2011年12月26日

年末

風呂の掃除をしていたら、蛇口の締まりがイマイチ良くないのに気付いた。
目いっぱい締めこんでも、しずくが数分に一滴ポトリ。
あ〜、気分悪いから、パッキン交換してやろっと;。

青カブ君で30分ほど走って、狭山ヶ丘の「オリンピック」へ。
SampoNenmatsu20111226-123047.JPG
うぉっ!
久しぶりに来てみたら、店の外も内も以前よりグッと充実した感じになってるぞ。
瑞穂の「ジョイ本」もいいけど、小さいなりに充実したホームセンターがより近場に存在するのもありがたいものだ。
またあらためて観察しに来てみよう^^。
とりあえず今日は、蛇口のコマのパッキン関係と玄関用の正月飾りをチャチャっと買う。
SampoNenmatsu20111226-124335.JPG
ほい、帰ろう。

あ、でも、ついでだから昼メシ。
SampoNenmatsu20111226-130719.JPG
松屋」で、「中落ちカルビステーキW定食」990円
ご飯はサービスの特盛。
SampoNenmatsu20111226-125627.JPG
期間限定メニューなのと、カロリー表示が「牛焼肉定食」や「カルビ焼肉定食」より低いので、今回はコレにしてみた。
SampoNenmatsu20111226-125631.JPG
うむ、やっぱり「松屋」のバーベキュー味のタレは美味いなぁ^^。
肉はほどほどに柔らかくて美味しいけど、個人的には普通の「牛焼肉定食」の方が好きかな。
程よい量の脂身のおかげで、牛肉の味わいがより強いからw。
ごちそうさまでした(-人-)。

さて、帰宅後さっそく作業にかかる。
水道の元栓を閉めて、ドライバーやウォーターブライヤーなどで蛇口上部をバラす。
SampoNenmatsu20111226-132725.JPG
コマを取り出し、すっかり硬化・変形しているゴムパッキンを外し、新品に交換。
SampoNenmatsu20111226-132757.JPGSampoNenmatsu20111226-133122.JPG
と、思ったら、あら〜、外れずにもげちゃったぁ;;;。
SampoNenmatsu20111226-135205.JPG
築数十年の中古住宅だから、たぶんこのコマも数十年物。
仕方ないわな。
ま、こんな事もあろうと、新品のコマも買ってきたんでね^^。
SampoNenmatsu20111226-133633.JPGSampoNenmatsu20111226-133711.JPG
ついでに、上側のパッキングも新品交換。
SampoNenmatsu20111226-133911.JPGSampoNenmatsu20111226-134036.JPG
ほい、終了。
SampoNenmatsu20111226-141045.JPG
あ、汚い;;;。
あとで金属部分も、古歯ブラシと歯磨き粉で磨いとかなきゃ;;;。

玄関にはささやかな正月飾り。
SampoNenmatsu20111226-141106.JPG
今年もあと1週間足らず。
こんな悲しい年の終わりだし、カネも無いから、穏やかに質素に準備しつつ、新春の訪れを待とう。

2011年12月25日

通信基地偵察

今年新調したノートPC
OEMモデルの投げ売りとは言え、やっぱ4.2万円は安かったよなv(^-^)。
せっかくだから、年末休みのうちに空いているメモリースロットにもう1枚4GBを挿して、仕様いっぱいの8GBにしてやろう。
で、K50に乗り、パソコンチェーン店にバルク品の値段を覗きに行った。
SampoTsuushinKichi20111225-130355.JPG
今日もいい天気だ。
寒いけど、凍えるほどじゃない。

まほろば号は、絶好調^^。
始動からしばらくはいつもの良くない寝起きでブツクサすねていたけれど、しばらく走ればもうモーターだよ、ビーン!
前サスの動作もとりあえず問題無いし、タイヤもまだ2分山くらいは残ってる。
こりゃ、まほろば号の大きめのいじりは春まで待って、この冬はギアオイル交換だけにしとこう。
他の子の面倒を優先した方がよさそうだ。

