2012年10月11日

まほろば号 チェーンメンテ@13380km

ついでのついでに、K50まほろば号のチェーンも点検した。

積算走行距離13380km。
ChainKyuuyu@13380km20121011-150939.JPG

この7月のリアスプロケ交換の際に調整したから、伸びは無し。

注油には、青カブ君と同じく「デイトナ/チェーンルブ622」を使用。
ChainKyuuyu@13380km20121011-151722.JPG

よし、これまた準備完了だぞ^^。

青カブ君 チェーンメンテ@29752km

タペット調整に続いて、チェーンのメンテもした。

積算走行距離29752km。

チェーンカバーを外す。
ChainKyuuyu@29752km20121011-141850.JPG
あぁ、だいぶ伸びてますわ;;;。
ChainKyuuyu@29752km20121011-141909.JPG
前回のチェーンメンテは、昨年暮れに前後スプロケットを交換した時だけど、あれから1400kmしか走っていないにしては伸びが早いな。
こりゃ、寿命が近いかな。
でも、もう少しだけ使ってやろう、ケチだからw。

調整前。
ChainKyuuyu@29752km20121011-141942.JPGChainKyuuyu@29752km20121011-142001.JPG
調整後。
ChainKyuuyu@29752km20121011-143639.JPGChainKyuuyu@29752km20121011-143652.JPG
で、こんな感じ。
ChainKyuuyu@29752km20121011-143620.JPG
よし、一発で決まったぞ。
あんなに苦手だったのに、なんか上手くなったじゃん、チェーン引き^^。
偉いぞ、クソオッサンw。

汚れをボロ布でサーッとぬぐって、次は注油。
今まで使ってきた「クレ/スーパーチェーンルブ」が作業を始めてすぐに無くなってしまったので、買い置きしてあったコレを開封。
ChainKyuuyu@29752km20121011-144252.JPG
デイトナ/チェーンルブ622」。
もともとコヤマ君TL125用にと思って買ったものだから、オフ車用。
ChainKyuuyu@29752km20121011-144319.JPG
泥やほこりが付着し難いように粘度が低いから、耐久性はロード車用より短いだろうけれど、ま、原付に使う分には差し支えなかろう。

ほい、終了。
ChainKyuuyu@29752km20121011-145910.JPG
紅葉ツーリングのための、イイ準備になったな^^。

青カブ君のバルブクリアランス調整@29752km

久々連オフ2日目。
午前中けっこう雲がでいたのでバイク遠足を自重したのだが、昼前からなんかキレイな青空が広がりやがったよ。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0003.JPG
なんだバカヤロー!
まったく、女心と秋の空、だ。
女のバカヤロー!

そして寂しい中年男は、独りでゴソゴソと始めたのだ。
カブのタペット調整を。
積算走行距離19752km。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0002.JPG
4年前にやってから1.2万kmくらい走って、さすがに最近ちょっとカチカチ言う。
こういう作業にはうってつけの天気と気温だから、この機会に勢いでやっちゃおうw。

まずは、レッグシールドを外す。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0010.JPG
オーバーホールして以来のキャブ周りだが、キレイなままなのが嬉しい^^。
エンジンは、以前のガソリン滲みのせいで茶色いけどさ;。

スパークプラグを外す。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0019.JPGValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0021.JPG
0.1トンのオッサンを乗せて常時過積載状態だから、どうしても黒くなっちゃう。
ま、まだ使えるわな。

左クランクケースカバーを外し、フライホイールのTマークとクランクケース側の切り欠きとを一致させて固定する。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0016.JPGValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0030.JPG
今回は古歯ブラシ君が頑張ってくれたよ、ありがとう^^。

そして、17mmのレンチでタペットアジャスティングホールキャップを外す。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0011.JPG
あとは、タペット調整。
ValveClearanceAdjust@29752km20121011-PICT0027.JPG
カブのバルブクリアランス規定値は0.05mm±0.02mmなのだが、今回はシックネスゲージを使わずに調整してみた。
というのも、ここまで古いエンジンだと色んな所が色んな風に摩耗しているから、シックネスゲージを使ったからといって正確な計測ができるとは限らないからだ。
それに、私のようなシロウトでは、こんな狭い所でゲージを正確に使うのはとても難しいという事を、以前の作業で痛感したから。
で、思い切って、目分量、いや指先分量にトライ。
ロッカーアームの端を指先でつまんで、軽く揺すってほんのかすかにカタつきを感じる程度に調整して、固定。
インもアウトも、冷間ゼロではないけれど、0.01〜0.07の間のどこかには入るであろう。
要するに、イヤな感じのカチカチ音が消えて、そこそこスムーズに走れぱ、私としてはいいのだ。
バカボンのパパなのだ。
だから、この記事を読んでいる貴方は、絶対に真似しないでください。

そんなわけで、こんな音になりました。

これでいいのか?
いいとしておこう。
いいと思うのだ。
いいと思う故にいい在り。
だから、これでいいのだ。