2020年01月18日

まほろば号は今日も元気だった

今日は午前10時くらいから小雪のちらつく寒い日だったが、時間があったので西東京の実家へ行き、まほろば号K50のエンジンをかけてきた。
何度も繰り返すが3年もののガソリンなのでキック一発始動とはいかないけれど、それでも、チョークをいっぱいに引いてキックを繰り返しているとちゃんと始動。
CheckClean20200118-142932.JPG
寒さのせいもあって最初はかなりの白煙だが、やがて煙も減り安定してアイドリングする。
うん、いい子だ^^。
posted by REI at 22:04| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

まほろば号K50Mを拭き掃除

仕事から一旦帰宅し、青カブ君にスズキのバッジ付きのGIVI箱を付けて、K50を保管してある実家へ行った。
CheckClean20200117-144542.JPG
そして、GIVI箱をK50のベースへ移植。
CheckClean20200117-153011.JPG
箱の中には、とりあえず充電器につないでみた10年もののバッテリーと、保管してあったK50用パーツと、サービスマニュアルやパーツリストと、譲渡書類。
CheckClean20200117-153242.JPG
CheckClean20200117-163311.JPG
まずは、充電してみた10年ものバッテリーを取り付ける。
CheckClean20200118-142523.JPGCheckClean20200118-142515.JPG
あぁ、ニュートラルランプはやっぱり点かない;;;。
ウィンカーも弱々しくジージー言うだけ。
バッテリーはもう逝ってます、新オーナーさん。
新しいYT4L-BSを買っておくといいと思います^^。
それから、チョークを引いて、キックを繰り返す。
うん、前回よりも少ない回数でちゃんとかかった^^。

何度も書くけど、タンクに入っているのは3年もののガソリンなのに、こんなにちゃんと回るんだから驚くほかない。
CheckClean20200117-160622.JPG
大したもんだよ、スズキさん^^。
アイドリングさせながら、濡れ雑巾で全体をざっと拭き掃除。
CheckClean20200117-163337.JPGCheckClean20200117-163518.JPGCheckClean20200117-163350.JPG
これ以上の掃除と磨きは、新オーナーに任せよう^^。
CheckClean20200117-163444.JPG
まだまだぜんぜんイケると思うよ、K50M。
posted by REI at 20:03| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

いちおう11Vにはなった

まほろば号に付いていた10年もののバッテリー、様子を見ながら10数時間充電器につないで、テスターで電圧測定。
BatteryOUT 20200116-210245.JPG
いちおう11Vにはなったようだ。
BatteryOUT 20200116-210234.JPG
おそらくすぐに放電してしまうだろうが、とりあえずこの状態で車体に戻そうと思う。

+++++

【1/17追記】
今夕、車体に戻してみたが、まったくダメだったw。

2020年01月15日

ダメ元で10年ものバッテリーを充電してみる

仕事帰りに実家に寄ってK50のバッテリーを外し、ウチに持ってきた。
BatteryOUT 20200115-174032.JPGBatteryOUT 20200115-172654.JPGBatteryOUT 20200115-172701.JPG
テスターの50DCVで測ってみると、ゼロではなくて3Vくらいは出てる。
BatteryOUT 20200115-190313.JPGBatteryOUT 20200115-190238.JPG
ひょっとしたら少しは充電できるかもしれないので、とりあえず充電器につないで2時間ほど様子を見た。
BatteryOUT 20200115-190718.JPG
数ボルトほど電圧が上がっていて、とくに加熱や膨張めいた気配も無いので、このまま朝までつないでおくことにする。
なんせ10年ものだ。
ダメで元々。

2020年01月11日

ザックス/オプティマ50も放出手順を進めよう

2014年の暮れにフロントタイヤを交換した直後、突然エンジンがかからなくなったザックス/オプティマ50。
それ以降ずっとウチの玄関わきでカバーを被って放置されてきたのだが、K50の嫁ぎ先がほぼ決まった今、続けて手放す準備を進めよう。
ヤフオク経由で2013年7月に思いのほか悲しい状態で入手して以来、各所をメンテしたり磨いたり、サビサビだったガソリンタンクをドイツから取り寄せた(それも高価な( ノД`)シクシク…)新品と取り替えたり、針が折れてしまったスピードメーターを新同中古と交換したり、2014年末にはそこそこイイ感じになっていたのだ…。
Carburetor1778kmKoukan@152km20141030 140323.JPGCarburetor1778kmKoukan@152km20141030 162808.JPGCarburetor1778kmKoukan@152km20141030 140333.JPG
Carburetor1778kmKoukan@152km20141030 162735.JPGCarburetor1778kmKoukan@152km20141030 162717.JPGCarburetor1778kmKoukan@152km20141030 162907.JPG
これでエンジンがかかりさえすれば、僕はその遅さや不快適さを喜んで味わっていただろう。