さて、件のメモリーだが、店で見ると予想の倍以上の値段だったので、やはりネット通販で買う事にした。
ネットなら送料込み1700円弱で買えるものが、実店舗では4700円以上。
いくらなんでも勝負にならないよ。
そういう時代なんだ、良くも悪くも。

さて、帰路は例によって遠回り。
なんとなく、アメリカ空軍の通信基地を覗きに行った。
SampoTsuushinKichi20111225-134053.JPG
基地と言っても、建物や飛行場があるんじゃなくて、色んなアンテナが林立している施設だ。
SampoTsuushinKichi20111225-134106.JPG
詳しくはコチラをどうぞ。
SampoTsuushinKichi20111225-134116.JPG
この金網の中は、やっぱりアメリカの統治下なのかな?
強烈な違和感。
この基地を横切る道路を通すための返還問題もあるようだけど、同時に基地があるゆえの助成金やら補助金みたいなものも自治体に入ってきてるんだろうなぁ…。
沖縄のように航空機に悩まされるわけではないけれど、なんとも割り切れない気持ちになる。
放置された様々な問題。
あれもこれも、勝てっこない戦争をしたツケだ。
これからも簡単に解決なんてできるわけはないだろう。
けれど、見て見ぬふりをするのだけはやめよう。

そんな事を思いながら、オッサンは鼻毛を揺らしながら帰るのであった。
ビーン!

2011年12月24日

合掌(;人;)

ニュースを見ていて、今朝、秩父の林道の工事現場で事故があり、1人が亡くなった事を知った。
秩父鉄道の白久駅の南方2.5kmの山中という事なので、おそらく八津川林道だろう。

普段何気なくツーリングしている林道だけれど、こういう事故があると、舗装はしてあってもやはり山道なのだという事を、あらためて思い知らされる。
そして、また同時に、それを管理するのは大変で危険な作業だという事も。

山は怖い。
常に忘れずにいよう。

お亡くなりになった方のご冥福を心からお祈りします。
そして、怪我なさったお2人が少しでも早く回復なさいますように。

豚なクリスマスイブ

土曜オフ日。
というよりも、もうほとんど年末休みモードだよ、だんだらり〜ん。
寒いけど、素晴らしい天気だ。
SampoButadon20111224-PICT0001.JPG
ほんではちょっとカブで散歩に行こう。
SampoButadon20111224-PICT0003.JPG
どこへ行こう?
そだ、今日はクリスマス・イブだから、十勝名物の豚丼を食べに行こう!
ん、なぜイブには豚丼かって?
それは貴方の心の中に深く深く問いかければ、答えはおのずと浮かんでくるはずだ。
もし浮かんでこなくとも、べつに普通に豚丼は食える。

R463を浦和方向へ走る。
道はさほど混んでいない。
最近交換したパーツの様子を確認するには好都合だ。

まず、“YASAKI(YSK)”なるメーカーのフロントサス。
まだ全然こなれていない感じで、かなり硬い。
良く言えば、明らかに強化サスっぽくレーシー。
以前のサスが抜け抜けだったから余計そう感じるのかもしれないが、全開巡航でもフロントの挙動がすこぶるピシッと安定した。
これから、どう変化していくんだろう?
あ、そだ。
ふと思ったのだけれど、この“YASAKI”って、中国じゃなくタイかもね。
チェーンの“OSAKI”やスプロケの“JOMTHAI ASAHI”と同じく、日本っぽい名前で品質の高さをアピールする企業名にしているのかも…。

次に、履いたばかりでまだ一皮むけていないタイヤ、“SPEEDLINE 300”。
だから本当のグリップ性能については未知数の部分は残るものの、少なくとも現時点でスリッピー感は皆無。
ちょっと驚いたのは、直進安定性。
“400”より“300”の方が上かもしれない。
剛性感は“300”と“400”は引き分けで、ともにシッカリ硬い。
これに比べると、“500”は少しだけしなやか感が加わっていて、より上級タイヤっぼいなぁ。
今のところマイ順位は、1位は“500”で、“300”と“400”は同率2位。
ただ、山道の荒れた舗装路や未舗装路を走ると、総合で“300”が単独2位に浮上するかもな。

