希望届けは17日必着って書いてあったからなぁ…。
しかたないので、冷たい北風に吹かれながら、オッサン独り、布のガムテープでカバーの裂け目補修。
BikeCoverRepair121224.JPG
補修っちゅうか、これ、思いっきり応急処置っつうか緊急対処だわな。
ま、ツーリング中に腹が下ってきて、草むらで中腰姿勢でする野グソみたいなもんだ。
やった事あるのか、俺?
ないない、さすがに下痢の時はない。
ただ、もしもそんな事があったら、くれぐれも跳ね返りに注意しよう。
それに、けっこういろんな方向へ飛び散りそうだな。
とりわけ横からの強風や突風には十二分に注意せねば。
あるいは風下側の足を上げて、するか。
相撲取りが四股を踏む時みたいに、大きく片足を上げて、それ〜!
風に乗って世界中の恋人たちの頭上に降りそそげ〜!
うむ、今日はまさにクリスマス・イヴである。

2012年12月19日

抜けなかった奴と闘うために

昨年4月の作業で、排気口スタッドボルトを少しだけ長い物に交換しようとして、どうしても片方しか抜けず、仕方なく1本だけ新しいステンレスの6x35スタッドになった青カブ君のエンジン。
ExStud1PonKae25598km2011_0421_120526.jpgExStud1PonKae25598km2011_0421_120541.jpgExStud1PonKae25598km2011_0421_121054.jpg
ExStud1PonKae25598km2011_0421_133043.jpgExStud1PonKae25598km2011_0421_133634.jpgExStud1PonKae25598km2011_0421_142848.jpg
せっかくのスタッドボルトリムーバーも、勝てなかったなぁ…。
ま、もともとK50のエンジンの捩じ切ったスタッドボルトを抜くために買ったもので、その目的は達成したからいいんだけどさ。

青カブ君のエンジンとマフラーとの間には、その後、相変わらずエキゾーストバッキンは噛ませていないけれど、とりあえず排気漏れも無く走っている…とは思う。
でも…。
すっごく気分悪いんだよね、これ;;;。
左右違う靴下履いているような…。

うん、絶対にこの冬の間に何とかしよう!
上手くいくにせよ、最悪ポッキリやっちゃうにせよ、このままではイカンのだ!
闘え、俺!

すでにこんな新兵器は買ってある。
StudExtractor2011_0424_233142.jpgStudExtractor2011_0424_233819.jpgStudExtractor2011_0424_234054.jpg

だが、まだ不安なので、モノタロウで2点ほど追加購入。

−その1−
Tools20121219-212915.JPG
イワタニ/トーチバーナー」1781円。
Tools20121219-213219.JPGTools20121219-213257.JPGTools20121219-213314.JPG
たぶん日本製だな、この工作精度は。
カッコイイ。
ただ、試しに点火してみたら、こわ〜;;;。
Tools20121219-213706.JPG
乾燥してるから、みなさん、くれぐれも火の用心でいきましょう。

−その2−
Tools20121219-213828.JPGTools20121219-214007.JPG
スリーピークス技研/小ねじバイス」1981円。
Tools20121219-214322.JPGTools20121219-214346.JPGTools20121219-214420.JPG
いわゆるバイスプライヤーって持っていなかったから、もっと安いのもあったけれど、この際少し奮発したのだ。
Tools20121219-214442.JPG
実力に期待するぞ、MADE IN JAPAN!

2012年12月09日

ようやく到着ピストンリング

海外のショップに発注してあったK50に使えるピスンリングが、ようやく届いた。
PistonRingTouchaku20121209-211538.JPG
先月23日にオーダーして、2週間少しかかって到着。
予想より日にちがかかったけど、ま、ぼちぼちクリスマスのこの時期、届いただけでも良しとしなきゃいけないのかもね。

新品のピストンリングって、初めて見たわぃ。
PistonRingTouchaku20121209-211854.JPGPistonRingTouchaku20121209-211915.JPGPistonRingTouchaku20121209-212115.JPG
何にも知らなきゃ、何かのオマケみたいなもんだねぇ、これ。
それでいて、見えない所でシッカリ機能してるんだから、見上げたもんだぜ^^。
posted by REI at 21:51| Comment(2) | K50−エンジン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

キックの鬼

昨日の夕方、久しぶりにコヤマ君TL125のエンジンをかけてやろうと思った。
8月8日に実家から戻ってきて以来もう4ヶ月もノータッチだったから、いくらバッテリーレスで、いくらキャブOHしたばかりでも、エンジンかかんなくなっちゃったらマズイからね。

久しぶりにバイクカバーを剥がす。
Check20121206-160216.JPG
うん、スポークとかに錆びは少し戻ってきてるけど、特に汚れが溜まったりはしてないな。
Check20121206-160435.JPGCheck20121206-160454.JPG
相変わらず手付かずで放置されたままのフロントフォークは痛々しいけどね;;;。
Check20121206-160517.JPGCheck20121206-160507.JPG
来年の春までには絶対に直すぞ!
…って、当たり前だw。

さてと、エンジンかけてみよっと^^。
キーoFFのまま空キックを10回ほどしてから、キーON。
キャブのチョークレバーをいっぱいに上げて、キ〜ック!
…。
あら、うんともすんとも言わないわ;。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
見事にかかりませんw。
もうこうなるとあとはひたすら蹴り続けるのみ。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!キ〜ック!
…。
いやぁ、蹴りましたわぁ。
15分以上はやったよなぁ。
こんなの初めと思うくらい、蹴りまくり。
寒いのに汗だく;;;;;;;;;。
右足、攣りかけ;;;;;;;;;。
このままかからないんじゃないかと、不安になってきた;;;;;;;;;。

でも、軽い初爆がプスッと1発来た時って、やたら感動するものなんだね^^。
♪キ〜ック、キ〜ック、キックの鬼〜だ〜♪ってか。
どうにかかかったよ、よかった(^-^)。

オイルが行き渡って、暖まってきたら、今度はなんかやたら快調な様子。

赤タフどんCG125よりもイイくらいじゃん^^。
この冬は、せめて半月に1度くらいはエンジンかけてやらなきゃ。
コヤマ君だけじゃなくて、他の連中もね。
posted by REI at 15:55| Comment(2) | TL125−整備一喜一憂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする