2017年05月25日

プラグメンテホールカバー

いつの間にやら無くなってしまっていた青カブ君のスパークプラグ点検用ホールのカバー。
HoleCover20170525-175635.JPG
しかたないので新しいものを取り寄せた。
HoleCover20170525-175430.JPG
やはり新品はキレイすぎてちょっと浮きますなw。
HoleCover20170525-175743.JPG
ま、離れて見れば分からない…、あ、分かる^^;。
HoleCover20170525-180207.JPG
ま、いいやw。

2017年05月22日

近場に美味しいラーメン店ができた喜びについて

今日の通勤仕事は午前中の越谷のみ。
クルマで往復。
帰宅してから、14時過ぎ、先月から工事が行なわれ昨日オープンしたラーメン店に行ってきた。
SampoKappaRamenCenter20170519-141501.JPG
福生の『カッパ64』所沢駅近くの『カッパハウス』に続く3店舗目の『カッパラーメンセンター』
SampoKappaRamenCenter20170522-144304.JPG
『カッパハウス』は何度も入った事があって、とてもバランスの取れた「トマトラーメン」や「シーフードラーメン」に感心させられ続けているのだが、この場所は以前から中華のチェーン店が入っては潰れるを繰り返してきた所なので、ある意味変化球的なラーメンが周囲に受け入れられるのかちょっと心配…。
などと思いつつ入店し、券売機を見ると、メニューは「みんなの中華そば」と「ちょっと大人のつけ坦々」と「ギョーザ」。
ほおほお、なるほど、そっちできたか^^。
では、今回は「みんなの中華そば」の「全部入り中華そば」大盛950+100円にしよう。
いわば王道の醤油味の「中華そば」も美味いもんね、カッパさん^^。
そして、「ハウス」同様に待ち時間はちょっと長めだったけど、出てきたものは素晴らしかった。
SampoKappaRamenCenter20170522-143102.JPG
旨味に満ちた醤油スープ。
この出汁には、鶏と魚節の薫りにほのかに貝系(乾燥アワビ?ホタテ?ハマグリ?)があるように僕は感じたけど、どうなんだろ。
醤油の角なんてもちろん無くされていて、ともかく美味しいスープだ。
麺は中細ストレートで加水少な目。
メンマは普通タイプでやや甘めの味付け。
薄切りのダイコン(カブ?)の上に、ニンニクと生姜と何かwが効いた旨味ソースが載っていて、食べ進んでの味変効果があり。
そして、トロトロでもホロホロでもなく、しっかりとした歯ごたえと肉の旨味の豊かなチャーシュー。
少なくとも脂身のあるロースと赤身のモモの2種類を使っている。
このチャーシュー、僕は大好き。
これが載っているチャーシューメンなら、トシがトシだから敢えて毎日とは言わないけど、1日置きでも余裕で食べられるw。
ラーメンにはうるさい僕だけど、90点をつけよう。
開店2日目でこれだけの物を出すなんて見事。
よっぽどしっかり準備したんだろうなぁ。
こんな美味しいラーメン店が近くにできたなんて、本当に嬉しい。
これからはかなりのペースでリピートする事になるだろう。
ごちそうさまでした(-人-)。

それからスーパーに寄って、氷とアイスクリームを買ってきた。
SampoKappaRamenCenter20170522-145833.JPGSampoKappaRamenCenter20170522-151752.JPGSampoKappaRamenCenter20170522-151809.JPG
冷蔵庫のアイスコーヒーにバニラアイスを乗せて、コーヒーフロートのデザートだ。

暑い。
SampoKappaRamenCenter20170522-141550.JPG
もう夏だ。

2017年05月21日

夏近し

快晴の日曜日。
SampoJikka20170521-133805.JPG
心地良い暑さの中、隣家からの可愛い侵入者も蕾を作り始めている。
SampoJikka20170521-133847.JPGSampoJikka20170521-133903.JPGSampoJikka20170521-133911.JPG

西東京の実家でやらねばならない事があるので、昼過ぎ、青カブ君で向かう。
SampoJikka20170521-133824.JPG

所沢街道から野火止街道へ。
SampoJikka20170521-140244.JPGSampoJikka20170521-140215.JPGSampoJikka20170521-140229.JPG
水がキレイだから、涼しげで爽やかだ^^。

「くるまやラーメン」保谷新町店で遅昼。
SampoJikka20170521-150143.JPG
味噌ラーメン630+大盛130+もやし60+餃子170=990円。
SampoJikka20170521-144240.JPGSampoJikka20170521-144408.JPG
ごちそうさまでした(-人-)。

なんやかんや走って、15時過ぎ、実家到着。
SampoJikka20170521-151028.JPG
カーポートに置いてある3台の内2台を別の場所に移動。
SampoJikka20170521-152558.JPGSampoJikka20170521-152548.JPGSampoJikka20170521-152627.JPG
明日、横浜住みの妹がクルマで来るので、そのスペース作りであった。

帰路もウチに直行なんてせず、なんやかんや走る。
東村山の「北山公園」に寄る。
SampoJikka20170521-162327.JPGSampoJikka20170521-162435.JPGSampoJikka20170521-162504.JPG
今年の「東村山菖蒲まつり」は6月3日(土)〜18日(日)なので、ぼちぼち咲き始めている。
SampoJikka20170521-162551.JPGSampoJikka20170521-162540.JPGSampoJikka20170521-162639.JPG
SampoJikka20170521-162730.JPGSampoJikka20170521-162842.JPGSampoJikka20170521-162708.JPG
SampoJikka20170521-163151.JPGSampoJikka20170521-163002.JPGSampoJikka20170521-163233.JPG
「菖蒲まつり」は混むから、その前にもう一度来よう。
SampoJikka20170521-162924.JPG
小さい子でも川の水に親しめるような場所を作っているからイイよな、北山公園。
SampoJikka20170521-163400.JPGSampoJikka20170521-163414.JPG

あぁ、いいわぁ、この時期のバイク。
梅雨入り前にぜったいツーリング行こう。

C70c用の上物中古サイドカバー装着@34330km

先日ヤフオクを覗いていたら、青カブ君とほぼ同年式(1983年)で同型・同色のサイドカバーが出ていた。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170518-155233.jpgSideCoverUSED3920yen@34330km20170518-155238.jpgSideCoverUSED3920yen@34330km20170518-155242.jpg
SideCoverUSED3920yen@34330km20170518-155313.jpgSideCoverUSED3920yen@34330km20170518-155317.jpgSideCoverUSED3920yen@34330km20170518-155321.jpg
この時期の角目カブのサイドカバーは、50や90の物なら時々出るのだが、70はとても珍しい。
しかもこんなにイイ状態の物は稀。
データーを見ると、なんと1260km走行の個体をバラした物らしい。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170520-234653.jpg
送料等込みで3920円か…。
どうしよう…。
…。
買おう^^;。

昨日到着、早速開封。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170520-191303.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170520-233722.JPG
おぉ、これはA´ランクの中古品だぞ。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170520-233955.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170520-234044.JPG
SideCoverUSED3920yen@34330km20170520-234009.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170520-234028.JPG
SideCoverUSED3920yen@34330km20170520-234102.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170520-234152.JPG
SideCoverUSED3920yen@34330km20170520-233750.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170520-233839.JPG
SideCoverUSED3920yen@34330km20170520-233800.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170520-233825.JPG
SideCoverUSED3920yen@34330km20170520-233852.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170520-233909.JPG
エンブレムの樹脂メッキにブツブツやクスミが出てきているけど、これは30余年の歳月を考えると仕方ない。
これって、下地の銅メッキの錆が表面のクロームメッキを突き破って出てきているらしいので、金属磨きでこすってやると多少は改善する。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-004318.JPG
黒地の剥がれは、黒マジックで塗ってやる。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-013928.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170521-013935.JPG
よし、少し離れてみれば、上物の中古品だ^^。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-013921.JPG

今朝、今までの物と交換してみた。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-071059.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170521-071233.JPG
積算走行距離34330km。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-071145.JPG
まずは右。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-071217.JPG
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-071853.JPG
そして亀裂のある左。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-071152.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170521-071204.JPG
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-071601.JPG
わぁ、スッキリした^^。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-072054.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170521-072038.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170521-072258.JPG
しばらくこれでいって、その間に古い方の亀裂をまた手当てしてやろう。
SideCoverUSED3920yen@34330km20170521-072228.JPGSideCoverUSED3920yen@34330km20170521-072544.JPG

2017年05月19日

青カブ君 中古CR6HIXテスト装着@34304km

昨日の不安定な天気から一転、今日は暑いくらいの晴天。
午前中の仕事から昼すぎ地元駅に戻ると、もう暑いくらいの陽気。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-125512.JPG
GWあたりに比べるとやや湿度が高くなったけど、風があるからこれなら良し。
梅雨入りまではこんな天気が続くといいなぁ。
さて、さっさと帰宅して、青カブ君のプラグ交換をしよう。

でも、その前に腹ごしらえ。
駅前パーキングからクルマで所沢航空公園の東にある「拉麺 梅太郎」へ行き、「細切りねぎチャーシューめん」950円。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-132221.JPG
ふぅ…。
美味かったけど、今日の腹具合には少しヘビーだったかなw。
ごちそうさまでした(-人-)。

ウチに向かう途中、ラーメンの新店工事の前を通った。
お、いよいよ看板も付いたぞ^^。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-141501.JPG
所沢駅から3分ほどの所にある「カッパハウス」の支店らしい。
とても美味しい店だから、すごく期待が持てる。
ココって、今まで何度も中華料理店が入っては潰れるを繰り返してきた場所なのでちょっと心配だけど、あのラーメンなら大丈夫だろう。
少なくとも僕はかなりのペースで来るはずだ^^。

ほい、帰宅、ほい、作業。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-142926.JPG
積算走行距離は34304km。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-142941.JPG
しばらくテスト走行したら新品のCR6HIXに交換するつもりだけど、いちおう記録しておこう。

プラグメンテホールカバーを外したら、あらま無くなってるw。
ボウズに貸している間に、外れて落ちたか、盗まれたか。
ま、しかたない、あとで発注しよう。
ともかくブラグ外し。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-143224.JPG
4年半前から4500kmほど使ってきたDAYTONA/MAXFIRE 61485の電極部分の様子。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-143331.JPGSparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-143349.JPGSparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-143356.JPG
イリジウムチップの溶接された中心電極はまだ余裕があるんだけど、イリジウムでもプラチナでもない接地電極にはそれなりの劣化が見て取れる。
だからやっぱりイリジウムプラグでも、僕は5000kmそこそこで交換した方がいいと思ってる。
少なくとも高回転で使い続けられる小排気量の単気筒エンジンの場合には。

昨日クリーニングした中古NGK/CR6HIXと並べて比較。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-143513.JPGSparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-143531.JPG
今までの方には、ずっと濃い状態で使われてきた痕跡があると思う。
うん、交換して悪い事は起きないとも思う。

そして交換。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-143917.JPG

今夜の西東京の仕事には、青カブ君で行った。
SparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-180619.JPGSparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-211711.JPGSparkPlugCR6HIXused@34304km20170519-211656.JPG
お、低速のトルク感がほんの少しだけアップしたぞ。
しめしめ^^。
でも、こんな変化なんて、ずっと乗っている者にしか分からない微々たるものなんだろうけどさ。
ま、悪くはなってないので、めでたしめでたし。

2017年05月18日

中古CR6HIXを磨く

青カブ君のスパークプラグを抜いて、焼け具合を点検しようと思う。
まだ4000kmそこそこしか使っていないからライフ的には大丈夫だろうが、焼け具合やらカーボンの付き具合をチェックしたいのだ。
#85に交換するまで、ずっと濃い目のメインジェットで走ってきたからね。

さて、その際に、以前使って保管してあったイリジウムプラグCR6HIXを装着してみようと思う。
ただ、微妙な改造をした物をw。
DSCN0581.JPG
ノーマルのCR6HIXのパッキングワッシャーを外して、代わりに、これまた以前使っていて廃棄したMAXFIREの銅製ワッシャーを付けた。
DSCN0582.JPG
このワッシャーが導電性と熱伝導性の良い銅製だと、性能的に悪いわけないのだ。
電極回りは、キャブクリーナーと真鍮ブラシで掃除。
DSCN0584.JPG
よし、準備完了。

作業は明日^^。

青カブ君 コーナンのバイクカバーをかぶる

いま青カブ君にかぶせてあるバイクカバーは、何ヶ所も破れてきていて、全体的にヘロヘロだ。
BikeCoverKonanL1180yen20170518-153831.JPGBikeCoverKonanL1180yen20170518-153822.JPG
最近は所有するバイクたちにカバーを適当に使いまわしているので、コレを何年使ってきたかハッキリしないけど、2年くらいなのは間違いない。
安いのばっかり使ってるんだから、梅雨入り前にケチらず交換しよう。

これからは、先月ボウズの引っ越し先の川崎にあったコーナンで1180円で買ったコレを使う。
BikeCoverKonanL1180yen20170518-153354.JPGBikeCoverKonanL1180yen20170518-153459.JPG
カブ70だとサイズ的には M なのだろうけれど、使い回しも考えて L をチョイス。
BikeCoverKonanL1180yen20170518-153425.JPG

箱から出してみると、けっして厚手のカバー地ではないものの縫製はキチンとしてそうで、ロック等固定用の穴が車体前後にあって軽くびっくり。
BikeCoverKonanL1180yen20170518-153732.JPGBikeCoverKonanL1180yen20170518-153647.JPG

青カブ君にかぶせてみると、うん、予想通り少しデカいw。
BikeCoverKonanL1180yen20170518-154118.JPG
ま、下部にはヒモも付いているから、風に吹き飛ばされそうな時は縛りゃいいさ。
BikeCoverKonanL1180yen20170518-154131.JPG

では、この雨ガッパで、梅雨に耐えておくれ。
BikeCoverKonanL1180yen20170518-154147.JPG

2017年05月15日

青カブ君バッテリーやっぱり交換@34304km

レッツUの修理の間ボウズに貸していた青カブ君だが、昨日の日曜日、僕が仕事に出ている間に戻ってきた。
Battery1960yen@34304km20170515-173424.JPG
「やっぱり慣れないから乗り難かった」と言っていたらしい。
然り!
カブは質実剛健な実用車であると共にクセやコツの塊で、その丈夫さと乗り難さとが混然一体となって、不可思議な魅力を形成しているのである、と、我思う故に我在り。

さて、カブの不在の間にいろいろ考えて、バッテリーを新調する事にした。
C70cはキック始動だから、バッテリーがもうスッカラカンになったとしてもキックでエンジンさえかければ最低限の電力は確保できる。
でも、バッテリーがヘタってくると、電装系の動作が不安定になり、しかもこの時代のバッテリーってバイク総体の電気回路の中でのコンデンサー的役割もしているので、劣化によって各所にストレスをかけたりもするのだ。
今までの物はもう4年以上使ってきたから、元は取ったしね^^。

ヤフオク経由で発注し、昨日到着。
Battery1960yen@34304km20170514-235622.JPGBattery1960yen@34304km20170514-235738.JPGBattery1960yen@34304km20170515-004058.JPG
SUPER NATTO/6NA-2A-4、送料込み1960円。
Battery1960yen@34304km20170515-000029.JPGBattery1960yen@34304km20170515-000037.JPGBattery1960yen@34304km20170515-000145.JPG
今までの経験上、パッケージや売り言葉の中に「中国製」を明確に記している物って、イイものが多いように思う。
Battery1960yen@34304km20170515-000528.JPGBattery1960yen@34304km20170515-000548.JPGBattery1960yen@34304km20170515-000948.JPG
コレもそうである事を祈ろう^^。

昨夜、付属の電解液を注入し、反応が安定するまで半日放置。
Battery1960yen@34304km20170515-001619.JPG

今日の午後、充電。
Battery1960yen@34304km20170515-142311.JPG
充電器のメーターは1時間ほどで完了状態だったけど、念のため2時間半やった。
Battery1960yen@34304km20170515-172205.JPGBattery1960yen@34304km20170515-172228.JPG

そして、交換取り付け。
Battery1960yen@34304km20170515-174857.JPG

積算走行距離34304km。
Battery1960yen@34304km20170515-175457.JPG

ウィンカー等の動作チェックをすると、明らかに明るさと安定感が増している。
Battery1960yen@34304km20170515-175605.JPG
灯火類は安全に大きくかかわるものだから、やっぱりこうじゃなくっちゃね。
さぁ、これでこの夏の暑さも乗り切ろう^^。
Battery1960yen@34304km20170515-175845.JPG

2017年05月11日

レッツU修理@4651km

木曜オフ日。
朝から暑いくらいの晴天。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-103422.JPG
10時半、ボウズのレッツUの修理に着手。

まずは、仮固定のための黒ガムテープを剥がす。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-103644.JPG
ほら、ブレーキパネル側のスピードメーターケーブルのネジ止め部がポッキリいってるのですよ。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-104653.JPG
そして、パネルには残りの部分がこんな風に残っている。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-104730.JPG
ココを新品に交換せにゃならんのだ。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170510-202019.JPG
最初は車載のままでもイケるかと思ったのだが、ムリっぽいので、前輪を外して、ブレーキパネル単体にして作業。
しっかりと圧入されているので、細いマイナスドライバーやピックを打ち込んで樹脂部を破壊していく。
最初はどうなる事かと思ったけど、小一時間コツコツやっていたら、サザエの身を串で殻から引き出すみたいな感じで、スピードメーターピニオンギアとアウターブッシュが取り出せた。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-114500.JPG
ピニオンギアって、ユルユルな感じでアウターブッシュに刺さっているのかと思ったら、さにあらず。
なるほど、ギアのシャフトをこんな風にシッカリ保持するために、こんなムクの樹脂パーツにしているんだな。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-114535.JPG
プライアーとペンチで引っ張って分離。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-115048.JPG
そして、新しいブッシュの内外にグリースをたっぷりつけて、ピニオンギアを木槌で軽く打ち込んで、12mmだったかのソケットをブッシュのネジ部にかぶせて、木槌で軽く叩きながらパネルへ打ち込んだ。
ふう、無事付いたぞ。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-122441.JPG

ブレーキパネル周りでは、もう1つ大切な作業。
前回のブレーキアーム取り付け時に、ブレーキカムシャフトとプレーキアームの取り付け角度をスプライン1ノッチ分間違えていたのだ。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-104712.JPG
カムシャフトの直線刻印の延長線上に、ブレーキアームの先端のタイコがいなきゃいけないらしい。
ちょちょいのちょい。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-134306.JPG
あとは、フロントサス下部のゴムカバーが破れていたので、とりあえず黒いビニールテープでグルグル巻きにして、サスペンションカバーを取り付け。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-134558.JPG
左側も、同様にサス下部のゴムカバーをビニールテープ処理し、サスカバー取り付け。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-135148.JPGTakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-140152.JPG
ここでエンジンをかけて、1kmほど試乗。
よし、問題無し。

積算走行距離4651km(1周は確実にしている)、フロントタイヤ交換,スピードメーターピニオンアウターブッシュ交換,フロントブレーキ分解清掃,フロントブレーキアーム角度調整、以上、数日かかって無事終了w。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-151947.JPG

あとは、せっかくだから外観整備をしといてやろう。
目立つキズには手持ちの銀色のタッチペンを塗り、小さなキズはコンパウンド処理、暗色系の樹脂部分はハイテクスポンジと水でクスミを落としてからホルツのタイヤワックスやシリコンたっぷりのグラスターゾルで磨いた。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-150308.JPGTakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-150338.JPG
マフラカバーをどこかに打ち付けたらしくちょっと曲がっていたので、外して、金槌と貫通ドライバーで叩いて、歪みを目立たなくした。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-150353.JPGTakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-150419.JPG
前後ブレーキの握りシロを調整し、ブレーキレバーの根元へグリースアップ。
スイッチ類には潤滑浸透剤を吹いた。
あとは、シートの小さな破れに、黒いガムテープを切って貼った。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-150440.JPGTakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-151736.JPG
ま、このくらいでよかろう。
あとは自分でやれw。

2ストのスクーターって久しぶりに乗ったけど、出だしの軽快さはなかなかのもの。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-151936.JPG
これはこれで愉しい乗り物だな^^。
TakamuneLetsIIRepair@4651km20170511-154525.JPG

2017年05月10日

樹脂製ブッシュ到着

先日折れた、ボウズのレッツU[CA1PA]の「スピードメーターピニオンアウターブッシュ」が、届いた。
DSCN0420.JPG
新品は、それなりにシッカリ作られた物に見える。
DSCN0425.JPGDSCN0435.JPGDSCN0438.JPG
そう簡単に折れそうには見えないんだけどな…。

明日はオフ日。
サッサと交換してやろう。

2017年05月05日

赤タフどん出勤

今日は子どもの日で祝日だが、夜の西東京での仕事はあったので、赤タフどんで行った。
Tsuukin20170505-211423.JPG
カブとはまた違う愉しさ^^。

今日からしばらくの間、カブはボウズと共に新川崎なので、赤タフどんの出番が増える。
よろしく^^。

青カブ君のチェーンメンテ@34210km

昨年7月以来のチェーンメンテもした。
100kmちょいしか走ってないからまだ良さそうだけど、ま、やっても悪いことはあるまいw。

積算走行距離34210km。
ChainMaint@34210km20170505-104146.JPG

チェーンカバーを外す。
ChainMaint@34210km20170505-101455.JPG

作業前のチェーンの様子。
ChainMaint@34210km20170505-101540.JPGChainMaint@34210km20170505-101547.JPGChainMaint@34210km20170505-101603.JPG

ボロ布でざっと汚れを拭き取ってから、モノタロウのテフロン入りチェーンオイルを1コマずつ丁寧に噴き付けていく。
ChainMaint@34210km20170505-102232.JPG

作業後の様子。
ChainMaint@34210km20170505-102329.JPGChainMaint@34210km20170505-102502.JPGChainMaint@34210km20170505-102250.JPG

チェーンカバーの内側の汚れもきれいにふき取ってから、取り付け。
ChainMaint@34210km20170505-104136.JPG

よし、これで、GW中にやろうと思っていた青カブ君整備を全部終えたぞ。
ChainMaint@34210km20170505-100858.JPG
えらい、オレ^^。

カブ70 キャブレタースクリュー調整@34210km

5月5日こどもの日、今日も朝から五月晴れ。
夜には西東京で仕事だけど、それまではノンビリ過ごそう。

午前中、まずは1983年式青カブ君C70cのキャブレター調整。

積算走行距離34210km。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-094749.JPG

久しぶりにメンテナンスホールの蓋を外す。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-094824.JPG

今までのスクリュー位置。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-094832.JPG

暖気運転後、携帯用タコメーターを見ながら調整。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-100305.JPG
C70cのアイドリング回転数は1700±100rpmなので、おおむね1700弱にしておいた。

調整後のスクリュー位置。
CarbScrewAdjust@34210km20170505-100401.JPG
ごくわずかだけど、エアスクリューを1と5/8戻しくらいに開け(純正値は1と1/2回転戻し)、アイドルアジャストも下げ方向(左方向)に回した。

ま、全体的には、今までとほとんど変わらなかったw。

2017年05月04日

青カブ君のスポーク磨き

休眠中に赤錆が目立つようになってしまった青カブ君のホイールスポーク。
MainJet88to85@34155km20170422-132414.JPG
レッツUの代車としてボウズにこのまま貸し出すのはオーナーの誇りが許さないので、浸透潤滑剤と金属ブラシとでじっくり磨いてやった。
WheelPolish@34210km20170504-150505.JPG
ほんとこんな作業をするにはうってつけの五月晴れ。
こんな埼玉の片田舎が高原の爽やかさなんだから、ありがたいったらありゃしない^^。
地べたに座り込んで、じっくりシコシコ。
よし、なかなかキレイになった^^。
WheelPolish@34210km20170504-150549.JPGWheelPolish@34210km20170504-150524.JPG
WheelPolish@34210km20170504-152926.JPGWheelPolish@34210km20170504-152936.JPG