コレは、今月から来月中に、部品取り車としてヤフオクに出すつもりだ。

2020年01月10日

K50廃車手続き完了

今日の仕事は文京区向ケ丘。
駅までクルマで出て、たまたま来たラビューに乗った。
HaishaShinkoku 20200110-091220.JPGHaishaShinkoku 20200110-091224.JPG
朝からぜいたくをしてしまった^^;。

帰途、「鳥良商店」所沢店で「チキン・チキン定食」935円。
HaishaShinkoku 20200110-132951.JPGHaishaShinkoku 20200110-133909.JPGHaishaShinkoku 20200110-133913.JPG
チェーン店だけど、この店舗の盛りは他店よりステキだと思う。
いやぁ、揚げたての揚げ物は美味い^^。
ごちそうさまでした(-人-)。

そして、市役所へ。
HaishaShinkoku 20200110-142146.JPG
2階の市民税課で、K50の廃車手続き。
HaishaShinkoku 20200110-142956.JPG
よし、譲渡証明書ゲット。
HaishaShinkoku 20200110-151608.JPG
これで最低限の引き渡し準備はできた。
せっかくだから少し掃除してから渡そうと思うけどね。

市役所の玄関ロビーに、ライオンズの昨年のパ・リーグ優勝フラッグが展示されていた。
HaishaShinkoku 20200110-143622.JPG
今年こそ、パ・リーグ3連覇はもちろんの事、日本シリーズ優勝を狙うぞ、ライオンズ!

そして、ウチの玄関には、熊谷で観戦した時にもらったコレ。
HaishaShinkoku 20200110-145813.JPG
ラグビー人気がもっともっと盛り上がるといいな。
前回のWカップの翌年以降の急激な盛り下がりの二の舞にならないように、ラグビー協会やトップリーグ関連企業のより一層の努力を望む。
posted by REI at 15:54| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

まほろば号K50M 目覚める@14293km

仕事の帰途、西東京の実家に寄り、2016年10月20日以来バイクバーを被ったまま休眠してきたK50の現況をチェックした。
Check20200109-151028.JPG
カバーを剥ぐと、ほこりまみれで、タイヤの空気はずいぶん減っていたものの、全体的に大きな変化はない。
ひょっとしたらエンジンかかるかもと思い、OFFにしてあったフュエルコックをONにし、キックを繰り返す。
5分…。
10分…。
あ、初爆あったかも…。
そして、なんとまぁ始動した!

ガソリンだって3年以上経過して気が抜けているだろうに、なんたる素晴らしさ!
けなげ過ぎて泣ける( ;∀;)。
積算走行距離14293km。
Check20200109-152013.JPGCheck20200109-152007.JPG
アイドリングさせつつ、タイヤに空気を入れてやる。
Check20200109-152951.JPG
前後のブリヂストンタイヤはまだまだ使える。
Check20200109-153900.JPGCheck20200109-153952.JPG
では、ぐるっと観察しよう。
Check20200109-152020.JPGCheck20200109-153140.JPGCheck20200109-152041.JPG
タンクにヘコミは無く、中もキレイ。
Check20200109-153144.JPGCheck20200109-153222.JPGCheck20200109-153245.JPG
ナンバープレートを外す。
Check20200109-154837.JPG
テールランプ下には、K50Mと印字されたシールも残っている。
Check20200109-154849.JPGCheck20200109-154859.JPG
リアサスまわりも特に問題無し。
Check20200109-154021.JPG
スズキのプレートもちゃんと付いてる^^。
Check20200109-154032.JPG
右サイドカバーを外した時、以前は無かった異状発見。
ねじ込み式の樹脂製エンジンオイルタンクキャップが、上下に割れていた。
Check20200109-155625.JPG
この直しは次のオーナーさんに任すとして、今日のところは布製ガムテープで簡易補修。
Check20200109-155952.JPGCheck20200109-160020.JPG
うん、これなら次のオーナーさん、超お買い得だと思う^^。
Check20200109-153116.JPG
明日の午後、市役所に行ってナンバーを返納してくる予定。
posted by REI at 20:58| Comment(6) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青カブ君にぼちぼちやってやらなきゃならない事