今までよりほんの少しだけローギア設定になった前後スプロケは、すごくいい感じだ。
走行時のエンジン回転数はわずかに上がったが、それがキビキビ感につながり、なんかエンジン性能が上がったように錯覚させられる。
やっぱり百貫デブの乗るカブは、あんまりハイギア設定を追ってはいけないのだ。
始終過積載なのだから、純正に近い方がいい。
と言うか、やっぱりよくできてるのだよ、ホンダ純正のセッティングって。
ま、わかっちゃいるけどやめられないw。

そんな事を考えながら走っていると、小1時間で富士見市のお店に到着。
SampoButadon20111224-PICT0004.JPG
豚どん 白樺」。
ネタ元は、日々美味しいものを追い続けるダーさんの所
すみません、また勝手にフォロワーしちゃいました;;;。
本場・北海道十勝の豚丼を味わえるそうなのだが、さぁ、どうなんでしょう?
数年前の北海道旅行で帯広の豚丼に魅了された者としては、高まる期待を抑えられないよ、じゅるるのる(^p^)。
店に入り、迷わず「特盛」1000円を注文。
SampoButadon20111224-PICT0006.JPG
オープンキッチンから漂ってくる炭火焼の美味しそうな香りを味わいつつ、卓上の説明書きやらなんやらを観察しながら、丼の登場を待つ。
SampoButadon20111224-PICT0007.JPGSampoButadon20111224-PICT0010.JPG
へえ、ここって十勝帯広空港近くの「レストハウスかしわ」系列のお店なんだね。
あの時の旅行の前に豚丼研究したから、見た事ある名前だぞ。
こりゃ、ますます楽しみだ^^。
あ、来た来た。
SampoButadon20111224-PICT0013.JPG
おっと…。
写真で予想していたよりは、小ぶりだわ;;;。
いわゆる「デカ盛り」ではないな…。
ちょっと残念。
…だが、食べ始めて、即納得。
いやぁ、美味いわ、これ(^-^)b。
SampoButadon20111224-PICT0014.JPG
けっこう厚手の肉なのに、とてもジューシーで柔らかい。
よくある焼いた豚肉のパサパサ感は全く無い。
さすが炭火の遠赤外線効果だ。
量より質の上質豚丼。
また来よっと^^。
ごちそうさまでした(-人-)。

美味しかった^^。
でも、まだちょっともの足りないかな…。
SampoButadon20111224-PICT0017.JPG
天気もイイ事だから、近くのアソコにも行っておこう。
クリスマス・イブだしね^^。

というわけで、おそらく年内最後の白河手打ちラーメン。
なぜクリスマス・イブに白河ラーメンなのかは、貴方の心の奥深くに問いかけ…(以下略)。
SampoButadon20111224-PICT0024.JPG
おなじみの「手打ち中華 もめん」。
「雲吞焼豚麺(ワンタンチャーシューメン)」900円。
SampoButadon20111224-PICT0021.JPG
さすがに今回は普通盛だよw。
うん、さりげないのに美味いなぁ。
ぜったい来年は行くぞ、福島・白河ラーメン啜りまくりツーリング。
ごちそうさまでした(-人-)。

帰り、ちょっと遠回りして、荒幡富士へ。
SampoButadon20111224-PICT0026.JPG
100円のお賽銭を投じて、今年の締めのお詣り。

ペコリ
ペコリ
(-人-)
(-人-)
今年もありがとうございました
来年は、もっと良い年になりますように
ペコリ

お社からの帰りがけ、近所のチビちゃんたちがたくさんやってきた。
SampoButadon20111224-PICT0028.JPG
境内にピーピー声が響く。
キミたちが安心して遊べる時代がずっと続くように、オッサンたちも心して生きなきゃね。
メリー・クリスマス^^。

2011年12月23日

やっぱかった

青カブ君の前後スプロケ交換に伴い、やっぱりチェーンも新しいものを買っておく事にした。
但し、カネが無いから、なるべく安いもの。
しかも、最近ネットで見かける事の多い、信頼の台湾製ではないもの。
さりとて、中国製はまだなんとなくヤダ。
で、以前からなんとなく気になっていた“OSAKI”というメーカーの物を買ってみた。
osaki20111223-123828.JPGosaki20111223-123916.JPG
ハードチェーンで、丁度良い長さに切って使うために110Lをチョイス。
送料込みで1500円弱。
製造はタイランド。
osaki20111223-124115.JPG
この“OSAKI”という名前、日本の「大崎」を連想させるけど、そうなんだろうか?
このメーカーのホームページを見つけて、その恐るべき重さに辟易しつつも会社変遷を見てみると、どこにも日系企業という記述は無い。
OSAKI HISTORY.jpg
どうなんだろうね?
“Jomthai Asahi”みたいに、日本っぽい名前で品質の高さをアピールしているのかな?
ま、使ってみなきゃ分かんないわなw。
走行のかさむ前、この冬のうちに交換してみよう。

2011年12月15日

青カブ君 前後スプロケット交換 14T-35T @28351km

タイヤ交換とともに、前後スプロケットの交換もした。

積算走行距離28351km。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-133411.JPG

チェーンカバーを外し、久しぶりに左クランクケースカバーを取り外す。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-133441.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-133455.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-133509.JPG
先日チェーン用じゃないグリーススプレーを使ったせいか、前スプロケ回りはちょいと汚いですな;;;。

タイヤ交換作業に入る前に、まずフロントスプロケットを交換。
キタコの15Tから、純正14Tへ。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-134142.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-140045.JPG
ほい、付いた。

リアスプロケットは、タイヤ交換の途中に取り替えた。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-141348.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-141731.JPG
2.4万km以上使った37Tと、新品35Tを見比べる。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-141913.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-141957.JPG
もちろん摩耗はみられるけど、予想していたほどじゃない。
へぇ、やるじゃん“JOMTHAI ASAHI”^^。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-142710.JPG
ほい、こっちも付いた。

そして、タイヤ交換後、ホイールを組み付けてみると、あ、チェーンが長すぎるわ。
切らなきゃ。
工具箱からチェーンカッターを取り出して、2コマカット。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-165128.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-170616.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-170637.JPG
もとは98コマのチェーンだったから、これで96コマになったわけだ。
ほんとはスプロケと一緒にチェーンも新品交換した方がいいんだけど、当面これで行きます、カネが無い(>_<)。

あとは、苦手なチェーン引きを、敢えてのんびり時間をかけて作業。
わざとゆっくりやれば、時間かかっても諦めつくじゃん、わざとだからw。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-173024.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-172959.JPGSprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-172942.JPG
よし、こんなとこだろ。
前後スプロケが一回りずつ小さくなった分、スイングアームピボットの樹脂製保護カバーとチェーンとのクリアランスが少なくなっちゃった。
SprocketsF14TR35TKoukan@28351km20111215-173138.JPG
チェーンのゆるみには、今まで以上に注意しなきゃ。
最後に、1コマずつチェーンルブを吹き付けて、ほい、作業終了。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-175953.JPG
さ、これまたどんなふうに変わるのかな^^。

青カブ君のリアタイヤ交換@28351km

木曜オフ日。
快晴だよ〜。
あったかだよ〜。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-131938.JPG
最高のタイヤ交換日和だ。
僕自身が昼過ぎに起きた事を除けば…^^;。

さ、急いでやろやろ。

積算走行距離28351km。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-133401.JPG

青カブ君のタイヤ交換は今まで何回かやってきたけれど、今回から新しい作業が加わった。
リアアクスルシャフトを抜くのに邪魔な、水元マフラーのサイレンサーを外す作業。
2本の固定用スプリングをスプリングプーラーで引っ張り外し、エキゾーストパイプとタイコを分離する。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-140259.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-140404.JPG
ついでにタイコの中を覗いてみる。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-140449.JPG
あ、やっぱりちょっとすすけてるわ。
うん、決めた、近いうちにMJはひとつ前の状態に戻そう…。

さて、サイレンサーを外せば、あとはいつも通りの作業。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-141335.JPG
ほい、リアホイール外れた。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-143027.JPG
タイヤも外れた。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-144034.JPG
2009年4月29日から7780km走って、立派にツンツルテン^^。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-143307.JPG
よし、今回は使い切った感強し。
余は満足じゃ^^。

まずは恒例のリム内側の錆チェック。
青カブ君のリアは、相変わらずの3兄弟。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-144148.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-144131.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-144139.JPG
ツノ錆には育っていないし、家族が増えてもいないようだから、良しとしよう。
で、オイルスプレーとスチールブラシでゴシゴシ。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-150951.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-150959.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-151008.JPG
そして、患部をパーツクリーナーで脱脂してから、フロントホイール同様「アエンコートスプレー」処置。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-154602.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-154541.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-154548.JPG
さぁ、2年後どうなってるだろうね^^。

亜鉛塗料が乾くのを待ちながら、ダストの溜まったブレーキまわりのクリーニング。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-143201.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-143147.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-143043.JPG
ブレーキパネルをばらして、清掃。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-151808.JPG
あ、“YSK”だって…。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-152324.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-152333.JPG
でも、青カブ君に新しく付けた怪しい社外フロントサスのメーカーとはロゴが違う。
と言うか、ここをもじったんだな、たぷん中国にある“YASAKI”ってとこはw。
シューは、まだまだ残りは多いし、効きも良いので継続使用。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-151844.JPGRearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-151851.JPG
クリーニング後充分にパーツクリーナーで脱脂して、摺動部に慎重にグリースアップして再組付け。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-154410.JPG
ホイールハブ内部も、きちんと清掃・脱脂。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-155025.JPG

そして、ホイールと、リムバンド、チューブ、タイヤの組み付け。
先日のフロントホイールでの失敗に学んで、今回は最初から小さい方のタイヤレバーで作業。
よし、うまくいった。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-161922.JPG
明日、ぺちゃんこになっていない事を祈ろう。
…って、いつもそれかい;;;。

リアホイールを車体に戻す。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-164424.JPG
うむ、凛々しいのぉ^^。

最後に、マフラーのタイコを再セットして、リアタイヤ交換作業終了。
RearTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111215-174801.JPG
たぶん成功だと思うw。

2011年12月09日

さむ

今夜の西東京での仕事は、まほろば号で行く事にした。

チョークをいっぱいに引いて、キック2発で始動。
うむ、けなげな奴^^。
エンジンが温まるまでは、アイドリングですぐ止まっちゃうけどさw。

だが、温まってしまえば走りは快調。
この気温だとオーバーヒートの心配はないから、遠慮なく全開走行。
うん、相変わらずモーターのようなまわり方で、メーターが振り切れる夢を見た。

ずっとオーバーホールを先延ばしにしてきたフロントサスは、しかし、快調なのだよ、これが、困った事に;;;。
コイツがウチに来たばっかりの頃は、路面のちょっとした凹凸でも大げさにガッチャンガッチャンとノイズを立てていたのに、なんか最近はスムーズになっちゃった。
あぁ、悩ましい。

でも、ギアオイルはぼちぼち交換しなきゃ。
K50の場合、クランクベアリングの片側はギアオイルで潤滑しているから、エンジン性能にも直接影響するからね。

それにしても、寒かった。
20111209.JPG
いいトシこいて、こんな日に、ようやるよ、オレw。

2011年12月08日

青カブ君 スプロケ準備

カブ70の純正スプロケットは、フロントが14Tでリアが36T。
減速比2.571。

青カブ君の現状は、フロント15Tのリア37T。
減速比2.467。

山道を走る事の多さと私の体重を考えて、少しローギア化してやろうと思う。
こんなデブの乗るカブだ、最高速の低下などあきらめよう。
それよりも、2速の低速側の守備範囲の拡大と、キビキビ感のアップを求めたい。