錆といえば、3年半前にやった錆落としと防錆塗料処理の後、キャリアの裏側には錆の再発生はまったく見られない。
WheelPolish@34210km20170504-153033.JPGWheelPolish@34210km20170504-153046.JPG
あれほどひどい状態だったのに、亜鉛塗料ってなんて素晴らしいんだろう。
亜鉛に栄光あれ!(^O^)/

早ければ明日から、しばらくは川崎で快調に走ってくれよ、青カブ君。
WheelPolish@34210km20170504-153212.JPG
ボウズをよろしく頼む^^。

青カブ君エンジンオイル交換@34210km

メーター読みで34210km時、QUAKER STATE/Enhanced Durability/SN/10W-30を0.7l使用。
(前回は、2016年7/10、34089km時。)

マイGW3連休の3日目。
今日も朝から実にさわやかな晴天。
Oil@34210km20170504-113548.JPG
では、休眠から目覚めて調子を取り戻してきた青カブ君のエンジンオイル交換をしてやろう。
全然走っていないとは言え、去年の7月から無交換だからね。
ただし今回は、クルマに使った余りオイルを活用し、本格的な夏の暑さに入る前までの1ヶ月そこいらの暫定的交換。
いわば廃品利用なので、フラッシングもたっぷりやってやろう。

まずはオイル排出。
そこそこ暖かいので、暖機運転でオイルを撹拌しないで、そのまま出した。
Oil@34210km20170504-113604.JPGOil@34210km20170504-113753.JPGOil@34210km20170504-114600.JPG

社外ドレーンボルトのマグネットには、わずかながら鉄粉の縞が見られた。
Oil@34210km20170504-114121.JPG
キレイに拭き取ってやる。
Oil@34210km20170504-114403.JPG

廃油の様子。
Oil@34210km20170504-114857.JPG
ま、いかにも廃油だw。

さて、前述のように今回はクルマ用余りオイルで数回フラッシングしてやる。
使用するのは、QUAKER STATE/QUEST R/SM/10W-30。
Oil@34210km20170504-115106.JPG
入れて、しばらく暖気運転させつつ軽く吹かしたりして、排出。
Oil@34210km20170504-120952.JPG
うん、そこそこ黒い。

続いて2回目。
Oil@34210km20170504-121130.JPG
投入してから、近所を2kmほど走ってから、排出。
Oil@34210km20170504-123902.JPG
あちちちち;;;。
だいぶ黒さは減ったけれど、でもまだ汚れが取れたようだ。

まだ余りオイルが残っているので、なんと3回目も実施w。
Oil@34210km20170504-124136.JPG
投入してエンジンをかけ、またがって軽い吹かしやシフトチェンジを何度もまじえながら、10分くらい暖機運転してから排出。
Oil@34210km20170504-130726.JPG
よし、ぜいたくフラッシング完了^^。

1ヶ月暫定使用するクルマ用余りエンジンオイルは、こないだフィットアリアに入れたQUAKER STATE/Enhanced Durability/SN/10W-30というセミシンセ。
Oil@34210km20170504-131517.JPG
0.7l入れて、しばしアイドリングさせてからエンジンを止め、オイルゲージで量のチェック。
Oil@34210km20170504-132323.JPG
あ、ウチのカブは、ねじ込まず挿し込むだけね。
Oil@34210km20170504-132514.JPG
ほんのわずかに多めだけど、このくらいなら問題無かろう。

油温計を戻して、作業完了。
Oil@34210km20170504-132724.JPG
こういう気候だと、何やってもラクでイイわい^^。

次回交換は、6月初頭。
クルマ用オイルはバイクのミッションには厳しいので、これはマスト。