青カブ君こと1983年製C70cスーパーカブスーパーデラックスがウチに来てから、もう16年以上が過ぎ、3万5千km以上走った。
その間ずっと「いつかやらなきゃ」と思いつつ、なかなかふんぎれなかったのが、エンジンオイルの遠心フィルターとフィルタースクリーンの点検・清掃。
CCI20200109_00000.jpg
でも、もうやらなきゃね。
スクリーンの方は新品が買ってあるから、交換だ。
できればこの1月中、悪くても2月中にやる。
ぜったいにやる。
意地でもやる。
さむいけど;;;。

2020年01月08日

スズキ/K50M 譲渡へ

先日の減車の記述のあと、譲渡希望メールがあり、数通のやり取りの後、まほろば号K50Mの譲渡先は決まった。
Check 20161021-145838.JPGCheck 20161021-145818.JPGCheck20160502-150704.JPG
べつにエンジンが焼き付いたわけじゃなく、放置による始動困難状態だから、起こすのはそんなに大変じゃないと思う。
Check20160724-161501.JPG
これからなるべく速く譲渡準備を進めていくつもり。
ただ、ほんとは今日K50保管中の実家へ行って現状チェックするつもりだったけど、昼までの強い雨と、予報から予想していたより寒さが厳しいので、めげた;;;。
明日の午後、仕事帰りに寄って現状写真を撮るとともに、ナンバープレートと書類を回収してくる。
サービスマニュアル,パーツリスト,オーバーサイズピストン,ピストンピン,各種ケーブル 等のパーツも一切合切一緒に譲るので、それもまとめとかないといかん。
posted by REI at 15:32| Comment(0) | K50−整備七転八起 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

カブ初めで鎌北湖へ行ったら水が無かった話

マイ年末年始休み最終日の土曜日。
快晴ではなく、雲がそこそこあるから、かえって穏やかな感じ。
SampoKamakitako 20200104-130300.JPG
寒いけれど、ウチにこもっているのもつまらない。
青カブ君で、ちょっくら走り初めといこう。

13時過ぎ出発。
SampoKamakitako 20200104-130318.JPG
目的地を決めずに、入間方面へ走り出す。
新年も4日目なのでクルマも増えてきた。
しかもヘボなやつが多いのでなかなか走りにくい。

ま、こういう時は、あれだ、困った時の鎌北湖w。
R299やら、R407やら、県261やら、知らない道やら、まったくの思い付きを重ねてブラブラ走行。
それでも1時間ほどで鎌北湖の導入路に到達。
SampoKamakitako 20200104-140618.JPG
気持ちいいなぁ、ここは、いつ走っても^^。
SampoKamakitako 20200104-140704.JPG

湖の手前に看板があった。
SampoKamakitako 20200104-141204.JPGSampoKamakitako 20200104-141230.JPG
ふ〜ん、ほぼ今月いっぱい検査なんだ…。
じゃ、湖まわりで何かやってるんだな…。
と、覗いてみたら!
SampoKamakitako 20200104-142318.JPG
あらま、水が無い(゚Д゚;)
SampoKamakitako 20200104-141047.JPGSampoKamakitako 20200104-141449.JPGSampoKamakitako 20200104-141140.JPG
ここまでやってるとは思わなかったという、うれしい予想外^^。
沿岸を一番奥まで観察。
SampoKamakitako 20200104-141911.JPG
もともとは小川をはさむ渓谷だったんだろうな。
SampoKamakitako 20200104-141934.JPGSampoKamakitako 20200104-142000.JPG
ま、安全のためだから、たまにはイイわな、こういう姿も。
へらぶな釣りの人たちは、この1ヶ月ヒマだろうけどw。