前述両者の中間値2.519を狙う。
手としては、2つ。
@フロントは現状の15Tのままで、リアを1T増やして38Tにする。
Aフロントを純正の14Tに戻して、リアを純正から1T減の35Tにする。
減速比は、@だと2.533、Aだと2.500。
どちらを採るかちょいと考えた末、Aを採用。
理由は、スプロケ自体の重量低下と、径が小さくなる事による振れの低下。
ま、こんな0.033の差より、乗り手の体重の増減の方がはるかに影響するんだけどさw。

フロントの純正14Tスプロケットを、物置から発掘する。
SprocketsF14TR35TCheck20111208-001609.JPGSprocketsF14TR35TCheck20111208-001944.JPGSprocketsF14TR35TCheck20111208-001750.JPG
このドライブスプロケの状態をあらためて確認すると、青カブ君がウチに来た時の1555kmという積算走行距離が信じられなくもないんだよな…。
そのくらい新品同様。
もちろん再使用に何の問題も無いと思う。

リアの35Tは新たに購入。
現在青カブ君で使っている37Tと同じく“JOMTHAI ASAHI”の物。
SprocketsF14TR35TCheck20111208-002153.JPGSprocketsF14TR35TCheck20111208-002317.JPGSprocketsF14TR35TCheck20111208-002341.JPG
日本製の鉄を使って、タイのメーカーが製造したスプロケ。
現状の37Tを25000kmくらい使ってきたけれど、問題無し。
何らの不安も無く、この35Tを使ってみようと思う。
SprocketsF14TR35TCheck20111208-002531.JPGSprocketsF14TR35TCheck20111208-002611.JPGSprocketsF14TR35TCheck20111208-002626.JPG

2011年12月04日

青カブ君のフロントタイヤ交換@28351km

日曜オフ日。
よし、昨日ほどは寒くないぞ。
何より晴天なのがありがたい^^。
よっしゃ、青カブ君のタイヤ交換やっちゃおう。

まずはフロントから。

積算走行距離28351km。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-123839.JPG

今まで履いてきた“Vietnam YOKOHAMA/SPEEDLINE 500”は、2009年4月29日20571km時に装着した物。
約2年7ヶ月7780km走って、トレッド面はこんな具合。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-125215.JPG
イイ感じの減り方^^。
いやぁ、8000km弱もったねぇ、大したもんだ。
以前履いていた“SPEEDLINE 400”では、4000km足らずでサイドウォールに細かいヒビが出てきたけれど、“500”ではそれは無し。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-125337.JPG
この違いは、“400”と“500”の差なのか、あるいは「カイゼン」の成果なのかは分からない。
いずれにせよ、“SPEEDLINE 500”は、私が今まで青カブ君に履かせてきたタイヤのうち最も気に入った物だったと断言しておく。

…だったら、素直にまた“500”使えばいいのにね;;;。
ま、アレだよ、アレw。

さて、ホイールとタイヤを分離。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-130134.JPG
リム内側の錆は、以前と同じく、大きな物が2ヶ所。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-130207.JPGFrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-130220.JPG
例によってスチールや真鍮のブラシとCRC5-56で、赤錆をできる限り落とす。
そして、パーツクリーナーで患部を脱脂した後、今回は錆止めを吹いてみた。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-005335.JPG
モノタロウから取り寄せた「トラスコ中山/αアエンコートスプレー」。
旧デザイン缶のためか1本889円。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-133812.JPGFrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-133011.JPG
さぁ、どのくらい防錆効果があるのかな?
また次のタイヤ交換のお楽しみだ^^。

亜鉛スプレーが乾くまで、しばしコーヒー休憩。

そして、いよいよ“SPEEDLINE 300”の装着作業。
“400”より“500”は装着が大変だった。
でも今回は“300”だから、少しラクなんじゃないかな、なんてタカをくくっていた。
ところが!
やっぱり硬いわ^^;。
“500”ほどではなかったけれど、“400”と同じくらい難航。
ようやく入ったけど、大丈夫だよな…。
チューブに穴開いてないよな…。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-145715.JPG
明日、パンクしていない事を祈ろう(-人-)。

