2012年10月24日

青カブ君 新品スパークプラグ装着@29801km

夕方帰宅できたので、急いで青カブ君のスパークプラグ交換をした。

積算走行距離29801km。
SparkPlugKoukan@29801km20121024-171649.JPG

仮装着していた中古“NGK/CR6HIX”を外す。
せっかくだから、新品の“DAYTONA/MAXFIRE 61485”と見比べてみる。
SparkPlugKoukan@29801km20121024-172343.JPG
あぁ、こうやって見ると、やっぱり古い方は電極がかなり摩耗しているわ。
SparkPlugKoukan@29801km20121024-172333.JPG
そりゃ、エンジンの回りが重くもなるね。

ほぃ、ニュープラグ装着。
SparkPlugKoukan@29801km20121024-172547.JPG

61486(CR7HIX相当)から、61485(CR6HIX相当)へ。
どんな変化があるかな?
無いかな?

6Vのカブ70で6615km使ったプラグ

せっかくだから“MAXFIRE”同士の新旧比較をしておこう。

左が新品、右が6615km使ったもの。
SparkPlug20121024-024711.JPG

中心電極の減り以上に、接地電極の丸まり・変形が見て取れる。
SparkPlug20121024-024814.JPGSparkPlug20121024-025155.JPGSparkPlug20121024-025407.JPG
スパークプラグの火花は、角(かど)から角へ飛ぶ。
そして、その角がとがっているほど飛びやすい。
従って、接地電極がこれほど丸まってしまうと、当然、着火性能はダウンしているのだ。
メーカーのDAYTONAが3000〜5000kmでの交換を推奨しているのも、これを見ると、単に売らんかなのセールストークだけではないと理解できる。
5000km越したら、点検してみて、交換を考えて良いだろう。

ま、そんなわけだ。
我が心のもったいないお化けよ、去れぃw。

ささやかな贅沢

帰宅すると、「モノタロウ」からの荷物が届いていた。
SparkPlug20121024-004721.JPG
送料無料にするために、中味はけっこう色々。
SparkPlug20121024-005023.JPG
アウトレットの長袖ポロシャツ2枚、A4コピー用紙、1本20円のナイロンブラシを5本、アルカリ単3電池10本パック、ウェットティシュタイプのカークリーナーを2種類…。

だが、何と言っても、メインは、これ。
SparkPlug20121024-005116.JPG
DAYTONA/MAXFIRE 61485(CR6HIX相当)”。
高いんだけど、今まで使った経験上、やっぱりこのプラグは図抜けて良いのだ。
SparkPlug20121024-005213.JPGSparkPlug20121024-005227.JPGSparkPlug20121024-005317.JPG
NGKの普通のイリジウムプラグを買うつもりで検討を始めるんだけど、結局いつも、もう数百円出してコッチの安心感を採ってしまう。
普通のプラグとの体感差は、決して大きなものではない。
しかしまた、ハッキリと違うのだ。
日々乗っているオーナーなら、エンジンかけた瞬間に分かる。
アイドリングも違う。
走り始めると、更にハッキリ違う。
僅かだけれど確実に滑らかで静かになる。
「モノタロウ」で1本1700円チョイ。
これでないなら、普通のイリジウムより、超ハイCPの普通のプラグがイイんだよね。

ま、日々、1000円未満のポロシャツしか着ないオッサンの、ささやかな贅沢だ。
神よ、許し給う(-人-)。

よし、近日中に青カブ君に装着だ。

ただいま

昨日から今日にかけての静岡県西部日帰り仕事も、まほろば号+電車のパーク&ライドで行った。
深夜、0時半、駐輪場に戻る。
20121024.JPG
おぉ、今夜は仲間がいたか^^。
雨に濡れて少し寒そうなまほろば号の、シートやメーター周りをハンカチで拭いてやる。
無事に待っててくれて、ありがと。
さ、帰ろう。