朝から何も食べていなかったので、「加藤牧場バッフィ」に向かった。
15時少し前に到着。
SampoKamakitako 20200104-151532.JPGSampoKamakitako 20200104-145401.JPGSampoKamakitako 20200104-151539.JPG
食堂でいつもの「チーズたっぷりとろ〜りリゾット」(ホットコーヒー付)780円を頼む。
SampoKamakitako 20200104-145652.JPGSampoKamakitako 20200104-145742.JPG
5分ほどで登場。
SampoKamakitako 20200104-150242.JPG
美味いっd(^-^)。
SampoKamakitako 20200104-150317.JPG
安くてシンプルで深い。
僕にとって、チーズリゾットはここのこれがベスト。
ごちそうさまでした(-人-)。
そして、牛さんたちを観察。
SampoKamakitako 20200104-151838.JPGSampoKamakitako 20200104-151820.JPGSampoKamakitako 20200104-151756.JPG
牛舎から何頭も外へ出ているのは、週末サービスなのかな?
SampoKamakitako 20200104-152021.JPGSampoKamakitako 20200104-151703.JPGSampoKamakitako 20200104-151725.JPG

そして、のんびり帰路に就く。
わざと遠回りしたりして、いつもは通らない道を走る。
知ってるようで、僕は道を全然知らないなぁ…。
知ってるはずの道も、何年も経つとすごく変わってるから、わからなくなってるし…。

夕方、マミーマート内の「一口茶屋」で甘味休憩。
SampoKamakitako 20200104-174623.JPG
「たい焼き(薄皮) 小倉あん」150円x2。
SampoKamakitako 20200104-174733.JPG
サク甘いいわぁ^^。
ごちそうさまでした(-人-)。

スタンドで給油して、帰宅。
SampoKamakitako 20200104-185700.JPG
82kmほどの走り初めだった。

2020年01月04日

減車へ

あっという間に「あけましておめでとう」の三が日が過ぎ、2020年1月4日(土)となった。

今は午前3時過ぎ。
4時までには寝る予定。
仕事初めは、明日の午前、野田男声。
でもその前に、今日はなんとか午前中に起きて、ちょっとでもバイクのことをしよう。
ホリデーの最後を愉しもう。

ところで…

色々考えたが、もう数年、実家やウチで不動のままバイクカバーの中で眠り続けている「ザックス/オプティマ50」と「スズキ/K50」を、この冬のうちに手放す事に決めた。
細かな事は近日中に再アップするつもりだけど、基本的に、売却価格は「車体+すべての手持ちパーツや資料等」込みで、ザックスは1万円、K50は2万円くらいかな。
輸送については、直接取りに来てくれるか、輸送会社を購入者で手配、にしようと思う。

残念だけど、今の僕には、この2台の公道復帰に費やせるカネも時間も、何より知識や技術が無い…。
ただ、直したつもりだったのにフロントサスからオイルが激しく漏れて走行不能になってしまったTL125や、エンジン不動を承知で譲ってもらったSRV250については、意地でもなんとかしたい…。

その脳内葛藤の末、こうする事にした。

それでは、50cc原付乗りから撤退するのかというと、さにあらず。
オプティマ50とK50を手放したら、いずれ通勤用に何らかの50を手に入れようとも思っている。
駅近くでの駐輪の事を考えると、やはり原付一種の方が原付二種よりも場所探しがラクなのだ。
ただ、やはり2ストがイイ。
相変わらず何かヘンな病には犯され続けているのだと思う。
posted by REI at 03:40| Comment(5) | 〜いろいろもろもろ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

2019-20 4番手「黄金OLDペア」

この年末年始休み、ヤフオクで2つのナショナル黄金カイロを手に入れた。

1つは、送等込み1400円弱。

もう1つは昨日届いた箱付きのもので2400円弱。
KIMG3843.JPG

ともに、四角いナショナル印の刻印だけの旧タイプ。
Effect_20200102_030104.jpg
ともに、本体と火口と巾着袋のみ。
Effect_20200102_025948.jpg
そして、ベンジンを入れても、ともに、ナショナル純正の単3乾電池型着火器では発熱しない。
KIMG3854.JPG
でも、火口の触媒綿をライターで炙ったら、無事発熱、