あ、そだ。
今回初めて、今までの物より長くて先端の幅広いタイヤレバーを使ってみた。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-145758.JPG
これ、タイヤ外しには有効だったけれど、タイヤをはめ込むのにはかえって使い難くて、結局今までの黒いヤツを使った。
道具の使い分けってのも、円滑な作業には大切なもんだね。

さて、なんとかタイヤ交換の終わったところで、あとはブレーキ周りの作業。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-145954.JPG
ブレーキシューは、当面、今使っている“ALBA”が販売している台湾製を使い続ける事にしたので、今日は清掃とグリースアップだ。
ブレーキパネルを分解して、パーツクリーナーやら古歯ブラシやらで掃除。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-152027.JPG
先日のフロントサス交換の際にザッと掃除してあったから、今日は楽勝^^。
そして、組み付けには、これまたモノタロウから取り寄せた「ダイゾーニチモリ/ブレーキグリース」というのを初めて使ってみた。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-152113.JPG
見た目は普通のモリブデングリースと同じ黒いペーストなんだけど、こっちの方がベタベタ感が強い。
「粘度が高い」って言うんだろうね。
そして、たぶん高温時にも溶けたり流れ出したりし難いんだと思われる。
そんな新グリースを要所要所に適度に塗布して、これまたパーツクリーナーで入念にクリーニングと脱脂をしたブレーキシューと組み合わせる。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-154638.JPG
ほい、また2年ぐらい、頑張ってくれよ^^。

あとは元通りにして、作業終了。
FrontTyreSPEEDLINE300Koukan@28351km20111204-160532.JPG
残念ながら、今日のタイヤ交換はフロントだけで終わっておこう。
リアタイヤは、スプロケット交換などと共に、また後日。

2011年12月01日

寒いので裸にした

木曜オフ日。
今秋の暖かさのせいで紅葉はまだ終わってないから、どっか行こうと思ってたのに…。
くっそぉ、なんだよ、この天気!
昼を過ぎても、気温8℃。
雪でも降り出しそうに低く広がる灰色の雲。
20111201-122115.JPG
電柱のトランスも、電線のカラスも、寒そうだ。
しかたないので、今日は家の中でボォ〜っと過ごそう。
明後日は小さな本番だし、来週末は年の収めの大切な演奏会もあるから、こんな日に身体を冷やして風邪を引くわけにはいかない。
冷え切っているのは、恋心だけで充分だ。

あ、そだ!
アイツを脱がそう!

剥き剥き剥き剥き…。

ほい^^。
SPEEDLINE300 ready20111130-231908.JPG
この7月末に確保しておいた“Vietnam YOKOHAMA/SPEEDLINE 300”
さぁ、出動が近づいたぞ、準備せぃ!

フロント用の“F300 2.25-17”、リア用の“R300 2.50-17”、ともに2011年の第24週に製造されたようだ。
SPEEDLINE300 ready20111130-232622.JPG
6月末に作られた物が、7月末に送られて来てたのかぁ。
今でもまだ半年も経ってない。
こりゃ出来立てじゃん^^。
SPEEDLINE300 ready20111130-232907.JPG
ふむ…。
コレ、思ったより軽くて柔らかいな…。
アウスタさんで売っている“Vietnam YOKOHAMA”のタイヤは、まず“400”、次に“500”と使ってきたけれど、ともかくビードが硬くてホイールにはめるのが大変だった。
“MICHELIN/M35”も硬かったけれど、“SPEEDLINE 500”の装着し難さに比べればラクだった。
ただ、“400”にせよ“500”にせよ、タイヤを手に取った瞬間になんとなくその作業難航具合が予感できたのだけれど、今回の“300”にはそれが無い。
この柔らかさなら、“DUNLOP/D107”あたりと同じくらいラクに交換できそうな気がする。

ま、こんなの、実際に作業してみなきゃ何とも言えないけどねw。

…と、オッサンはブツブツ言いながら、寒く暇な休日をぼんやり過ごすのであった。
いとかなし。