よし、これなら使える^^。
「黄金OLDペア」と名付けよう。

2019年12月27日

すばらしい「寅さん」新作を観た

昨夜からの冷たい雨も止んで、そこそこ暖かな金曜オフ午前。
SampoTORASAN 20191227-105951.JPGSampoTORASAN 20191227-110003.JPG
カブに乗って入間の映画館へ行った。
SampoTORASAN 20191227-110147.JPGSampoTORASAN 20191227-114411.JPG
今日封切りの『男はつらいよ』の新作を観るためだ。
SampoTORASAN 20191227-114502.JPG
ネットで予約した12時20分開始の第2回目上映。
SampoTORASAN 20191227-114745.JPGSampoTORASAN 20191227-115908.JPG
率直なところ、観る前は、昔のフィルムと今の画像をどう繋げているのかとい技術的な事柄が興味の中心にあったのだが、それは開始まもなく消えた。
まったく違和感なく、一編の素晴らしい邦画を鑑賞した感じ。
恥ずかしいけれど、僕は懐かしさや切なさや感動やさびしさが入り混じった気持ちの中で、3分の2くらいはずっと泣きながら観た。
「寅さん」へのオマージュにとどまらない、予想を遥かに超す秀作。
上映後に拍手が起きた。
僕もした。
山田監督、そしてすべての役者さんやスタッフに心から感謝(-人-)。
SampoTORASAN 20191227-151038.JPG
帰途、荒幡富士のある浅間神社に寄った。
SampoTORASAN 20191227-153230.JPGSampoTORASAN 20191227-153447.JPGSampoTORASAN 20191227-153540.JPG
お賽銭50円とともにお礼参りをした。
SampoTORASAN 20191227-153431.JPG
2019年も今日を入れてあと5日。
SampoTORASAN 20191227-153908.JPGSampoTORASAN 20191227-154033.JPGSampoTORASAN 20191227-154052.JPG
来年がもっと人の心に温かさをもたらすものとなる事を祈ろう。
SampoTORASAN 20191227-154354.JPG
これがたぶん今年のライディング納め。
SampoTORASAN 20191227-154432.JPG
どうぞ良いお年を(-人-)。

2019年12月26日

2019-20 3番手「旧型合わせペア」

ガーガー寝て11時起床。
正午過ぎ、レトルトカレーを温めて食す。
2019 AwaseOld 20191226-124236.JPG
あぁ、自堕落な休暇満喫中^^。

今日も寒い。
ハクキンカイロを使おう。

今冬3番手は「旧型合わせペア」。
2019 AwaseOld 20191226-131631.JPG2019 AwaseOld 20191226-131703.JPG
2019 AwaseOld 20191226-131723.JPG2019 AwaseOld 20191226-131742.JPG

このペアの古い火口は、一時はマジックリン原液漬け込みクリーニングで復活したのだが、残念ながら綿がヘロヘロになって使い物にならなくなってしまった。
2019 AwaseOld 20191226-131935.JPG
そこで、以前なんとなく買ってみた社外品の安い火口を試しに付けてみた。
2019 AwaseOld 20191226-133754.JPG2019 AwaseOld 20191226-133745.JPG
ちょっときつかったけど、なんとかはまって、ライターで炙るとちゃんと発熱も始めた。

よし、今日と明日はこれを続けて使ってみよう。
2019 AwaseOld 20191226-134323.JPG
酸化発熱反応継続テストだ^^。

2019年12月25日

2019-20 2番手「点火芯付き胴抜けペア2nd」

今冬の2番手は「点火芯付き胴抜けペア2nd」。
2019 TenkashinHole 20191225-111954.JPG
点火芯付きでクジャクの胴体が抜き穴になっているタイプは今2ペア持っているけれど、コッチの方が入手時期が遅いので、勝手に2ndを付けて区別している。
2019 TenkashinHole 20191225-112650.JPG2019 TenkashinHole 20191225-112023.JPG
点火芯付きは、着火時のこの姿が良いのよ(^-^)。
2019 TenkashinHole 20191225-112757.JPG
何の問題も無く発熱開始。
2019 TenkashinHole 20191225-114958.JPG
このタイプって熱くなるから、厳寒期にはもってこいなんだ。